下城戸 一乗谷

一乗谷の入り口は京都・近江側の南口にあたる表口が「上城戸」、加賀側の北口にあたる搦め手口が「下城戸」と呼ばれ、この両城戸の内1.7キロ「城戸ノ内」に朝倉館や武家屋敷の本拠が置かれていました。
画像

城戸は一種の城門の役割を担っていましたが、「上城戸」は長さ50m高さ5m・幅13m。現在はただの土手にしか見えませんが、当時は外堀と石垣も設けられていたそうです。
対して「下城戸」は長さ20m高さ5m・幅18m。幅10mの堀もあります。当時は足羽川と外堀は繋がっていたそうです。また桝形虎口になる門は巨石が積み上げられています。現在あるものは埋もれていた石を近年、復元した物ですが、10t以上の石で構成され最大の物は40tを超すそうです。
画像

朝倉氏が本拠を置いた時代、足羽川は三国の湊に繋がるため、下城戸の外隣に港と市場や町家が栄えていたそうです。

当時は、加賀や越前の一向宗徒との確執や戦が多く、上に比べ下の堅固さが特筆されます。防御面を重視していたことが窺われます。

駐車場はありませんが、立ち寄って見る値打ちはある遺構と石組みです。

旅行日 2010.11.7

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)

「延喜式神名帳」- by ミクミティ (05/26)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/26)