つとつとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家の外食日記 持ち帰り編

<<   作成日時 : 2016/08/19 12:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 7

仕事で外回りでは、時間がないのでコンビニおにぎりやパンで済ませちゃうことが多いんですねえ。
おかげで、お財布の中身も必要な時を除けば、千円か二千円持ってれば、良いところ、、、
てなわけで、家に買って帰るお土産は、総額は1000円以下が普通。。多くても1500円まで時々、お客さんに戴くお菓子や野菜なんてとっても嬉しいものもありますが、画像が残ってないんで割愛ということで御許しを。。嫁さんはこの野菜が一番うれしいみたい

家に買って帰ると喜んで貰えるものから、、、、まずは「芝寿し」
芝寿しは以前にも何回かUPしているので、詳しくはこちらをどうぞ ⇒ 芝寿し 野々市合掌店

富山の氷見の鰤の押し寿司が知られていますが、金沢を含む加賀など北陸では祝い事や祭りの時には押し寿司を作ることが多く、押し寿司は馴染の深いものになっています。また、仕切りや包みとして笹の葉を使うことから、笹寿司とも呼んでいます。
金沢や小矢部・氷見と境を接する僕の里でも、祭りの時には鰤の身を散らした押し寿司を作っていました。祖父の自作の木の万力の器具からはみ出してくる酢飯を、つまみ食いするのが好きだったなあ。
加賀の人間にとっては祝い事や祭りの時しか食べれない押し寿司が、平生でも食べられるということで、人気のあるものです。また、金額的にも手ごろなので、お土産物としても重宝されています。
画像
画像
画像
芝寿しでは、イベントや会議用の折弁当や季節弁当もも多く手掛けているので、下手なコンビニ弁当よりこちらの方が美味しくて気に入っています。金沢からの帰り道に前述の合掌造りの店舗があるんで、道が混んでない時に立ち寄っています。僕のお気に入りはおにぎり弁当(550円、以前は400円台だったんだけど、2個入り450円もあり)。圧縮ボリュームばっちりのおにぎりで、1個でも結構お腹が膨れる。。嫁さんや娘は時間を置いて1個ずつ食べてるくらい。。
画像
画像画像


お弁当もなかなか凝っていて、これなんかユニークでしょ。昨年の物ですが、フジテレビ系の石川テレビの地元キャラクター・石川さん とのコラボ弁当です。このゆるきゃらはNHK金沢放送局のことじろう、テレビ金沢のテレ金ちゃんなどと並ぶというか一番人気かも、、、石川さんはなかなかの人気者でして、観光地・東茶屋街に専門ショップ「石川さんや」がオープンするほどの人気者 芝寿しhttp://www.shibazushi.jp/







画像
画像
画像画像

芝寿しは、地元では誰もが知っているのですが、たまにその存在をあまり知られていないお店の物を買って帰る時が。。お店の名前は「ワタナベヤ」 蒸しパンの専門店です。場所は金沢のシンボル的存在の尾山神社の神門に登る石段左脇の細い脇道になります。この脇道は金沢市民でも昼間に入ったことのある人は少ないと思います。夜は夜で、小さな呑み屋さんなどがある通り

昔からの造りの建物に飲み屋さんなどが並ぶ下町の下町といった感じ。。そんな場所にあるので、知らない人が多いと思います。たまたまこの通りにお客さんがいるので、開店当初はこんなところで大丈夫?とこっちが心配になっちゃいましたが、ついつい蒸しパン専門店というのが珍しくご購入お客さんの口コミで、根強い顧客をつかんでいるようです。。町のパン屋さんというより、脇道・路地のパン屋さん
画像
画像
画像
元々蒸しパンが大好きで開店1か月で発見。なかなか美味しいということで、尾山神社の近くに来ると購入してお土産にしています。ただ欠点は場所もだけど、販売している半分以上のパンにチーズが使用されていること。。母娘は喜ぶけど、チーズのないのを自分用に捜すとこれだけになっちゃうところ、もうちょっとプレーンも欲しいなあ。。 ワタナベヤhttp://watanabeya.jp/

画像
画像
こちらは昨昨年になりますが、輪島に毎年恒例のお客さんの所に行って戴いた「輪島サイダー」
この時は急用が入って時間がなくなり、お食事は御土産の「縁賀良(えがら)饅頭」と一緒に、ゴックンゴックン
結局、どこも観光できずにUターンしてきました。。良い天気だったのになあ
娘は用事があると云ってお留守番だったんですが、この輪島サイダーを別に朝市通りで買って、饅頭と一緒に渡しておきました。まあ、半分は僕が食べたんだけど。。縁賀良饅頭は以前も紹介していますが、金沢の五色饅頭の一つ、月を表すように真っ黄色 僕は朝市通りのこの饅頭が大好物、輪島に行くと必ず買っています。午前で売り切れるので要注意^^ 饅頭処塚本 縁賀良饅頭
輪島サイダーは二種類あって1本200円(300ml)。ゴールドは白米千枚田をイメージしていて、能登米の米エキスを使用した濃いめのサイダーで里山を表現しています。。青い方は能登半島の沖合にある舳倉島(へぐらじま)で作られた塩を使用した塩サイダーで、こちらは里海を表現しています。
画像
画像
昨年の春になりますが「全国発酵食品物産展&発酵サミット」に娘と一緒に行ってきたんですが、あいにくと終了間際に駆け込みになってしまったので、目ぼしい画像も少なくてUPしなかったんです。会場内も店じまいしている所が多くて、ちょっとガッカリだったんです。

全国発酵食品物産展は発酵食品の有名処を中心に、発酵食品の発信と発酵食品での町づくりを目的に毎年全国持ち回りで年一、二回開催されているそうです。今年は6月に福島県福島市、11月12.13日に山梨県甲府で開催されるそうです。これと同時開催で発酵サミットも毎年開催されています。前年は鮒寿しが特産品として有名な滋賀県高島市だったそうです。福島は勉強不足で発酵品は良く知らないんですが「発酵で福幸」。山梨はワインがメインのようですね。。

発酵食品と一言で言ってしまえばそれまでですが、日本は世界の中でも有数の発酵王国になります。食料を長期保存したり、発酵で味を変えたり、本来食べれない物を食べられるようにする、その歴史は縄文時代まで遡るとも云われています。発酵技術や歴史は世界有数と云える文化が育っているんです。
日本酒、醤油、味噌、酢などの醸造業、他にも漬け物だってそうだし、僕の大嫌いな納豆もそう、前述の鮒寿しやなれ寿司、北陸では若狭の鯖へしこ、金沢・越中のかぶら寿し、全国各地の特産品で知られるものなど種類は数限りなくあるといえます。チーズ・バターの乳製品もそうですから、僕たちの口に入る食品の多くが発酵食品が大きな幅を占めています。
画像
僕の住む白山市も多くの発酵食品が特産品となっていますが、鶴来・松任地区の菊姫・手取川・萬歳楽・高砂など全国に知られる銘酒が代表選手です。地元では白山麓の独自製法の味噌や漬物も知られています。今回の開催地となった白山市の美川地区には全国でもここにしかないという知る人ぞ知る名(迷)産品があります(一部金沢金石・大野、能登にも細々とあるそうです。)。それが、「フグの卵巣の子粕糠漬け」。外の店じまい寸前のテントで久しぶりに食べました。娘は初めての体験で恐々、でも食べてみると美味しいよし!!買って帰ろうと意見が一致

