アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「墓所」のブログ記事

みんなの「墓所」ブログ

タイトル 日 時
護国山 宝円寺
護国山 宝円寺 お客さんの自宅に伺うことになって、待ち合わせ時間に3.40分あったので時間調整に久しぶりに立ち寄ったのが宝円寺でした。あまり時間がないので、境内だけを少し歩いてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 8

2018/01/28 02:54
加賀騒動
加賀騒動 更新頻度が少なく、ご訪問も多くなく、皆さんにはご迷惑をおかけしています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 48 / トラックバック 1 / コメント 12

2018/01/10 23:04
実性院B 大聖寺藩主墓所
実性院B 大聖寺藩主墓所 実性院の左脇の裏山に続く参道を登ると、大聖寺藩主の墓所があります。この墓所も前回紹介していますので、詳しくはこちらをどうぞ ⇒ 山ノ下寺院群A 実性院 (H27.11.3)  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 7

2017/10/18 17:13
実性院A
実性院A 実性院は江戸期の建物ですが、内外部共に補修や改造の痕が多く観られますが、曹洞宗特有の屋根付通路の伽藍配置、本殿内の正側三方丈・広縁(大廊下)・露地(土間)は基本的な配置と景観を保っています。曹洞宗寺院は仏間・正方丈が派手なものが多いのですが、思ったよりも簡素な造りです。ただし、正方丈を仕切る柱、仏間の装飾柱は立派な木柱で側方丈、広縁から隔絶した雰囲気を感じます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 10

2017/10/07 19:57
高山右近の碑B
高山右近の碑B 慶長19年(1614年)にマニラに退去させられた高山右近でしたが、乗船した船にはすし詰めの乗員数で劣悪な環境状態。途中、高齢の三人の宣教師が死亡したと云われています。定員オーバーの為、通常の倍以上の日数を掛け、マニラに辿り着いたというのが実情でした。しかし、先駆けの伝達で「日本の殉教者的武将」の名は知られており、マニラ総督府の祝砲と大歓声と共に、大歓迎を受け、総督からはスペイン人しか許されないイントロラムス内に邸宅と十分な援助を与えられたそうです。 しかし、この過酷な船旅に消耗した身体は癒... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 12

2017/09/18 23:00
玉龍寺 (前田対馬守家菩提寺・墓所)
玉龍寺 (前田対馬守家菩提寺・墓所) 加賀藩では人持組頭として1万石以上の所領を受け、家老として藩政に常時参画する資格を持つ一門衆・重臣の家系を別名で加賀八家と呼んでいました。他藩の年寄役に当りますが、所領を見ても解るように、外様陪臣とはいえ小大名以上で幕府でも別格扱いを受けており、明治には全家が男爵号を受けています。加賀八家の成立時期ははっきりしませんが、三代・利常から五代・綱紀にかけて成立して行ったようです ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 2 / コメント 5

2016/07/10 22:21
前田利常灰塚 〜徳橋神社 〜埴田の虫塚
前田利常灰塚 〜徳橋神社 〜埴田の虫塚 ここのところ、加賀市に行く機会が多くて、山側バイパスから小松の八幡で国道8号に合流する産業道路をよく利用していました。この産業道路は広告看板が禁止されていて景観重視の要素が大事にされています。それはそれでとても良いことなんですが、金沢・松任・鶴来の分岐点の安養寺交差点から国道8号に合流する小松の八幡まで延々と続く片側2車線は、多少の起伏とカーブがありますが走りやすく、ドライバーはついつい飛ばし気味になってしまいます。 途中には松任グリーンパーク、いしかわ動物園、辰口丘陵公園など家族連れに人気の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 9

2016/06/20 11:55
仏御前の里A
仏御前の里A 仏御前の生まれ故郷を強く主張する地は北陸には2か所あります。福井県大野市仏原及び栃沢(栃沢は現在は九頭竜湖の底です。)。国道158号線で和泉村に向かう途中にあります。ここには落差100mの三段滝の「仏御前の滝」があり、仏御前が髪を洗っていたという伝承があります。福井県内には、仏御前だけでなく祇王・妓女・刀自の過ごした寺と供養塔があったそうです(現・福井市三郎丸)。 そして、もう一つが石川県小松市原町になります。一般にはこちらが有力とされています。 小松市でも東端にあたり、先に進むと中の峠、三... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 2 / コメント 2

