金谷山スキー場

1911年1月12日、オーストリア=ハンガリー帝国の軍人・レルヒ少佐(テオドール・フォン・レルヒ)によってこの地で日本に近代スキーが伝えられました。その為、この金谷山は「日本スキー発祥の地」とされています。
画像

今年がちょうど100周年で、高田市内でイヴェントが開かれていたそうです。新潟出身で近くの関根学園に1年間在学した皆川健太郎・上村愛子夫妻や天地人に出ていた加藤清史郎君が花を添えていたそうです。
観たかったなあ^^;

当時、日本は日露戦争で勝利、世界各国から注目を集めた時期で、各国の軍事使節や軍事研究に訪れており、レルヒもその一人でした。
レルヒ少佐は自ら北方軍を希望し第13師団が置かれた高田に赴任しました。国内では八甲田山事件もあり、雪中行軍の難しさに直面していた当時の師団長・長岡外史はレルヒにスキー技術の教示を依頼したそうです。
レルヒ少佐はアルペンスキーの開祖と云われたマティアス・ツダルスキーの高弟で有名な人物だったようです。それを見越してスキーを用意して待った長岡外史も新規に優れた人物だったようです。
画像

レルヒ少佐の「メートゥル・スキー(スキーを履きなさい。)」に始まった14人の将校達へのスキーの教練が高田のスキー隆盛に繋がりました。その後、将校夫人達へ、郵便配達夫・警察官へと広がって行きました。更に裾野は広がり、高田市民にも大きく広がり、レルヒが教示した1か月後には「高田スキー倶楽部」が発足したほどです。

レルヒは1年で旭川に赴任し帰国しましたが、毎年2月12日にその功績をしのんで「レルヒ祭」が行われています。また「日本スキー発祥記念館」の施設ではレルヒの資料・遺品が展示されています。レルヒが描いた水彩画はごつい顔とはちがった優しいタッチが目を惹きます。
画像
画像
スキー場には以前はジャンプ台もありましたが、今はレルヒ像の横に残骸があるのみです。ですが、上越市出身の佐川急便創業者・佐川清が寄贈したボブスレーコースは健在です。夏場も滑り台代わりで歓声が上がっています。
画像

僕の妻も高田市出身で子供の頃、小中学のスキーと云えばこのスキー場で滑ったそうです。余りメジャーではなく、スキー場は初中級者向けですが、27度斜面の挑戦コースもあります。

追記 ついつい高田市と書いてしまいましたが、昭和46年に高田市と直江津市が合併して「上越市」となって現在に至っています。僕の小学校時代、社会の地図帳には雪の降雪量が半端ではないグラフが。。ずっと日本一の雪の場所というイメージが^^; 前職時代、上越への転勤の打診を聞いて、馴染みのない名前になにげにウンと云いましたが、高田と聞いていたら絶対拒否したはず、そしたら今の嫁さんとも出会わなかったかも^^;
わずか、3か月しか住まなかったんですが(すぐに新潟市に転勤)、住んでみると雪は凄かったけど、すごく良い所で気に入っちゃいました^^;

旅行日 2011.6.19

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント

「日用(ひよ)・苔の里①」- by tor (07/02)

「日用(ひよ)・苔の里①」- by がにちゃん (07/02)

「日用(ひよ)・苔の里①」- by 藍上雄 (07/02)

「おしらせ」- by イータン (07/01)

「おしらせ」- by ミクミティ (06/30)