御存じのように、フグは猛毒で知られる「美味しいものには毒がある」の代表みたいなもの。特に卵巣や肝には毒分が多く集中しており、そのままでは絶対食べてはいけない部分。。大量の食塩を加えた濃水に1.2年、更には水洗い、更に麹や糠、唐辛子などと共に奥能登産で知られるイシル(魚醤)を加えて漬け込み1.2年。平均3年以上の漬け込みの工程を経て作られています。更に酒粕に1か月漬け込んだのは「子」がついて、「子粕漬け、子糠漬け」。ちなみに、江戸期から伝わるこの製法、なんで毒が低下するのかは科学的には不明。。元毒の1/150に低下しているだけ、もちろん基準はあるんですが。。食べるにはやっぱり勇気がいるかも。。抵抗力の低い人には、舌にピリッと来るという人も僅かですがいるそうです。嫁さんなんかは、フグと聞いただけで拒否権発動しますから。。。
画像
どうせ、怖がりな嫁さんは食べないだろうと、会場でまだ開いていた地元の納豆屋さんで納豆をご購入。納豆が大嫌いな僕が納豆を買うなんて、何十年振りかという出来事。まあ、横に納豆好きの娘がいたもんね。。
画像
画像
画像
フグの方は、どうしても欲しかったので美川町内の老舗店に足を延ばして、フグの粕・糠漬けを買っていくことに、まあ、これだけの製法なんで多少お高めなのは覚悟してください。画像のちっこいパックで一個800円から1000円はします。スライスしてない卵巣の塊なんて5000円以上しますから。。
酒は、たいして飲めないくせに、酒のつまみは大好きな父娘。。その日から、ご飯のお供やお茶漬けでにこにこ食しておりました。嫁さん?予想通り。。絶対ヤダと言って手も出しませんでした。。
ちなみに製法を観ての通り、塩っ辛いのでご注意を^^ あら与本店 http://www.arayo.co.jp/index.php












画像
画像
画像
美川町では3/20前後の土日に「美川ふくさげ祭り」が行われています。本来は雛祭りの飾りでお雛様と共に各家庭で釣り下げている吊るし飾りです。
美川町の石畳の大正通り商店街で毎年開催するそうですが、石畳の古風な商店街をウィンドウショッピングならぬウィンドウふくさげを観て歩くのも楽しいものです。店内では古い雛人形なども飾られていて、いろいろ工夫されていて楽しいですよ特設会場ではたくさんのふくさげが所狭しと下げられていて壮観です。この日は最終日の夕方で、特設会場は撤収の真っ最中でちょっと残念でした。。今年、また二人で来ようと云ってたんですが、僕の急用で中止。来年こそは行きたいなあ。。
画像
画像
画像
通常は吊るし飾りとか吊るし雛と呼ばれるのが通常ですが、美川のふくさげ祭りの名称ですが、美川の特産品のフグの粕・糠漬けにちなんで幸運をもたらす「ふく(福・フグ)」。日本海側では最南端の地・手取川(熊田川)を遡上する鮭のように子供たちが大きく元気に育つようにという願いを込めた「さげ(鮭・さけ)」。羽織袴に白タスキ姿の勇壮なラッパ隊と若衆に担がれた神輿、13基の華麗な台車が練り歩く美川町の伝統祭事「おかえり祭り(お旅祭り5/22.23)」の「祭り」を組み合わせたそうです。
名称の通り、福をもたらすフグはもちろん、安産祈願の犬、女の子の厄払いとされる桃など、可愛い人形たちも飾りの中に観られます。
画像
画像
画像
娘と二人で藤塚神社の御旅所に立ち寄って休憩したので、その画像も一緒に。。御旅所は二日間のおかえり祭りの初日深夜に戻る場所で祭典も賑やかに行われる場所です。平日は広い広場で心地よい海風が吹く場所で、のんびりするにはうってつけの場所になります。13基の一台一台の台車が納められている納所もあり、倉庫の表扉にはその姿を示す各台車の姿が描かれています。祭礼の際の13基の台車の揃い踏みは、小松のお旅祭りの揃い踏みを上回る華麗さがあります。

    美川大正通商店街







あら与 「老松」/ふぐ・ふぐの子の糠漬・粕漬との詰合せ
百選横丁 楽天市場店
あら与 「老松」/ふぐ・ふぐの子の糠漬・粕漬との詰合せ ふぐの糠漬・粕漬のスライスパックとふぐの子の



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
美川ふくさげ祭り
白山市の美川地区は、平成の合併以前は石川郡美川町でした。 この美川町は古くは本吉(もとよし)と呼ばれて港町として栄えた町で、室町時代には三津七湊(さんしんしちそう)と呼ばれた日本国内の十大港湾として記載されていました。 ...続きを見る
つとつとのブログ
2017/03/27 22:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
野菜のお持ち帰り それはうれしいです 私も欲しいぃ〜ですわぁ
石川のキャラクター入りお弁当 なんかのほほ;お〜ン弁当ですね 食べていたらゆるゆる気分になれそうですね
ふくさげ祭り 可愛いし綺麗 孫と一緒に行ってみたいですね 喜びそう!!!
がにちゃん
2016/08/19 15:19
押し寿司、おいしいですよね。
とやまの「ますのすし」、福井の焼き鯖寿司、僕も北陸に行くと必ず食べます。
蒸しパン、僕はチーズ大好きなので、おいしく頂けそう。
納豆大キライなんてもったいない。
茨城育ちの僕に言わせりゃ、人生半分損してますね。
発酵食品といえば、福井の「へしこ」は僕も大好きです。
これ以上酒のツマミに最適なのはないと思います。
僕の「酒のツマミベスト5」に必ず入っていますよ。
家ニスタ
2016/08/20 22:32
すごい こんなに楽しいお弁当やらいろいろありますね

