つとつとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今石動城址

<<   作成日時 : 2012/10/13 05:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 3

小矢部市の城山(昔の呼び名は白馬山・石動山)の山頂186メートルにあったのが「今石動城」です。
賤ヶ岳合戦後の天正13年(1585年)、加賀の前田利家と越中の佐々成政が緊張状態になった年に、前田利家によって最前線基地として築かれました。城主には津幡城主で利家の末弟・前田秀継が入城しました。
画像
画像画像
後方に倶利伽羅峠に続く山地が続き、城下からは急峻な登りの山頂にある堅固な立地です。六つの尾根を利用整地しており、規模も大きい物だったようです。築城1か月後に佐々方5.000に攻め込まれますが、城兵1.500を率いた城主・前田秀継とその息子・前田利秀によって撃退しています。この戦闘がこの城の唯一の合戦ですが、防御能力の高さを証明するようです。

現在は本丸とその下の曲輪が観られるのみですが、本丸は東西41メートル・南北27メートルと広々としており、竪堀や切通も急峻に切られており、眼下に砺波平野や小矢部市街が広がります。
ただ、整備はイマイチで途中に倒木があったり、城址までの道路も車一台がやっとの道ですので気を付けて下さい。
画像

今石動の名の由来ですが、前に紹介した能登・石動山の「伊須流岐比古神社」を分霊した神社が山頂にあったというものと、前田利家の天平寺攻めの際に、人質とした虚空蔵菩薩像を城の守護神として山麓の愛宕神社に奉納した為に、新しい石動→今石動 の2説があるそうです。文献的には前者が有力ですが、個人的には両説融合だと思っています。

初代城主・前田秀継は兄の全幅の信頼を得ていたようで、利家と行動を共にし前田家の最前線に立つ人物でした。人の言うことを聞かない堅ろうな利家も秀継の進言には従ったと言います。そういうことからも前田家中で最大の領地を得ていたといわれます。
佐々平定後には木舟城4万石を受け今石動城代に息子・利秀を置き、5キロ程離れた木舟城(現・高岡市福岡町)に入り城下町整備に掛かりました。
ところが天正大地震で木舟城及び城下が崩壊、秀継夫妻も圧死してしまいます。残された利秀は木舟城再建は諦め、今石動城を主城にして城下町を整備し、現在の小矢部市街の基礎を気づきました。
しかし、この前田利秀も佐々攻め・北条の松井田城・八王子城攻めで活躍しましたが、わずか8年後に26歳の若さで病死。利秀に子はなく、藩主・前田利長は今石動城を廃城にしました。
ただ利秀の家臣・篠島清了が小矢部を名代として引き継ぎ、城・城下町も同様に1710年まで統治管理したそうです。篠島清了は忠実な部下だったようで、石動奉行となって利秀なき小矢部を整備発展させましたが、前田秀継・利秀親子の菩提も守り続けています。篠島清了の墓所は桜の名所で大伴家持の歌碑がある倶利伽羅公園の一角にあります。

現在でも小矢部市民やお隣の石川の津幡町では、加賀藩当主・前田利家・利長親子よりも前田秀継・利秀親子の方が人気があります。僕も元々その一人^^V
画像


旅行日 2011.11.26

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
木舟城址
以前、紹介した前田利家の末弟・前田秀継が生涯を閉じたのが「木舟城」 高徳寺址 前田秀継夫妻の墓所  http://72469241.at.webry.info/201210/article_33.html 真光山 永傳寺            http://72469241.at.webry.info/201210/article_34.html ...続きを見る
つとつとのブログ
2012/10/21 08:15
堅田城址
加賀と越中を結ぶ北国街道は旅人にとっては古来から大事な街道として機能していましたが、何といっても倶利伽羅峠という難所があるために交易路としては大きな難点になっていました。険しい道ではありますが、起伏が少なく大きな難所がないことで、越中との交易路として重視されたのが小原越道でした。 ...続きを見る
つとつとのブログ
2015/09/29 10:21
倶利伽羅峠 手向神社 倶利伽羅公園@
前々回の記事では、倶利伽羅不動尊の西之坊・鳳凰殿をご紹介しました。 僕の子供時代と云えば、山頂本堂に初詣でに行くのが、当たり前になっていました。倶利伽羅駅から反対方向に父方の本家があって、年始がてら伺って、軽トラで乗せてって貰うか、坂戸口や九折(つづらお)から、てくてくと登って行ったのを覚えています。その頃は、そんなにきつい印象の記憶がなかったんですが、改めて車で登ると結構どちらの道も険しく厳しい道のりです。若かったのかなあ。そういえば、小中学高校の頃、歩くことには全然苦にしてなかったな... ...続きを見る
つとつとのブログ
2017/05/21 19:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
どの記事も、とても丁寧に史実を集めていらっしゃいますね。
なるほどと思いながら読ませて頂きました。
小矢部市の城山は、さくらの季節しか行かないのですが・・・秋の紅葉も見応えありそうですね。
訪問&コメントありがとうございました!
むつみ
2012/10/15 10:48
むつみさん
歴史系はもともと好きなんで、つい凝っちゃうんです^^;
前田秀継は地元の城主(津幡城)だったということもあって、ちょっと思い入れもあるんですよ^^;

城山の桜は有名ですねえ^^僕はどうも秋に訪れることが多くて、紅葉に行くことが多いんです。僕のお気に入りは消防神社の横の道沿いが特に好きですねえ^^
つとつと
2012/10/15 14:05
まだ、昨年を生きてるんで。。すみません_><_ 
つとつと
2012/10/15 16:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
今石動城址 つとつとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる