アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「遺跡・史跡」のブログ記事

みんなの「遺跡・史跡」ブログ

タイトル 日 時
チカモリ遺跡〜縄文ワールド
チカモリ遺跡〜縄文ワールド 金沢にある国史跡「チカモリ遺跡」は縄文末期(BC3000〜2300年)から晩期にかけての集落遺跡になります。 チカモリ遺跡のある金沢市の西南部に当たる場所は、近くには同時期の遺跡で土器・石器が1万点近く出土した環濠集落の御経塚遺跡、弥生期の遺跡から続いて庄家(奈良期?)・初期荘園(平安初期〜鎌倉中期)となり多くの木簡が発掘された東大寺領荘園の三宅(今でいう管理事務所)があった横江庄・上荒屋遺跡が近くになります。他にも縄文・弥生期の遺跡を含め戦国中期まで近隣に遺構が多くあり、加賀の中心的存在... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 7

2017/02/17 01:58
古九谷の里〜九谷焼窯跡展示館
古九谷の里〜九谷焼窯跡展示館 石川県を代表する色絵磁器・九谷焼、時代ごとや先駆者によって開発改良で特徴が変わっていますが、華やかさに定評があって人気を得ています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 1 / コメント 8

2017/02/07 14:50
舟岡山城
舟岡山城 白山市の旧鶴来町は古くから白山巡礼の入り口的存在で、宿場的存在として古くから栄えた町です。また、加賀禅定道の起点となる加賀馬場となる白山比盗_社が鎮座することで知られています。 手取川の流れが作った細長い盆地と、獅子吼高原と呼ばれる急峻な高原がすぐ側に迫る特異な自然環境です。盆地の横の崖面は町を守るようにありますが、その端に舟の形のような台地になる孤峰があります。                                          清沢坊願得寺跡 H25.12.04撮影 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 3 / コメント 6

2016/07/19 16:23
大聖寺関所跡
大聖寺関所跡 加賀藩は分藩した大聖寺藩7万石・富山藩10万石を含めると120万石の大藩でした。 その分国は能登・加賀・越中・飛騨の一部と広範囲に及び、国境の警備防衛・特産品の流出・不審者の流入・民の逃散には気を使っていました。このために、多くの口留番所を設置していました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 2 / コメント 8

2016/02/10 13:02
碁石ヶ峰
碁石ヶ峰 能登には平野が少ないのですが、といっても半島特有で高山は少なく100〜200m前後の山が尾根となって続く地形になります。当然ながら、山並のなかの盆地や海岸沿いに町があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 7

2014/12/30 16:00
和田山古墳群(能美古墳群)
和田山古墳群(能美古墳群) 能美丘陵地は加賀平野の真ん中に忽然と在った丘陵地です。 以前紹介した秋常山古墳や和田山城はこの丘陵地を利用して造られたものです。 能美の丘陵地は古くから古墳が多く存在し、3〜7世紀の古墳時代全般に渡る物で、方墳・円墳・前方後円墳・前方後方墳・周溝墓等々、多種多様な古墳が存在しています。しかし、戦後の市街造成によって大きく掘削されて多くの丘陵が失われています。地元の方なら地名で分かると思いますが、三道山・九谷・寺井町の大部分は丘陵を掘削してできた新興地です。もしそのまま残されていれば、貴重な古... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 2 / コメント 3

2014/12/28 20:01
法皇山横穴古墳群
法皇山横穴古墳群 加賀市には古代には江沼の地と呼ばれていましたが、古墳時代から開けていたようで多くの遺跡があります。 特に狐山古墳からは皇族・王族クラスの装飾品が発掘されて注目されています。狐山古墳は外観しか見たことがないので、再訪したらまたUPするつもりです。 狐山古墳の近辺は以前UPした花山法皇の所縁や伝説が多い場所でもあります。法皇所縁の名前のある勅使町(てしまち)の交差点からすぐの場所にも、花山法皇の伝承が残る法皇山という標高30mほどの小さな山があります。伝承では法皇の財物をこの山に隠し埋めたと云わ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/12/19 20:55
尾小屋鉱山資料館(尾小屋マインロード)
尾小屋鉱山資料館(尾小屋マインロード) 以前、ご紹介した十二ヶ滝のある郷谷川を横目に観ながら上流に進むと、尾小屋鉱山資料館と鉱山跡を巡ることができる尾小屋マインロードがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 2 / コメント 4