今自分の住んでるエリアは これといった食材もなく しいていえば県内のシウマイ弁当くらいかな〜

金沢をはじめ 北陸方面のお弁当も尽きませんね
メミコ
2016/08/21 10:15
最近は「ご飯好き」ですので(?)出先で お腹が空いたら「おにぎり」で十分ですね!
まだこもよ
2016/08/22 23:22
がにちゃんさん
昨年もそうでしたが、今年も野菜が高騰してますねえTT
なかなか、楽しいお弁当があるでしょ、これ持ってお雛様巡り楽しいですよ^^
3月、金沢や加賀にはお雛さんの人形が、多くでまとめた展示がされています。京雛とは違った、武家の雛人形で全く違った雰囲気があります。是非、一緒に観て下さい^^カメラの得意になってるみたいだから、きっと喜びますよ^^

家ニスタさん
富山はあまりにもますの寿しが有名になっていますが、氷見の鰤の押し寿司も捨てがたい魅力です。
そうそう、これを書いたら家ニスタさんに突っこまれと思いました。だいぶ前に茨城に行ったときにも、嫁さんに御土産に納豆買いました^^;ただ、どうしても食べられなかった僕^^;

メミコさん
なかなか楽しい物があるでしょ^^
メミコさんの所も古い文化があるじゃないですか。
そうそう、シロコロなんかB-1で有名になったし、鮎も有名だったような。。。

まだこもよさん
手軽に美味しく食べられるなら、やっぱり、おにぎりが一番ですね。
そうそう、おにぎりと言えば、僕はやっぱり梅干しが一番好きですねえ。近頃は昔ながらの紫蘇と天然塩のみの天日干しの梅干しが、なかなか見つからなくなりました。
毎年、嫁さんが輪島の朝市で決まったおばちゃんのを買ってます。今回もしっかり買ってきました。しょっぱいけど美味しいですよ^^
つとつと
2016/08/28 03:00
シロコロは食された事がありますか  なんせホルモンなので 全員に人気というわけでなく 鮎ももうほとんど獲れなくなりました

売りのない町です

涼しくなった昨日 今日は あたたかいものが欲しくなりますが あったかいものといえば おでん

北陸の特徴的なおでんは?何かあるでしょうか
メミコ
2016/08/28 09:00
メミコさん
こちらの鶴来町でB-1市が毎年開催されていて、以前食べました^O− 鮎も有名というのもその時知りました。 なかなか美味しかったですよ^^僕と娘は全然大丈夫でした^^V
メミコさんの所は、大江広元の所領地で毛利荘があったところ、四男が総領を相続して毛利に名を改めたんです。毛利家発祥の地。ちなみに島津家も大江広元を祖にしていると云っています。だから、山口・鹿児島の人にとっては重要な地なんですよ^^

おでんといえば、金沢が人口比店舗数では全国一位なんですよ。地元でも知る人少なかったんですが、近頃は金沢おでんとして売出し中。澄んだ透明感のある出汁が特徴で、我が家も嫁さん濃口好きの新潟出身ですが、おでんは金沢風味になっています。
いろいろ店ごとや家庭でも具材は変わって多種なんですが、牛すじの串とバイ貝が人気で出汁の味の助けにもなっています。他県のように具をメインにするんじゃなくて、具に出汁を染み込ませ、さらに出汁飲む感じ。そうそう、大きな車麩も特徴ですね。我が家では餅入り巾着とさつま揚げが必ず入っています。
つとつと
2016/09/07 20:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
我が家の外食日記 持ち帰り編 つとつとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる