九頭竜湖

国道158号線を九頭竜川に沿って行くと大きな湖が広がります。名前は「九頭竜湖」。
ここは昔から岐阜とを繋ぐ街道でしたが、豪雪と険しい山で大変な場所でした。昭和42年に九頭竜ダムが建設され大きな湖が出現しました。
山奥特有の新緑の美しさ・燃えるような紅葉が美しい場所で、湖を中心にキャンプ場やスキー場が配されています。
画像
画像
画像
九頭竜ダムはロックフィル式のダムです。ロックフィルというのは石や岩石を積み上げて建設するダムです。黒部ダムのようなアーチ式・コンクリートダムとは違って地盤が軟弱な地に向いているそうです。、石積みが荒く見えますが景観は個人的に好きですね。
北陸や岐阜にはこの形式のダムが多く、御母衣(みほろ)・手取川(てどりがわ)も同じ形式です。高さは128メートル。


画像

九頭竜湖をこの時期走ると紅葉が美しいのですが、途中途中に車を止める場所にはそれぞれの景観地があります。
僕の好きなスポットは「九頭竜湖・ダム」「箱ヶ瀬橋(夢の架け橋)」
「箱ヶ瀬橋」は、瀬戸大橋の試作として造られた物ですが、湖面に浮かぶ姿は綺麗ですよ。新緑や紅葉に冴えるんですよ。


和泉村にある「道の駅 九頭竜湖」も九頭竜湖の山越え前後の一服に最適です。ティラノサウルスの親子のモニュメントがお出迎えしてくれます。
ただし、雪の積る時期は倉庫で冬眠してるそうなのでご注意を^^;
画像


旅行日 2010.11.07

追加 先日(H24.6.24)、昼間にこの道の駅に立ち寄ったんですが、いつものごとくトイレ休憩ついでに親子をボーっと眺めてソフトを買いに行こうと背を向けた瞬間、いきなり後ろから「ガオ~~!!」の絶叫音 思わずビクッ
いつも、季節外れや夕方に立ち寄っていたから、全然知らなかったんですが、、、、、なんとこの親子は動くは声を出すとなかなか凝ってるんですねえ、思わず親子の前にしばらく佇んでしまいました^^
でもホントにビックリのド迫力でした。親ティラノが口を開くと凄いんですよ@@;
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 刀利ダム
  • Excerpt: たまたま、仕事で国道304号線から富山との県境まで行く用事がありまして、時間もあるので南砺市から湯涌経由で戻ることに。。あいにくの小雨模様の天気でしたが、山裾からの砺波平野の緑が綺麗に観られました。も..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2016-10-07 11:56

最近のコメント