増穂が浦海岸 世界一長いベンチ

能登金剛の景勝地、巌門と痩せの断崖のある関野鼻の間に弓形のように広がる砂浜が「増穂が浦海岸」です。古くは渤海の使節船が寄港する港も近くの福浦と共にここにありました。

能登屈指の美しい砂浜と黒松林が約4キロ続く美しい海岸で「日本の水浴場55選・88選」にも選ばれて、人気の海水浴場にもなっています。
また「サンセット ヒル イン 増穂」と呼ばれるほどの夕陽の名所でもあります。
画像
画像
冬には強い風に打ち上げられる桜貝・忘れ貝などがある事でも有名です。その種類は600以上と云われています。鎌倉の由比ヶ浜・和歌山の和歌の浦と並んで「日本小貝三名所」とも云われています。冬に来ると子供連れの家族が貝拾いをしている微笑ましい姿がよく観られます。また明治以降、三十六歌仙貝として宮中に献上されているそうです。
画像
画像

この海岸を見渡せる遊歩道の上に延々と続く木のベンチがあります。その長さ460.9メートル。着座数1346人という記録を持っています。これは世界記録なんだそうです。ということで「世界一長いベンチ」の名称で、端に立っても反対の端っこが見えないほどの長さです。このベンチはどこに座っても広い砂浜と海、夕陽が眺められるものです。考えた人は素晴らしい^^V
このベンチに座っていると、広い砂浜海岸とその向こうの海、振り返ると遊歩道に沿った松林、時間がゆったり流れるように感じられます。訪れた際にはぜひ座って観て下さい。もち寝そべってもOKです。

遊歩道の中途に観音像と歌碑があります。
若い方は知らないかもしれませんが、菊池章子さんや先日歌手活動を引退した二葉百合子さんが歌った「岸壁の母」の歌碑です。「岸壁の母」のモデルとなった端野いせさんは旧富来町風無地区で生まれたそうです。
話の舞台は舞鶴ですが、端野さんの生まれ故郷として顕彰されたそうです。昭和56年に端野さんは息子さんに会うことなく亡くなっていますが、平成になって息子さんが上海に生存していたというニュースがありました。
画像


旅行日 2011.10.1





菊池章子 「星の流れに」C/W「岸壁の母」カセットテープ
演歌ラ屋「栄陽堂」
2005.12.07発売[収録曲目]1.星の流れに 2.岸壁の母 3.星の流れに(カラオケ) 4.岸





[CD] 二葉百合子/特選・歌カラベスト3 岸壁の母/関東一本〆/雑草のうた
ぐるぐる王国 オレンジ DS
詳しい納期他、ご注文時はお支払・送料・返品のページをご確認ください発売日2003/6/4二葉百合子/



この記事へのコメント

  • 流布院

    ここもいつかは訪れようと思いながら、完全に忘れていました。
    うーん
    2012年10月05日 23:05
  • つとつと

    流布院さん
    (笑)海浜道路が出来てから、意外にこちらを通る人が少ないんです。
    だから県人でも忘れてる人が多いですよ^^;
    でも、四季を通して、その季節ごとに違いを感じられる良い場所です。
    2012年10月06日 14:51
  • tor

    富来町だったのですね。富がやって来そうな町ですね。この長いベンチ設置の由来が気になります。確かにどこに座っても素晴らしい景色が見えるのでしょうが…。熊本県も細川知事の時代に県内各市町村に日本一を作ろうという政策がありましたが…。当時は大分平松知事が一村一品とかの政策で、対抗したのかも…?そのときできた釈迦院へ続く3,333段の石段は日本一です。一気に駆け上がる大会があり、私のランニング仲間が初代チャンピオンです。
    2018年11月03日 20:34
  • つとつと

    torさん
    H23に富山県南砺市の瑞泉寺前に記録を抜かれましたが、そこまではギネスにのっちました。まあ、ホントの世界一はブルガリアのようですが。。瑞泉寺のある城端は彫刻の町で、現在の寺院彫刻の多くは城端の関係です。けっこう見所の多い町でまた機会があったら紹介しますねえ^^
    世界一長いベンチは昭和62年、海浜道路が出来て通行量が減った観光道路だったこの道の魅力アップに町内ボランティアが作成したものです。潮風に当たるので補修が大変なようですがこの時期からライトアップもされています。
    夕陽が海に沈む姿が美しい海岸なんですよ。
    2018年11月06日 10:58

この記事へのトラックバック

  • ヤセの断崖
  • Excerpt: 門前から、また海岸線を走って富来へ 富来町(とぎまち)は、今は市町村合併で志賀町(しかまち)となりました。 風光明媚な海岸が有名です。巌門(がんもん)・関野鼻(せきのはな)・福浦港・増穂浦海岸など..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2012-11-16 02:05

最近のコメント