一乗谷朝倉氏遺跡

復元町並みの正面から川を渡った場所に朝倉義景の館跡があります。発掘以前は朝倉義景の菩提寺として「正雲院」と呼ばれる寺院が建っていましたが、現在は福井市内の心月寺に移転統一されています。
画像

入り口には朝倉遺跡の紹介写真で有名な唐門。豊臣秀吉が朝倉義景の菩提の為に寄進したと云われています。表上部に朝倉家の「三ツ木瓜紋」裏には豊臣家の「五三の桐紋」があります。現在建っているのは江戸中期に福井藩主によって建て替えられた物だそうです。

土塁と濠に囲まれた敷地は6400㎡で17棟の建物が確認されています。門をくぐるとその広さには驚きます。
また主殿跡からは日本最古の10m程の花壇も発掘されています。花粉調査から菊・百合・油菜の花が植えられていたようです。いくつか草木を植えて再現していました。一番上の写真の中央右斜め下の長方形の部分です。
画像
画像
主殿脇から木立の中に入ると朝倉義景の墓があります。
元々は天正4年に地元農民が小さな祠を建てたのが始まりですが、江戸初期に福井藩主によって現在の墓塔が建てられたそうです。何となく古びた墓と薄暗がりに栄枯盛衰を感じます。
画像
画像
大野にも義景の墓がありますが、これは江戸中期に子孫によって作られたそうです。朝倉義景は身内の朝倉景鏡によって自刃に追い込まれ、その首は京で獄門に晒されましたが、首も遺体もその後は不明。信長がしゃれこうべで酒杯を作ったといいますが、自分や家臣でそれを使って飲んだというのは創作という説が有力です。

どちらにしても、宏大な屋敷跡を持った北陸の雄とも呼ばれましたが、最後は哀れな終焉ですね。

旅行日 2010.11.07




【戦国武将】 蒔絵 戦国武将紋 朝倉義景 【ap0917】 【トラック用品】 【トラックパーツ】
トラックショップジェット
戦国時代を華やかに駆けた武将たちの家紋や旗印が彩蒔絵シールでリアルに再現しました。シールサイズ約4c

楽天市場 by 【戦国武将】 蒔絵 戦国武将紋 朝倉義景 【ap0917】 【トラック用品】 【トラックパーツ】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 朝倉義景墓所
  • Excerpt: 戦国期、越前を治めていたのが朝倉氏。 朝倉氏の本拠は大野から西方の一乗谷で、5代約100年間勢威を誇っていました。5代当主・朝倉義景は織田信長に敦賀の刀根坂の合戦(斉藤龍興が戦死、美濃斉藤家の実質滅..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2012-10-05 08:47

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)

「延喜式神名帳」- by ミクミティ (05/26)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/26)