巴塚 葵塚

埴生八幡からの源義仲軍の進撃路は3路と云われています。
一つは現在はふるさと歩道とよばれ、毘沙門川を経由して埴生大池を抜ける険しい迂回路。現在も車が一台がやっとの幅で山間を上り下りします。
更に当時の北陸道で、長坂山を越える縦貫路。近年までこの道に茶店もありました。現在は山越え部分が「いにしえの街道」として保存整備されています。義仲の本軍はここを進んでいます。
そしてもう一つが古代北陸道でこの合戦で一番重要な役を演じた樋口兼光が進んだ道です。この樋口兼光は同じ源義仲四天王の今井兼平、巴御前の兄になります。更に子孫には樋口与六のちの直江兼続がいます。ここは現在の車道の源平ラインがこの道をなぞる様に作られています。
画像
画像
画像
この源平ラインを進んで山に入る手前の堤池の脇を入って行ったところに塚があります。それが葵塚と巴塚です。
堤横の道から真直ぐ登ったところに巴塚があり、分かれ道から回り込むように登ったところに葵塚があります。ちょうど位置的には隣り合うような場所にあります。

巴というのは巴御前のことです。源義仲の愛妾で武勇でも特出される女性として有名です。
義仲は強い女性が好みだったようで、京への遠征軍にも3人の愛妾を従軍させています。それが巴・葵・山吹御前です。この3人共に戦女として鎧着用で戦闘に参加した女傑です。
あまりに巴御前が有名になりすぎて他の二人はあまり知られていませんが、勇ましさは葵・山吹も優れていたようです。
ちなみに義仲の正室は藤原伊子といって義仲が京都上洛後に摂関家から娶ったものですが、彼女は義仲の死後、源通親の側室となって子をなしています。その子が曹洞宗の開祖・道元です。

山吹は京都まで行軍を共にしましたが病をえてしまい、義仲が義経・範頼軍に対して出陣した際は行動を共にできませんでした。
しかし義仲軍の敗走を知り大津・秋岸寺まで追いかけましたが、すでに義仲は敗死した後で、山吹もここで殺されたとも菩提を弔って出家したとも言われています。現在、大津駅前の片隅に小さな地蔵尊の祠堂がありますが、山吹御前を祀ったものだと云われています。

さて今回の主役の一人・葵御前ですが、この倶利伽羅合戦で戦死しています。
詳しいことは解っていませんが、義仲の愛妾の一人で信濃の人ではないかと云われています。

この女性と仲が良かったのが巴御前です。巴は義仲と最後まで行動を共にしました。
樋口兼光・今井兼平・巴の母親が義仲の乳母だった関係で、幼いころから同じ屋根の下で育ったようです。騎馬弓術ともに優れ、勇猛果敢・才色兼備と源平盛衰記では強いヒロインとして描かれています。
粟津では義仲に諭されて落ち延びていましたが、その後鎌倉に召喚され和田義盛と結婚し朝比奈義秀を生んだと云われています。
和田合戦で和田義盛が敗死した後、義仲軍で共に戦った越中・福光の石黒氏を頼り、一宇の寺で義仲軍の戦死者を弔って91歳で亡くなったそうです。
遺言で仲の良かった葵御前の塚近くに葬ることを希望し、現在の場所に眠っています。
塚のある場所は暗い山の中ですが、塚からは小矢部の町が遠望できるところです。

ここまでの話は多くの伝承があるので巴の墓も何か所か伝えられていますし、存在や変遷も実際のことは解りませんが、多くの苦難を経験した彼女が友達の葵と眠るというのも信じてみたい話です。

旅行日 2011.4.19




木曾義仲と兼遠の子供達 / 今井信雄 【単行本】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル文芸フォーマット単行本出版社文芸社発売日2012年04月ISBN978428611

楽天市場 by 木曾義仲と兼遠の子供達 / 今井信雄 【単行本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • がにちゃん

    3人もの戦女が・・・巴御前だけしか知りませんでした
    系図書かなければ頭の中では迷路状態になりそうですね
    私でも名前知ってる方がどこかで繋がっているっておおっ!!!って感じです
    滋賀県の行けなかった所、また 帰ってきて行ってください
    いいところですよ
    2012年09月21日 22:07

この記事へのトラックバック

  • 埴生護国八幡宮~砺波の関~倶利伽羅不動尊・鳳凰殿
  • Excerpt: 嫁さんが頭の中で膨らませた如来寺の牡丹はちょこっと空振りだったため、盛りは過ぎてるだろうけど倶利伽羅の八重桜を観に行こうと意見の一致をみました。山側環状から国道359号を経由して小矢部に廻って倶利伽羅..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2014-06-25 09:54
  • 宮崎城址
  • Excerpt: 平安末期から鎌倉初期にかけて、越中最東部・黒部川東部一帯を支配していたのが宮崎党でした。北陸宮の御所警護の名目で築かれたのが、城山(当時は八幡山、脇子山)山頂の宮崎城になります。
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2017-08-17 09:49

最近のコメント