2016/01/24 17:33
山ノ下寺院群A 実性院
山ノ下寺院群A 実性院 前回ご紹介した山ノ下寺院群の一番南端に在るのが実性院になります。 この実性院が大聖寺藩主の歴代の菩提寺になります。実性院は前の庭園に萩の花が咲くことでも知られています。9月初旬には白い花が咲き乱れて美しい姿を見せてくれます。 残念ながら訪れたのが10月で遅れてしまったので花は観られずでした。来年は9月にこちらに来る予定なんで、忘れずに寄るつもりです。今回は駆け足ということもありましたが、けっこう撮ったはずの画像が抜け落ちているんで、リベンジも含めて。。。。というわけで、画像は少ないですが、ご... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 5 / コメント 8

2015/12/02 14:04
山口玄蕃宗永 首塚跡
山口玄蕃宗永 首塚跡 「全昌寺」が菩提寺となっている旧大聖寺城城主・山口宗永の首塚が移設されているとなっていたので、改めて宗永の首塚の在った地にやって来ました。 宗永の首塚があったのは、大聖寺城の東北東に6,700m程行った旧大聖寺川に架かる福田橋の対岸になります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/27 13:55
傅泉寺(でんせんじ、大野弁吉墓所) 〜 大野日吉神社(大野弁吉居宅跡)
傅泉寺(でんせんじ、大野弁吉墓所) 〜 大野日吉神社(大野弁吉居宅跡) 金石・大野地区の有名人と云えば、以前何度かUPした銭屋五兵衛と大野弁吉(中村屋弁吉。 銭屋五兵衛は海の百万石・海の豪商と呼ばれ、河北潟の干拓事業による一家破綻など、波瀾万丈の生涯を送った人物です。前に幾つか書いていますんで興味のある方はこちらをどうぞ ⇒ 銭屋五兵衛記念館 銭五の館 本龍寺・銭屋五兵衛の墓所 大野弁吉も一度書いています ⇒ 金沢大野からくり記念館 概ねの経歴などは「金沢大野からくり記念館」で書いてありますので、お読みいただければ幸いです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 4

2015/03/06 12:37
津幡城址 為広塚 清水八幡神社
津幡城址 為広塚 清水八幡神社 金沢市の北隣にある津幡町。現在は金沢市の衛星都市的な存在です。近年になって国道8号線・159号線のバイパス化で、主幹線道路が変わって西側を回るようになり、旧国道から商業地や住宅地が西方や北方の郊外に移り、元々の中央銀座商店街や津幡宿があったおやど商店街も少し寂しくなってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 2 / コメント 9

2014/11/21 21:35
律川 〜 後鳥羽・順徳大原陵
律川 〜 後鳥羽・順徳大原陵 大原と云えば、やはり観光のメインになるのが三千院ですが、観光の場合には大原駐車場から三千院道と呼ばれる参道、呂川伝いの茶屋・お土産屋さんが並ぶ道を行くのがオーソドックスなんですが、今回は律川伝いに登ることにしました。意外に知られていませんが、三千院や勝林院・実光院・法泉院などに行くならこの道が一番の近道なんですよ。そのかわり途中には茶屋もお土産屋もなにもありません。当然、すれ違う人も少なく大原の山里的な雰囲気を感じられます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 4

2014/09/24 10:59
寂光院
寂光院 久しぶりに家族がそろった完全休養日。なにがしか用事が入って一日まるごと三人が朝から夜まで揃うのは久しぶり。。ここのところ、だいぶストレスを溜めていたので、そろそろ発散しないとやばくなってきたお父さん。。 前日、遠出のドライブをすると宣言朝早く出ると云ったのに予想通り寝坊が一人発生で、出発は9時前になっちゃいました。。相変わらず、あっちで休憩、こっちで眺望と下道をゆっくり(嫁さん曰くそれでも早い) 懐かしい朽木渓谷を抜けまして、やって来たのが大原・草生の里 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 1 / コメント 4

2014/09/17 03:03
本龍寺 銭屋五兵衛の墓所
本龍寺 銭屋五兵衛の墓所 金沢西警察署を更に西に向かうと、江戸期に北前船の港湾として栄えた宮の越(金石)の町になります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 7

2013/09/21 13:02
平時忠墓所&則貞家
平時忠墓所&則貞家 平時忠(たいらのときただ)という人物をご存知でしょうか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/09/16 15:44
永光寺 B 五老峯 瑩山禅師墓所 峨山道
永光寺 B 五老峯 瑩山禅師墓所 峨山道 回廊の最上段から伝燈院とは反対の扉から出ると緩やかな登り坂があります。これが五老峯に向かう道です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 2

