卯辰山三社

金沢の卯辰山の菖蒲園にある鳥居をくぐって梅林園に着くと、長い急な石段が見えます。この石段は三つの坂で構成されていて、各々「一の坂・二の坂・三の坂」の名称がついています。登るのにもなかなかの体力が必要です。途中には庭園跡や大村益次郎と共に兇刃に倒れた安達幸之助(徴兵令・廃刀令などを立案した人物)の碑(撰文は勝海舟)、北越戦争の戦死者碑など興味深い物が多くあります。
画像

この長い石段を登りきると三つの神社の建物があります。豊国神社・卯辰神社(天満宮)・愛宕神社(愛宕白山社)がこの内訳です。
豊国神社は、元々2代藩主・前田利長が利家の遺志をついで豊臣秀吉を祭神として木像を修めて創建したのが始まりですが、途中から3代利常も祭り、江戸期を通じて「山王社」の名称で幕府の目を逃れていました。代々藩主には産土神として崇敬されていました。神社拝殿の裏側の本殿の庭を覗くと、豊臣家の五三桐の家紋が多く配されていました。明治になって幕府の眼もなくなり、改めて豊国神社と名称を改めました。明治中期20年程、金沢の中心街の尾張町に移っていましたが、その後この地に戻って造営されました。
画像

上杉謙信が七尾城攻めの本陣を置いた場所に建てられたのが卯辰神社の始まりですが、江戸末期に兼六園の竹沢御殿にあった天満宮を移築し、撫育所の守り神としました。加賀前田家の祖先とした菅原道真を主神にしています。
画像

愛宕神社は卯辰山系の別の場所で愛宕白山社として慶長5年(1600年)に創建されていました。当時の武士が誓約や決意表明の際「「山城の愛宕権現 、加賀の白山権現よ、照覧あれ」と名にもされていました。
明治になって豊国神社と合祀されましたが、有志によって社殿を造営したもので卯辰神社横にひっそりと建っています。
画像

もうひとつ境内には貴重なものがあります。
世阿弥の作として、能の代表曲の一つで「井筒」というのをご存知でしょうか?伊勢物語の在原業平の妻を描いたものですが、亡霊の妻が覗き込む井戸の囲い(井筒)。これが卯辰神社前にあります。奈良の在原寺から持って来たものだそうです。
画像

残念なのは訪れる人が少ないせいか、整備が行き届いておらず。もうちょっと手を加えた方が良いかも。反面、静かに散策できる場所でもあります。
登りの辛い人は、豊国神社の裏側にも入り口があります。覚林寺近くの急カーブにある鳥居が目印です。

旅行日 2011.3.19

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

  • 昭和の豪姫

    いつもながら、唐突な質問です。
    つとつとさんの「豊国神社は、元々2代藩主・前田利長が利家の遺志をついで豊臣秀吉を祭神として木像を修めて創建したのが始まりですが、途中から3代利常も祭り、江戸期を通じて「山王社」の名称で幕府の目を逃れていました。」
    とありますが、利常を豊国神社に祀ったのは、綱紀ということでしょうか。やはり利常の遺言でしょうか。利常は利家と利長の意思を継いで秀吉を祀るのは理解できるのですが、利常が豊国神社に祀られるのはちょっと奇妙かなと思いまして質問しました。
    2021年04月09日 16:23
  • つとつと

    昭和の豪姫さん
    ご無沙汰してます。お元気でしたか?
    正確に言うと、豊国神社の名は明治以降の物で、江戸期は卯辰山王社と号していたようです。利常の代には利長の像も納めていたようです。当然ながら、利常の像は綱紀になるんでしょうね。当時は利常がメインで後ろに豊臣秀吉だったのではないかと思われます。
    隣の卯辰神社(旧卯辰天神社)は江戸後期に表向きには、撫育所の守護神としています。藩主の福祉事業と云える撫育所や養生所の創始の伝統は、綱紀の創始となる御小屋を見習ってはじめたものですから、、、でも、名が示すように実際には前田利家でした。
    江戸末期には藩財政の困窮から、藩士の寄進が減って卯辰八幡宮の荒廃が進んだために、急遽、竹沢御殿の部材で造られたもので、前田利家の神像も移しています。ですから、幕末には隣の卯辰天神社に初代・利家、山王社には豊臣秀吉とは別に、二代・利長、三代・利常と初代から三代の加賀藩の伝説的創建者が揃い踏みしていたことになるんです。尾山神社が完成した時点で三人が遷座していますから、改めて豊臣秀吉が前面に出たと思われます。
    尾山神社でこの辺は少しだけですが触れています。
    https://72469241.at.webry.info/201911/article_3.html
    2021年04月09日 21:09
  • 昭和の豪姫

    つとつとさんへ
    いつもご親切にお教え頂きありがとうございます。
    八丈島への「豪姫椿の植樹」は5月を予定してましたが延期になりました。今年秋かはたまた来年になりそうです。
    豊国神社と言えば利家・利長は理解できるのですが…。
    前田家創建者3代をお祀りしたというわけですね。
    2016年9月の北國新聞で宇多須神社の本殿から利常書状がワンサカ、奉納刀が4振り見つかったというお話で、その一つが秀吉から秀家ヘ、そして豪姫が宇多須神社へ奉納したのではないかという森宮司のコメントにワクワクしていろいろ調べております。野田山墓地のとんでもない大きな豪姫の五輪塔は利常が建立ですか?利長が利常に家督を譲るときも豪姫が少なからず後押ししたことをつとつとさんから知り、卯辰山王社に利常が祀られているとのことも。昭和の豪姫としてはうれしい限りです。
    2021年04月10日 10:30
  • つとつと

    昭和の豪姫さん
    椿の植樹は延期ですか、、色々な所で今回の頃なの影響が及ぼされているのですね。
    まだまだ、これからも新資料が出てきそうですね。。利常(寛永6年まで利光)の書状は越中瑞泉寺で観たことが有りますが、けっこう筆まめだったようです。
    先日まで金沢城を書いていて、色々調べていたら、昨年夏に高野山の豊臣家墓所の11基の五輪塔の一つを豪姫建立(逆修建立)と断定したというのを聞きました。大阪夏の陣直前の建立で詳しい発表が待たれます。
    野田山の五輪塔は位置的には利常建立と断定したいのですが、豪姫墓所の江戸期を通じての管理は大蓮寺と前田修理家が管理担当しているので、100%そうだとは言いづらい所です。ちなみに前田修理家は利家の兄・安勝、利好親子の家が断絶するときに利家三男・利包(知好)が石動山から還俗して家を継ぐ形で出来た家です。利常就任後に知好とはゴタゴタがあったんですが、この辺りの縁がどうも不明なんです。まだ勉強中です。
    2021年04月10日 16:54
  • 昭和の豪姫

    つとつとさんへ
    色々と情報をありがとうございます。
    高野山の豊臣家墓所内に、豪姫が生前供養をして建立した五輪塔の記事御存知だったのですね!私は今年の2月にネットで偶然知りました。
    豊臣家滅亡の1ヶ月前に建立とのこと。
    今度、木下浩由先生のご案内で高野山参詣の予約済みでございます。
    木下先生は今年秋に雑誌?か何かに出版されるとのこと!!
    今からワクワクしてます。

    2021年04月10日 17:26
  • つとつと

    昭和の豪姫さん
    金沢城の事を書こうとすると、どうしても三代の事がメインになるために、少し調べていた時に、たまたまなんですが、高野山の豊臣家墓所の五輪塔の記事が目に付いたんです。不明だった豊臣家ないの主要人物の五輪塔の人物がどんどん判明しているようです。一か月後には鶴松の五輪塔も確定したようですね。責任者の木下先生自らの案内なんですか@@いいですねえ^^
    秋の出版ですか、それは楽しみです。
    2021年04月11日 15:26

この記事へのトラックバック

  • 尾﨑神社
  • Excerpt: 黒門前緑地と同じ並びの西側にあるのが「尾﨑神社」 塀垣や社殿が朱色に塗られていて、古風で落ち着いた神社が多い金沢の中でも異色な神社です。
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2014-12-16 08:53
  • 中村神社拝殿 (旧金沢城二の丸舞楽殿・旧卯辰山招魂社拝殿)
  • Excerpt: 今年の春に金沢城の玉泉院丸が復元公開されました。次の復元は玉泉院丸と金谷御殿の間の堀を繋いだ鼠橋や鼠多門ということで計画が進んでいるそうです。そうなると、金沢城と尾山神社が繋がることになります。 近..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2015-08-15 15:07
  • 月照寺 玉泉寺
  • Excerpt: 以前ご紹介した加賀八家・前田対馬守家の菩提寺・玉龍寺。金沢に多くの寺院が林立する寺町に隣接する野町にあり、周囲に多くの寺院が林立します。加賀藩三代・前田利常を養育した前田長種を祖にしています。
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2017-10-26 13:05

最近のコメント

「歌占の滝」- by つとつと (05/15)

「歌占の滝」- by yasuhiko (05/14)

「津田玄蕃屋敷~陸軍第九師団長官舎」- by つとつと (05/08)

「歌占の滝」- by つとつと (05/08)

「歌占の滝」- by ミクミティ (05/08)