能登島ガラス美術館

能登島の観光施設は「能登島水族館」と「能登島ガラス美術館」を中心に置いています。能登島水族館は日本海側最大の水槽を持つています。日本最大級の1200t・22mのトンネル水槽。海藻が生い茂る水槽。
イルカプールが見所です。また昨年10月にジンベイザメ館が新設されました。

今回は時間もなかったので10年ぶりに美術館を訪れることにしました。
能登島ガラス美術館は水族館から西にある小高い丘の上に、平成3年に造られました。建物も幾何学的な宇宙を連想させるような感じです。館内の作品だけでなく、建物や館外オブジェを観て廻るのも楽しい世界です。
画像
画像
現在、開催している20周年記念展覧会は「鏡のアート」。
ギャルリーヴィヴァンの現代万華鏡コレクション 大小様々な形の万華鏡が展示されており、一つ一つ自分で操作しながら覗き込むと美しい花の世界が観られます。中には果物や寿しを変化させたもの。便器の中を覗き込むと云った変わり種もあります。
万華鏡は子供だけでなく大人にもワクワクとした感覚をもたらしてくれますねえ^^

富山市在住の現代ガラス作家・本郷仁氏の作品 鏡の形や組み合わせや光の屈折を使った作品群 現実感を持たせるものや幻想的なもの 自分自身が鏡のオブジェに入ったりライトを当てたりして体験できます。ミラー芸術は作品鑑賞ではなく作品体験の要素が強く興味深い物です。

常設展示は現代ガラス工芸品が並ぶのですが、今回は先に開催された清朝のガラス工芸作品と次回のダリ・シャガール・ピカソのデザイン作品も同じスペースに展示されていました。

それにしても、こういう場所に来ると、日頃美術館・博物館の作品は興味があるもの以外(約8割^^;)はチラ見で、さっさと僕を置き去りにする妻と娘ですが、あんなにシゲシゲと見入っているとは@@ 女性陣の光り物への執念か。。。
画像

丘の下にレストハウスがあるんですが、その隣に木造建物のガラス工房があり、多くのガラス職人が作業しています。もちろんガラス製作の体験もできます。工房の横に工房直営の販売店もあります。 
美術館とは対照的な古風な建物なので、レストハウスだけ見る人が多いですがもったいない。是非忘れずに覗いて観て下さい

能登島ガラス美術館  http://www.city.nanao.lg.jp/glass/
能登島ガラス工房   http://www.notojimaglass.com/index.html
のとじま水族館     http://www.notoaqua.jp/

旅行日 2011.8.6

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント