(石川県郷土)人間国宝館

加賀市の8号線沿いに「お菓子城加賀藩」があります。
名物の「加賀福」を中心にお菓子を製造販売しています。ちょっと伊勢の赤福に似ているあんころ菓子です。製造現場もガラス越しに見学することもできます。
お城を模した建物と城門が目印です。ちなみにこの城は金沢城を模した物です。けっこう忠実に再現されたものですよ。
画像

ここは、お菓子だけでなく色々な博物館や資料館も併設されています。
今回は「石川県郷土人間国宝館」をご紹介しましょう。
画像
画像
お菓子城の奥の大駐車場の奥に幾つものドームが繋がって建っていますが、これがそうです。ちょっと奥過ぎて知らずに帰っちゃう人が多いんですが、一見の価値はありますよ。

人間国宝の正式名は重要無形文化財保持者と団体、芸能と工芸技術に分けられています。
工芸技術では、現在現役のの人間国宝は56名、京都が一番多くて13名、その次が石川で8名です。その8名の作品を各ドームに展示しています。8名は大場松魚(蒔絵)川北良造(木工芸)三代目徳田八十吉(彩釉磁器)前史雄(沈金)吉田美統(釉裏彩金)三代目魚住為楽(砂張銅鑼)中川衛(彫金)小森邦衛(髹漆(きゅうしつ))
画像
画像

各ドームの展示室には各作家の作品と手を見られます。最高作品の集まりを堪能できますよ。作品の半分以上が非売品ですが、中には販売しているものもあって小さな価格表示もあります。
見たら、びっくりの価格のものがいっぱいです。
とにかく石川県の伝統工芸の最高作品がここに来れば、いっぺんにみられます。

ドームの間の通路の窓から見える池を中心にした庭園も美しいですよ。

人間国宝館 http://www.kagahan.co.jp/bunkamura/ningenkokuhoukan.php

追記 三代目徳田八十吉氏はH21・8月に逝去されました。本年(H24.7)新たに友禅の二塚長生氏、蒔絵の中野孝一氏が選出されました。現在(H24.8)、石川県の人間国宝は9人。 全国では58人。ちなみに京都12名、東京9名です。

旅行日 2009.7.21





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント