城山展望台

七尾城址の本丸駐車場を更に車道を進んでいくと右手に駐車場と公衆トイレの広場があり、広場手前を左折して登ったところにあるのが城山展望台です。
画像

この展望台のある位置は七尾城よりも東北の位置にあり、標高も100メートル程高い位置にあります。七尾城から能登の風景も素晴らしいけれど、この展望台からは天気が良いと東南に富山湾や更にその向こうの冠雪した立山連峰が観ることができます。眺望では能登一番だという人も多くいます。七尾市では一番高い位置になることもあり、ラジオ局の中継アンテナが設置されている場所でもあります。
画像
画像

また、南西方向には七尾城の本丸が遠目に見ることができ、自分が観てきた七尾城が遠目ですが綺麗に見られる場所でもあるんです。是非、立ち寄って観る価値はあると思います。

この展望台は七尾城・三代城主の三男・畠山義智から続く松波城(現能登町)畠山家の18代目・畠山一清氏が建てたものです。ちなみに畠山一清氏はポンプや風水力機器で有名な荏原製作所の創立者です。
コンクリート造りのちょっと洒落た七角形の建物です。中心の角柱には七尾や能登畠山氏の由来や説明が書かれています。これはなかなか詳しい内容で改めて勉強になります。
画像

駐車場から展望台に向かう通路には多くの木々や躑躅が植えられており、春には躑躅が美しく、秋は紅葉と野紺菊(ノコンギク)が咲き乱れています。春秋に訪れるのがお奨めです。
画像

旅行日 2011.11.02



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)

「延喜式神名帳」- by ミクミティ (05/26)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/26)