湯涌江戸村

湯涌温泉に東洋一と呼ばれた「白雲楼ホテル」があった時代、同じ経営で江戸期の民家を展示していましたが、倒産身売りとともに管理が心配されましたが、温泉協会が用地買収後、県市の協力で農家3軒を現在地に移築
画像
画像
更に5軒の武家・商家・門が移築され先月25日に新オープンしました。
各家屋は内部見学もできますので、往時の生活環境や間取りが見られます。武家商家は表の重厚な造り・複雑で深い間取り。農家の懐かしい造りの囲炉裏・梁・柱。

国の重文指定は2軒。1軒は金沢に在った商家・旧松下家。表全面が開けられる江戸期独特の商家。もう1軒は福井の今庄・鯖波にあった旧石倉家。こちらは村の要職の屋敷で加賀藩の参勤交代や天皇巡幸などの御座所や休憩所として使われました。明治天皇の御座所や玉座が見られます。
画像

江戸村の入場口になる門も、五千石上級武士・旧多賀家の表門を移築したものです。土塀も一緒に移築され重厚な入口になっています。
画像

どの建物も古い木造住宅ですが、屋根も瓦葺・茅葺・板葺・石積み板葺など、屋根だけでも見ていても飽きません。
画像

開村のため、県・市・協会では19億を掛けたそうです。
今後も移築予定だそうですが、もう少し賑やかにしないと、再訪客が増えないかも。集客イベントなどの協力が不可欠。今後の課題になりそうです。しかしこれだけの旧家をそろえた施設はそうありません。

湯涌温泉に来られた際には、近くの「創作の森」と合わせて、古く懐かしい家々を見て歩くのもお奨めです。
また7軒の家屋は文化活動のイベントや展示会にも貸出ししているそうです。僕が行った時には、加賀友禅作品の展示会を旧山川家で行っていました。
画像
画像

金沢湯涌江戸村   http://www.kanazawa-museum.jp/edomura/
湯涌創作の森    http://72469241.at.webry.info/201209/article_16.html

旅行日 2010.9.26




湯涌温泉 湯の出旅館
楽天トラベル
金沢市街から車で15分~20分。金沢の奥座敷。温泉と料理と趣贅沢にお愉しみいただける宿。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • がにちゃん

    保存されてよかったですね 素晴らしい建物ですね
    いつか金沢をおとづれたら立ち寄ってみたいですね
    2012年09月11日 18:04

この記事へのトラックバック

  • 黒門前緑地
  • Excerpt: 金沢城の北西の出入口となる黒門。江戸期以前は西丁口と呼ばれていました。 金沢城の正門は尾坂口の大手門ですが、金沢御堂時代や佐久間盛政の居城時代はこの西丁口が正門となっていました。加賀藩時代には改修と..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2014-12-12 05:22
  • 国造(こくぞう)神社
  • Excerpt: 金沢市街には「泉」のつく町名が多くあります。米泉・増泉・西泉・泉本町・泉・泉野・泉野出町・泉が丘他、僕が思いつくものだけでもこれだけあります。この泉の付く地区は、犀川南岸から伏見川の両岸、大乗寺から西..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2018-12-16 22:01

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (06/02)

「延喜式神名帳」- by y&m (06/01)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)