野田山 加賀藩主墓所

金沢城から南南東方向の標高175mの野田山の山肌に、金沢市最大の墓地群が存在します。墓地の広さは43万㎡、東京ドーム敷地面積の10倍あります。墓の数も数万を数えるそうです。室生犀星・鈴木大拙・大久保利通暗殺事件の首謀者6名・日露戦争のロシア人墓地など有名人や時代を象徴した人たちの墓があります。その墓地群の一番高い位置にあるのが加賀藩主前田家の墓所です。

歴代当主17代の墓はもちろん現当主18代以降の墓も準備されていますが、関係の墓を含め76基が7.6haの敷地に建てられています。元々は初代・前田利家の兄利久を野田山墓地の一番高い位置に葬ったのが野田山墓地の始まりだといわれています。
元々、尾張の荒子城が居城だった前田家において本来の当主は利久でした。それを信長の命令により利家を当主として強制されたものです。利家は利久が好きだったようで、各地を放浪した利久を七尾・加賀に迎え入れて手厚く保護しています。利久も利家が国を出ているときは、城代として執務していますから、けして無能ではなかったと思われます。利久の死後、利家は野田山に葬りましたが、野田山墓地の一番高所に利久を葬り、自分の墓はその下に位置させています。
この前田利久の息子(養子)で長男が「花の慶次」で有名な前田慶次郎利益です。

前田家の墓は神道方式で、土を盛り上げた土饅頭の形の円墳ですが、仲良く並んでいる利家と松(芳春院)は階段型の方墳になっています。入口には鳥居を建てて神になるという神道式になっています。
加賀前田家の絶頂期は初代利家から5代綱紀ですが、墓の規模を見るとそれがよく解ります。ただし4代光高は元々、天徳院に墓があったモノで昭和になって改葬されたものです。他に9代目も同じく改葬されたものです。
6代以降、当主の早世が続き藩の財政も疲弊して、墓の規模も小さくなっていきました。初代から順番に廻るとその変成が目にとれます。
画像画像
前田家には、歴史の上で有名な女性が何人かいますが、彼女達も夫の墓に寄り添うように、というより負けない規模で祀られています。
先に紹介した於松(芳春院)・珠姫(天徳院)などがそうですね。
画像

例外は、利家の娘で豪姫。彼女は関が原で敗れた西軍の副将宇喜多秀家に嫁いでいましたが、敗戦後秀家が八丈島に流された後、前田家に引き取られ余生を過ごしていました。前田家は秀家だけではなく、子孫にも江戸時代を通して援助しています。明治に入って宇喜多家が八丈から東京に移住する際にも便宜援助を計っています。
ただ、徳川家への遠慮か深慮でしょうが、豪姫の墓は利家や松の墓の裏側に隠されたように建てられています。しかし多重塔の立派なもので、前田家での地位を象徴しています。
画像

前田家の殿様と同列の高さの位置にあるのは特別なことだと思います。親族以外でそんな位置にある墓は二つあります。村井長頼と奥村永福です。
NHKの大河ドラマの時に的場浩司と中条きよしが演じていたと言えば解る人が居るかもしれません。二人とも加賀前田家草創期の忠臣です。長頼は利家と松の1.2段下に守るようにたっています。永福は前田家墓所の外ですが、同じ高さの位置に建っています。

野田山は金沢市の郊外に位置しますから静かなたたずまいです。
墓所前の駐車場からは金沢の市街が美しく広がって見えます。
歴史に思いをしながら散策するにはうってつけの場所だと思います。
画像

旅行日 2008.11.29

この記事へのコメント

  • 加賀藩領内出身者

    前田家の全ての当主の墓所が野田山に揃ってはいません。
    現地の案内板をちゃんと確認なさいましたか?2代利長公の墓所は別の場所にあります。
    利長公の墓所は、戦国武将の墓所に本当に関心がある人にはある意味有名な墓所です。
    2018年05月30日 20:59
  • 加賀藩領内出身者

    知り合いの学芸会から、
    一度は世に出た、利長公・墓所ではなく拝所と記された野田山前田家墓所に関する古文書を管理者の金沢市が一旦上げたHP記載も削除してひた隠しにしているからブロ主様が知らなくても仕方ない
    と教えて下さいました。案内板の訂正も議論されたのは確かだが、立ち消えしたままだとか。失礼しました。
    2018年05月30日 21:44
  • つとつと

    前田利長の野田山墓所の墓は供養墓というのは解っていますし、この野田山墓所はそういう意味で金沢での遥拝墓です。そんなの常識でしょう。前田利長の高岡墓所についても他の記事で書いています。僕の他の加賀藩関連を読んでから批判記事を書いて欲しいですね。
    2018年06月01日 08:19
  • つとつと

    それと個々の記事で議論は書くつもりはありませんが、もっと細かく言えば、江戸期の加賀藩主関連の墓所・廟所は江戸期は野田山・瑞龍寺・天徳院・宝円寺にぶんさんしていました。そもそも藩主全員の遺体があるなんてどこにも書いてない概要の古い文章を表面だけで読む批判記事入りません。
    後日消去させていただきます。
    2018年06月01日 08:30

この記事へのトラックバック

  • 東香山 大乗寺
  • Excerpt: 以前紹介した、藩主前田家の墓所がある金沢最大の墓地「野田山墓地」 http://72469241.at.webry.info/201208/article_20.html
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2012-08-24 17:28
  • 総持寺祖院
  • Excerpt: さて、輪島の朝市通りを後にして、帰りの道へと玲 でも、タダ帰るのはつまらないので、門前や富来によって行こうと思いました。 朝市通りを抜けたところにある..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2012-11-15 05:14
  • 椿原天満宮(椿原山砦跡)
  • Excerpt: 先日、南米から戻った家ニスタさんのブログを読んでいたら、久しぶりのお城巡りをされていました。 昔の古城巡りですから、薮の中になっていたり、城の敷地や構造を利用して神社やお寺に変わっているものもあり大..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2013-12-11 18:43
  • 如来寺① 前田光高と天徳院墓所
  • Excerpt: 義母・義兄がやってきた翌日。みんなで観光しようとなったんですが、別段行きたい場所を決めていなかったというご返事。 2.3日前の北國新聞の記事に如来寺の牡丹が満開だというのを観た嫁さんが、満開の牡丹が..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2014-06-10 14:19
  • 桃雲寺(とううんじ) 前田利家の墓守寺
  • Excerpt: 金沢市の野田山は加賀藩主・前田家墓所を頂点にして、総面積43万㎡以上(東京ドーム敷地面積の10倍以上)・総墳墓数1万~2万と国内でも最大級の墓地となっています。
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2014-11-29 16:00
  • 黒門前緑地
  • Excerpt: 金沢城の北西の出入口となる黒門。江戸期以前は西丁口と呼ばれていました。 金沢城の正門は尾坂口の大手門ですが、金沢御堂時代や佐久間盛政の居城時代はこの西丁口が正門となっていました。加賀藩時代には改修と..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2014-12-12 05:23
  • 瓶割坂(かめわりざか)① 大蓮寺(だいれんじ)
  • Excerpt: 国道157号線を野町広小路から犀川大橋に向かうなだらかな坂道があります。この坂は別名「瓶割り坂」と云います。古くから北国街道の主要道で、尾山(金沢市街)に入る入口になっていたようです。 瓶割坂の名の..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2015-05-07 03:37
  • 山ノ下寺院群② 実性院
  • Excerpt: 前回ご紹介した山ノ下寺院群の一番南端に在るのが実性院になります。 この実性院が大聖寺藩主の歴代の菩提寺になります。実性院は前の庭園に萩の花が咲くことでも知られています。9月初旬には白い花が咲き乱れて..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2015-12-02 14:05
  • 玉龍寺 (前田対馬守家菩提寺・墓所)
  • Excerpt: 加賀藩では人持組頭として1万石以上の所領を受け、家老として藩政に常時参画する資格を持つ一門衆・重臣の家系を別名で加賀八家と呼んでいました。他藩の年寄役に当りますが、所領を見ても解るように、外様陪臣とは..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2016-07-10 22:22
  • 実性院③ 大聖寺藩主墓所
  • Excerpt: 実性院の左脇の裏山に続く参道を登ると、大聖寺藩主の墓所があります。この墓所も前回紹介していますので、詳しくはこちらをどうぞ ⇒ 山ノ下寺院群② 実性院 (H27.11.3) 
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2017-10-18 17:13
  • 月照寺 玉泉寺
  • Excerpt: 以前ご紹介した加賀八家・前田対馬守家の菩提寺・玉龍寺。金沢に多くの寺院が林立する寺町に隣接する野町にあり、周囲に多くの寺院が林立します。加賀藩三代・前田利常を養育した前田長種を祖にしています。
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2017-10-26 13:05

最近のコメント