つとつとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 源氏ヶ峰砦・城

<<   作成日時 : 2012/09/21 22:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

倶利伽羅合戦における平家軍の配置は猿ケ馬場の本陣からこの源氏ヶ峰の砦にかけての街道沿いに布陣していました。
その平家軍に対し義仲軍は夜襲の奇襲攻撃「火牛の計」などにより、深い谷底に追い落とし勝利を掴んでいます。
その後、この峰の砦を義仲の源氏軍が占領したことから「源氏ヶ峰」と呼ばれるようになりました。
画像

源氏ヶ峰の標高は240mですが見晴らしが良く北陸道を見渡せる位置にあり、裏間道の上に立地していました。この好条件の砦陣地を奇襲したのですから、源氏軍が巧妙だったのか平氏軍に余程油断があったとしか思えない場所です。
画像

倶利伽羅合戦後は重要拠点として、戦国時代も佐々成政が大掛かりな改修を加えて要塞化し前田軍に備えたと云われています。
その際規模が大きくなり曲輪内を間道が通る形に成っていました。
また堀切・切岸が施されているのが解ります。

北陸道街道から土塁に登れるようになっており、そこから約1キロ進むと主曲輪がある峰の山頂に行けます。その間は堀切・切岸が施されているため両側が崖になったような馬の背のような道を歩けます。
なかなかハードな道ですから覚悟を決めて登って下さい。特に主曲輪の目前は急ですんで気をつけて。。山頂には石柱が建っているだけ。。裏間道も草木でこれ以上は解りません。昔は滝までの間道があったんですが。。
画像

源氏ヶ峰の入口横のガードレール上から、平家軍が落ちた地獄谷が眺められます。他の場所にも展望台が設置されていますが、ここからの眺めが一番解り易い地点です。急カーブの場所なので車には要注意
画像


画像


旅行日 2011.4.29




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
稲葉山牧場(稲葉山牧野)
体調が悪くてクサクサしていた頃{%顔モジヒヤッ(シェイク)hdeco%}{%顔モジヒヤッ(シェイク)hdeco%} 家に閉じこもってるのが我慢できなくなった僕{%もうっ!(ブンブン)hdeco%} ちょうど家族全員休みだったんで、ちょっとドライブに{%ドライブうれしい(ブンブン)hdeco%}{%顔文字ハートhdeco%}{%顔文字喜びhdeco%}{%顔文字喜びhdeco%} ...続きを見る
つとつとのブログ
2013/10/13 21:30
堅田城址
加賀と越中を結ぶ北国街道は旅人にとっては古来から大事な街道として機能していましたが、何といっても倶利伽羅峠という難所があるために交易路としては大きな難点になっていました。険しい道ではありますが、起伏が少なく大きな難所がないことで、越中との交易路として重視されたのが小原越道でした。 ...続きを見る
つとつとのブログ
2015/09/29 10:22
根上(ねあがり)の松
能美市は野球の松井秀喜の出身地の根上町・九谷焼の産地の寺井町・いしかわ動物園のある辰口町の三町が、平成の大合併で誕生したものです。この能美市の在る位置は大規模な古墳群が示すように江戸期以前は加賀の中心地で、古くから歴史の端々に挙がってくる地域でもありました。 ...続きを見る
つとつとのブログ
2016/09/30 12:21
倶利伽羅 猿ケ馬場
倶利伽羅公園側の山塊が平家軍撤退戦の最激戦地で、源平両兵士の巨大な供養塔(昭和49年建立)や奮戦した平為盛の墓(源平盛衰記では戦死、平家物語では生存。平清盛の弟・頼盛の次男)など、顕彰碑や歌碑が点在します。 ...続きを見る
つとつとのブログ
2017/05/29 03:15
宮崎城址
平安末期から鎌倉初期にかけて、越中最東部・黒部川東部一帯を支配していたのが宮崎党でした。北陸宮の御所警護の名目で築かれたのが、城山(当時は八幡山、脇子山)山頂の宮崎城になります。 ...続きを見る
つとつとのブログ
2017/08/17 09:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
源氏ヶ峰砦・城 つとつとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる