国泰寺 高峰譲吉の菩提寺

金沢の広小路を東に登った蛤坂の交差点を南に入る旧北国街道の通り。
ここには金沢の人気観光スポットのひとつの妙立寺(忍者寺)がありますが、妙立寺を通り過ぎ更に100メートルほど進むと、左手に国泰寺という寺院があります。
画像

この国泰寺が「タカジアスターゼ(消化薬)」の発明で有名な高峰譲吉の菩提寺です。高峰博士の墓所はアメリカのウッドローン墓地と東京の青山墓地にあります。臨済宗国泰寺派の寺院です。
画像

本山の国泰寺は富山県高岡市にあります。元々高峰譲吉は高岡の生まれで、父親は高岡の町医者で高峰精一といって、譲吉が1歳の時金沢に転居して加賀藩の御典医になったという経緯もあり、菩提寺の国泰寺も高岡から分派したもののようです。
境内には高さ16メートルのイチョウや楓の木があり、秋に訪れると紅葉の美しいお寺です。
画像

高峰譲吉はアメリカに長く過ごした間、アドレナリンの結晶抽出による止血剤販売・日本初のアメリカ特許取得など多くの業績と財を残しています。
アメリカとの友好にも尽力して、当時の東京市長・尾崎行雄と共にワシントンD・Cのポトマック河畔の桜並木の寄贈などでも知られています。
今年、この桜寄贈100周年ということで、高岡や金沢ではいろいろな記念行事などが考案計画されているそうです。また映画もこれを狙ってか、平成20年、昨年と「サクラサクラ」「TAKAMINE」と公開されました。映画の方はいまいちパッとしませんでしたが、話題性には貢献したかも^^;
「サクラサクラ」 http://sakurasakura.jp/
「TAKAMINE」 http://j-takamine.com/

金沢市内には高峰譲吉のゆかりの地がいくつかありますが、ここの他に大手掘りの近くと武蔵が辻のエムザの傍に旧邸宅跡地があり、大手掘りの最西側の黒門緑地に旧邸宅を移築したものがあります。黒門緑地にはポトマック川の桜の枝から育成した桜があり、隠れた桜の名所にもなっています。機会があったらまた紹介しますね。
高峰譲吉の資料や蔵品などは21世紀美術館と金沢市役所の間を入っていくとある「ふるさと偉人館」に常設展示されています。

高峰譲吉→http://www.npo-takamine.org/

旅行日 2012.01.11

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • go

    つとつと様、おはようございます、何時も興味深い郷土の歴史を勉強させてくださって有難うございます。
    先日のこと、寺町一丁目〰蛤坂交差点〰六斗の広見〰沼田〰寺町一丁目のコースでウォーキングしました、忍者寺を過ぎて六斗の広見の手前で偶然に高峰譲吉氏の菩提寺の石碑をみました、予期していなかったのでびっくりしました。石碑に白い萩の花が差し掛かり奇麗でした、とても印象的でしたよ。
    数日後に再度訪れた時には玉泉寺の新社殿で信長公の祀る祭例が営まれていて太鼓の音がして、屋台の店も有り賑やかでした。
    2012年10月23日 09:23
  • つとつと

    goさん
    車だとなかなか見られなくて、あの辺りはやっぱり歩かないとだめですねえ。しばらく、ご無沙汰していた場所です。

    新社殿が出来ていたんですか?それは観に行かねば^^/
    玉泉院(永姫)は信長の息女ですから、信長の祭祀はきっとあるんでしょうね。昔は信長の肖像画もあったと聞いています。

    耳寄りな情報ありがとうございます^^
    2012年10月23日 18:01

この記事へのトラックバック

  • 黒門前緑地
  • Excerpt: 金沢城の北西の出入口となる黒門。江戸期以前は西丁口と呼ばれていました。 金沢城の正門は尾坂口の大手門ですが、金沢御堂時代や佐久間盛政の居城時代はこの西丁口が正門となっていました。加賀藩時代には改修と..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2014-12-12 05:23

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)

「延喜式神名帳」- by ミクミティ (05/26)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/26)