2014/11/04 03:07
末松廃寺跡史跡公園
末松廃寺跡史跡公園 夏場に外回りの営業をしていると、日差しに負けて休憩場所が欲しくなります。お昼ご飯を食べるにしても炎天下よりも日陰が恋しくなります。営業や配送業務、工事資材の運送など車で動く人間にとって、夏の日陰は貴重な存在です。でも、住宅路や通園・通学路では駐車していると不審者扱いにされたり、駐車違反の注意を受けたりします。外回りの人にとって、だれにも邪険にされず、逆に迷惑を掛けない日陰の場所は貴重な存在です。 道路が拡充され住宅地が増えれば留める場所はますます減りますし、商業地が増えれば確かに駐車場は多くな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/11 23:13
富樫館 堀跡
富樫館 堀跡 以前、高尾城址の記事で紹介したように、多くの教科書などには1488年に守護の富樫政親が倒され、加賀は一向一揆の「百姓の持ちたる国」などと書かれていますが、実際には加賀守護の富樫家は存続していて、実権は本願寺にありましたが、守護としての富樫家はそれなりの尊重を受け、一種の協調体制をとっていたようです。 http://72469241.at.webry.info/201210/article_5.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/19 14:18
桜町遺跡
桜町遺跡 昭和63年に国道8号線の増幅工事に伴って発見されたのがこの「桜町遺跡」です。以前から縄文遺跡があることは予測されていて、前々年に行われた試掘では1万2千年前の縄文草創期から2千年前の晩期までの縄文時代を通じての重層遺跡だということが解っていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/13 00:48
須夷蝦夷穴古墳(すそえぞあなこふん)
須夷蝦夷穴古墳(すそえぞあなこふん) 能登島の南西部の高台にある古墳です。 この古墳は古墳終末期の7世紀中頃に作られた物です。葬られていた人は不明です。 縦17.1m・横18.7mの方墳です。玄室を二つ持っており、通路や奥で横長になる玄室には、近くの海岸で採れる安山岩が床・壁・天井に張り巡らされています。特に左の雌穴と呼ばれる玄室には棺を乗せたであろう棺台が作られていました。天井がドーム型など、このような造りの古墳は国内では類例がなく、朝鮮の高句麗に多く見られるものだそうです。雌穴から出土した鉄斧も朝鮮半島に多い物です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/01 15:14
内灘海岸 着弾地観測棟遺跡
内灘海岸 着弾地観測棟遺跡 内灘砂丘は鳥取砂丘に次ぐ距離・面積を誇る砂丘地帯です。 そんな砂丘地の町(当時は内灘村)で起こった「内灘闘争」をご存知でしょうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/09/30 08:56
安宅の関址
安宅の関址 安宅住吉神社の敷地には「安宅の関址」があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/09/16 14:12
諏訪館庭園跡 一乗谷
諏訪館庭園跡 一乗谷 一乗谷は4つの庭園が国の名勝に指定されています。「館跡庭園」「湯殿跡庭園」「南陽寺跡庭園」「諏訪館庭園跡」がこれにあたります。 朝倉氏滅亡後、「館跡庭園」以外は地表に残っていたものです。 その中で規模の大きなものが「諏訪館庭園跡」です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/14 13:30
一乗谷朝倉氏遺跡
一乗谷朝倉氏遺跡 復元町並みの正面から川を渡った場所に朝倉義景の館跡があります。発掘以前は朝倉義景の菩提寺として「正雲院」と呼ばれる寺院が建っていましたが、現在は福井市内の心月寺に移転統一されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/14 13:07
御経塚遺跡
御経塚遺跡 御経塚は野々市市にある地区です。 市町村合併で石川郡の多くが松任市と合併し白山市となる中、唯一、石川郡野々市町として独立していましたが、ために多くの商業施設を誘致して、独立独歩の町運営を進めていました。 昨年(2011年)11月11日に単独町から市制に移行して「野々市市」になりました。市の面積は13.56㎢と小さい都市ですが、人口密度は日本海側では最高の都市です。その中で一番の商業集積地が御経塚です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/08/10 19:16

トップへ | みんなの「遺跡・史跡」ブログ

つとつとのブログ 遺跡・史跡のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる