桜町遺跡

昭和63年に国道8号線の増幅工事に伴って発見されたのがこの「桜町遺跡」です。以前から縄文遺跡があることは予測されていて、前々年に行われた試掘では1万2千年前の縄文草創期から2千年前の晩期までの縄文時代を通じての重層遺跡だということが解っていました。
画像

金沢方向から国道8号線の源平トンネル・小矢部トンネルを抜けた辺りから道の駅「メルヘンおやべ」の辺りが桜町遺跡の縄文時代の遺跡だとされています。

桜町の交差点辺りが縄文初期の遺構で、その後石川に向かって中・晩期の遺構が谷川に沿って広がって行ったようです。中後期には石川にもある環濠型遺構や同種の土器・北陸特有のウッドサークルが発見されて交流が伺えます。
画像

この「桜町遺跡」が一躍注目されたのは、平成9年の第2期発掘で2300年前の高床式建物跡の遺構と加工された柱材が発見されたからです。それまでの定説では大陸から米作と共に弥生後期に高床式建物が伝えられたと考えられていました。ところが定説を2000年も上回る縄文晩期に高床式建物が存在したことが確認され、同時期に日本各地の縄文遺跡から稲の痕跡が確認され定説が大きく変わったきっかけになりました。
画像

その後も籠・笊の発見、漆塗の土器、祭祀用と思われる彫刻装飾の柱などの発見、Y字に加工された謎の木材の発見。その意味でも縄文全期を通じる遺跡としてまだまだ新発見を期待されています。

桜町の交差点を右折したところに「桜町JOMONパーク」があります。
これまでの土器・石器・装飾木柱など発掘品の一部が展示されており、屋外には復元された高床式建物・環状木柱列などが屋外展示されています。
但し、12~2月の冬季間は資料館は閉館しているそうです。
    http://www.city.oyabe.toyama.jp/sisetsu/jomon/jomon.htm
画像


パークの他に木曽義仲が倶利伽羅合戦で本陣を置いた埴生八幡宮の近くの「小矢部ふるさと歴史館」にも桜町遺跡の出土品が展示されています。こちらには謎の「Y字型木柱」があります。
http://www.shokoren-toyama.or.jp/~oyabe/rek.html

この二つの施設の共通点でお勧めなのが、管理事務のおば様(けして、おばあ様と云ってはいけません。)
北陸の中で一番心持が良くて優しいのが富山西部。特に砺波・小矢部の人と云われています。そんな小矢部の女性の典型みたいな人たちです。
歴史話でなくても世間話をしていても、ニコニコしてお相手してくれます。ゆったりお話をして観て下さい^^ 越中美人の良さが解りますよ^^
画像


旅行日 2011.11.26

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • チカモリ遺跡
  • Excerpt: 金沢にある国史跡「チカモリ遺跡」は縄文末期(BC3000~2300年)から晩期にかけての集落遺跡になります。 チカモリ遺跡のある金沢市の西南部に当たる場所は、近くには同時期の遺跡で土器・石器が1..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2017-02-17 01:59
  • 宮島神社 岩抱きのけやき
  • Excerpt: 宮島峡の一の滝から少し下流に向かって公民館の手前を右折すると宮島神社があります。 宮島神社は子撫川(こなでがわ)を中心に山間に点在する宮島二十五村の惣社とされています。総社と惣社は現在は同義語扱いで..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2018-09-04 12:46

最近のコメント

「金沢城 鼠多門・鼠多門橋」- by 家ニスタ (08/13)

「金沢城 鼠多門・鼠多門橋」- by つとつと (08/13)

「金沢城 鼠多門・鼠多門橋」- by つとつと (08/13)

「金沢城 鼠多門・鼠多門橋」- by つとつと (08/13)

「金沢城 鼠多門・鼠多門橋」- by 家ニスタ (08/12)