つとつとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 石動愛宕神社

<<   作成日時 : 2012/10/16 07:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

今石動城や石動(いするぎ)の町の名前は前の記事にも少し書きましたが、白馬山(現在の城山)に能登・石動山の伊須流岐比古神社を分霊して神社があったことから。白馬山を別名・石動山という記述が古くからあるそうです。正式に石動の町名が呼ばれるようになったのは、前田利家が能登石動山の天平寺攻めの際に、天平寺側が降伏助命条件に本尊仏・虚空蔵菩薩像を差し出したことから端を発します。
白馬山頂に城を築造した際に、城の守護神としてこの虚空蔵菩薩像を城山の麓にあった「愛宕神社」の側に「伊須流岐比古神社」を創建して安置し、新しい石動として城の名を「今石動」としたのが始まりです。
その後1638年、今石動城が廃城となった際に「愛宕神社」と「伊須流岐比古神社」は合祀され「石動愛宕神社」として現在地に移されています。
画像
画像
画像
「石動愛宕神社」の創建は不明ですが、少なくとも鎌倉期には存在したようで、京都の「愛宕神社」から分霊を受けて創建されたそうです。
町道から続く108段の石段や寄進された鳥居や灯篭でなかなかの雰囲気があります。現在の拝殿は文久2年(1862年)に建立された物です。
画像
画像
石動の町は南砺の井波・城端との関係が深く、拝殿には多くの装飾や彫刻が施されていますが、井波・城端の粋が詰まっています。十二支・獏・獅子・龍などが装飾されていて江戸期から世評に高かったもので、参拝の際には拝殿の廊下を端まで歩いて見上げて観て下さい。

毎年4/29.30に春季祭礼が行われるんですが、その際に11基の曳山が小矢部市内を巡ります。この曳山も江戸期からの物で、彫刻は井波・城端、彫金は金沢など北陸の美術工芸の芸術品と云われています。高岡の御車山と並んで人気があります。
http://takaoka.zening.info/Oyabe/Festival/Isurugi-Hikiyamamatsuri_Festival.htm

旅行日 2011.11.26

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
倶利伽羅峠 手向神社 倶利伽羅公園@
前々回の記事では、倶利伽羅不動尊の西之坊・鳳凰殿をご紹介しました。 僕の子供時代と云えば、山頂本堂に初詣でに行くのが、当たり前になっていました。倶利伽羅駅から反対方向に父方の本家があって、年始がてら伺って、軽トラで乗せてって貰うか、坂戸口や九折(つづらお)から、てくてくと登って行ったのを覚えています。その頃は、そんなにきつい印象の記憶がなかったんですが、改めて車で登ると結構どちらの道も険しく厳しい道のりです。若かったのかなあ。そういえば、小中学高校の頃、歩くことには全然苦にしてなかったな... ...続きを見る
つとつとのブログ
2017/05/21 19:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石動愛宕神社 つとつとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる