大野湊神社

今年(H24)の初詣は久しぶりにこの神社にやってきました。

大野湊神社」は、名前の通り湊町の大野・金石の守護神社として崇敬された神社です。現在も航行安全や金石町の総神社として存在しています。
また表参道の入口鳥居が金沢西警察署の横にあるので、交通安全のご利益があるとして人気があります。
画像

創建は神亀4年(727年)と云われていて、創建当時は金石港の宮腰の佐良嶽に鎮座していたと云われています。平家物語にも地名が載っていますが、源義経が東北への逃避行の際、安宅の関からここまで来て一泊したという伝承があります。義経はここから鶴来の金剣宮に詣で鶴来街道から倶利伽羅越えで向かったとも、宮腰から出帆し能登で嵐に遭ったとも言われています。

その後、佐良嶽の地は度重なる嵐と浸食で神社ごと海中に没したと云われていますが、再建後の鎌倉時代中期・建長4年(1252年)に社殿が燃え、現在地に遷座したそうです。南北朝・戦国期は戦乱で荒廃しましたが、天正11年(1583年)前田利家が任国・金沢入城の際に宮腰の湊から入り大野湊神社で兵を整えたことから崇敬を受け、社殿再興や寄進を受けて復興、その後北前船による金石の隆盛で発展した神社です。
画像
画像

大野湊神社には大小の祭礼がありますが、人気のある祭礼が二つあります。
一つが毎年5/15に境内にある能舞台で行われる「寺中の神事能」。前田利家が寄進して本殿が復興後、元々舞楽が行われていたものが神事能として再興されたのが始まりですが、慶長9年(1604年)に前田利長が戦勝祝として本殿修復・拝殿増設を行った際に能舞台・楽屋の造営を行い、名実ともに神事能がここから正式に再興されたとされています。利長の造営から毎年「神事能」は興行され、その興行数は400回を超えています。神事能には金沢能学会・加賀宝生会が出演しており、金沢市の指定文化財に指定されています。
更にもう一つが夏季祭礼。大野湊神社には護國八幡大神(応神天皇)・天照皇大御神・佐那武大神(猿田彦)の三祭神が祀られているのですが、先に書いたように八幡社に天照皇大御神・佐那武大神が遷座してきたものです。8/1~3までこの二神が元の金石港の仮社に神輿で運ばれるものです。ようは神様のお里帰り。この期間、大野・金石の町は曳山・太鼓台、獅子舞などの祭礼で賑わいます。この祭礼全体も金沢市無形民俗文化財に指定されています。

更に日本一と云われるものが一つ。幅14.3メートルの源平盛衰記を基にした大絵馬もあります。
画像
画像
北陸の神社は冬場は雪対策で雪囲いをしています。ここもそうで、ですから拝殿なども囲い出入り口が小さく見えます。しかも海が近いからとにかく寒い><できれば、春や夏がお奨めです。
自動車で神社まで入るには狭い鳥居や入り組んだ道を通らねばなりません。初めてだと分かりづらいと思います。前に紹介した「銭五の館」横の駐車場に停める方が便利だし、公園通路から記念館横の裏参道から入ると解りやすいと思います。

大野湊神社  http://oonominato.web.fc2.com/

旅行日 2012.1.4

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 本龍寺 銭屋五兵衛の墓所
  • Excerpt: 金沢西警察署を更に西に向かうと、江戸期に北前船の港湾として栄えた宮の越(金石)の町になります。
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2013-09-21 13:02
  • 菅生石部(すごういそべ)神社 加賀二の宮
  • Excerpt: 前回紹介した大聖寺関所から東に向かうと、菅生交差点で三叉路になります。南に向かうと加賀温泉郷の山中温泉や山代温泉への街道だった国道364号線になり、北に向かうと北国街道の本道となる県道145号線になり..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2016-02-19 15:14

最近のコメント