2013/09/04 21:58
法船寺 義猫塚
法船寺 義猫塚 法泉寺は長町の武家屋敷とは道路を挟んだ向かい側にある中央通町にある浄土宗の寺院です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/20 16:44
称念寺@ 新田義貞墓所
称念寺@ 新田義貞墓所 称念寺は時宗の寺院です。福井の丸岡町長崎の地(現・坂井市)にあります。 泰澄大師が阿弥陀堂を建立したのが始まりと云われています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/07/08 20:12
浅井畷古戦場
浅井畷古戦場 加賀における最後の合戦が行われたのが小松城東方の浅井畷と呼ばれる一帯でした。 畷の名の通り、当時は小松の地は手取川による湿地帯が多く、そこをほそい隘路が通っていたそうです。また、その湿地を利用して桑の実畑が広がっていたそうです。 現在はその名残は観られませんが、住宅地の一角に九つの墓標が立つ園地があるのですが、ここが浅井畷合戦の最激戦地になった場所と云われています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 2

2013/06/15 20:55
瑞龍寺 〜 前田利長墓所
瑞龍寺 〜 前田利長墓所 新年(H21)の三が日、我家では年末に引いた風邪で絶不調の嫁さん 結局何処にも行かずに、駅伝見ながら寝正月に徹しておりました ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 7 / コメント 0

2012/12/27 01:24
実盛塚 篠原古戦場
実盛塚 篠原古戦場 加賀市篠原町は海に近く松林が続く風光明媚な場所です。平安末期の頃は葦の原野が広がっていたと云われています。この地は倶利伽羅合戦で敗走した平維盛軍を追尾した源義仲軍が追い付いて合戦になった地です。結果として平家軍はここでも完敗、京へと落ちていきます。この戦いで最後尾の殿(しんがり)を引き受け討ち死にした武将が今回の「実盛塚」の主・斉藤実盛です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 7 / コメント 0

2012/10/26 21:42
前田利秀の墓所
前田利秀の墓所 前田利秀は父親の後を受け、小矢部の基礎を築き、北条攻めでは前田軍の主力として上野・松井田城攻め、武蔵・八王子城攻めに活躍しました。 しかし、文禄2年(1593年)朝鮮出兵で滞在中の肥前・名護屋城で発病帰国しましたが、その年に治療中の京都で弱冠26歳でなくなっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/15 20:12
高徳寺址 前田秀継夫妻の墓所
高徳寺址 前田秀継夫妻の墓所 今石動城の初代城主・前田秀継が木舟城に移って3か月後、天正13年・(1586年)に天正の大地震が起こっています。 この地震により、木舟城は3丈(9メートル以上)以上も沈下し圧死した秀継夫妻の遺体発見には3日以上を要したと記録に残っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2012/10/13 17:24
石動山 天平寺址
石動山 天平寺址 石動山の麓にあったのが「天平寺」 石動山頂上の五社権現を中心にして、石動山系には平安期になると多くの山岳修験者が入るようになり、北陸の修験場の中心地となって行きました。さらに仏教とも結びつき真言宗寺となり神仏習合色の強い「石動山 天平寺(てんぴょうじ)」として成立していきました。天皇の御撫物(おんなでもの、天皇や宮家の御召し物、昔は新着の着物は1年間祓いをしてから着用していました。)の勅願所にもなっており朝廷よりの保護も厚かったようです。最盛期には360坊3000衆徒を誇りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2012/10/09 15:10
朝倉義景墓所
朝倉義景墓所 戦国期、越前を治めていたのが朝倉氏。 朝倉氏の本拠は大野から西方の一乗谷で、5代約100年間勢威を誇っていました。5代当主・朝倉義景は織田信長に敦賀の刀根坂の合戦(斉藤龍興が戦死、美濃斉藤家の実質滅亡)に敗れ、一乗谷を放棄して大野に撤退して勝山・平泉寺に味方要請しましたが拒否され、宿所の六方賢松寺を寝返った朝倉景鏡に囲まれ自刃しました。ここで朝倉氏の越前支配は幕を閉じています。余談ですが、朝倉景鏡は姓を土橋と改め信長から本領安堵を受けましたが1年後、越前一向一揆により亡くなっています。このため... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/05 08:47
富樫家御廟谷
富樫家御廟谷 高尾城の南側、額谷町の交差点を山側に入って、額谷ふれあい公園を右に見ながら山道を登って行くと遊歩道の看板の側に「富樫家御廟谷入口」の標柱があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/03 00:41
上越高田・会津墓地
上越高田・会津墓地 金谷山スキー場の「スキー発祥の地記念館」の脇の道から降りて道路を県道に向かうと、杉林に墓地があります。知る人も少ないですが、これが「会津墓地」です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/27 01:14
剣豪・草深甚四郎の墓
剣豪・草深甚四郎の墓 戦国時代末期から江戸時代初期にかけて剣技は発展して、剣豪と呼ばれる人材が出現、各地に流派が起こりました。加賀の国にも一人の剣豪がいました。「草深甚四郎」がその人です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/24 23:13
巴塚 葵塚
巴塚 葵塚 埴生八幡からの源義仲軍の進撃路は3路と云われています。 一つは現在はふるさと歩道とよばれ、毘沙門川を経由して埴生大池を抜ける険しい迂回路。現在も車が一台がやっとの幅で山間を上り下りします。 更に当時の北陸道で、長坂山を越える縦貫路。近年までこの道に茶店もありました。現在は山越え部分が「いにしえの街道」として保存整備されています。義仲の本軍はここを進んでいます。 そしてもう一つが古代北陸道でこの合戦で一番重要な役を演じた樋口兼光が進んだ道です。この樋口兼光は同じ源義仲四天王の今井兼平、巴御前... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 1

2012/09/21 18:01
西光寺 柴田勝家の菩提所
西光寺 柴田勝家の菩提所 北ノ庄城落城により亡くなった「柴田勝家」の菩提所がこの「西光寺」です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/20 13:39
龍言寺跡 長尾政景墓所
龍言寺跡 長尾政景墓所 長尾政景は、上杉景勝の実父です。 元々、越後の守護代家の長尾氏は、春日山、上田、栃尾などに分かれていました。守護代は春日山の長尾能定・為義・晴景・景虎と続いていましたが、政景の上田長尾家は外戚として、重要な位置を占めていました。 晴景・景虎(謙信)の姉妹の仙桃院を正室にしていたことでも、重要な位置にいたようです。謙信の引退を引き止めたり、川中島の際には春日山城の城代を務めたりしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/27 13:27
東香山 大乗寺
東香山 大乗寺 以前紹介した、藩主前田家の墓所がある金沢最大の墓地「野田山墓地」 http://72469241.at.webry.info/201208/article_20.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/08/24 17:28
モーゼ・パーク モーゼの墓
モーゼ・パーク モーゼの墓 さて、皆さんはモーゼって知っていますか。 紀元前13世紀、エジプトから独立して、ユダヤの民衆を率いて40年間放浪して、イスラエルの地に導いたとされる旧約聖書に出てくる人です。その後シナイ山に登って、エホバの神から十戒を授かったといわれる人です。 古い映画ですが、チャールトン・へストンが演じ、ユル・ブリンナーが兄のエジプト王を演じていました。海が割れて道ができるシーンは素晴らしいスペクタル映画でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/24 10:10
宝円寺
宝円寺 金沢大学付属病院の西側に入った奥にあるお寺です。前田利家が加賀藩金沢に移封された際に建立したものです。寺域内のつつじや桜、庭園と茶室も風情のあるつくりです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 0

2012/08/17 19:05
野田山 加賀藩主墓所
野田山 加賀藩主墓所 金沢城から南南東方向の標高175mの野田山の山肌に、金沢市最大の墓地群が存在します。墓地の広さは43万u、東京ドーム敷地面積の10倍あります。墓の数も数万を数えるそうです。室生犀星・鈴木大拙・大久保利通暗殺事件の首謀者6名・日露戦争のロシア人墓地など有名人や時代を象徴した人たちの墓があります。その墓地群の一番高い位置にあるのが加賀藩主前田家の墓所です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2012/08/13 10:00
前田利長 墓所
前田利長 墓所 瑞龍寺の総門前から800メートルちょっと続く遊歩道が整備されています。「八丁道」といって瑞龍寺から前田利長の墓所を繋ぐ参道です。 参道沿いには松並木と利長像・オブジェそして114基の灯篭が立っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2012/08/12 13:46

トップへ | みんなの「墓所」ブログ

つとつとのブログ 墓所のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる