越前大野城

越前大野城(別名:亀山城)は1575年に越前平定に織田信長の武将として活躍した金森長近が入部・築城したのが始まりの城です。
金森長近は最初は大野盆地の西端にある戌山城(いぬやまじょう)に入りましたが、翌年から盆地にせり出す小孤峰の亀山の山頂に新城の建築を始め、亀山の東に広がる平地に二の丸・三の丸・将棋盤のように区画された城下町を整備しています。これが現在の大野市街の基礎になっています。
標高239メートルの山頂の天守からは大野盆地の四方が見渡せ、防衛上は戌山城の方が上ですが、政治・戦略上はこちらの方が良かったと思われます。
画像

金森長近が大野城に在城したのは約10年でしたが、その後、長谷川秀一・青木一矩・織田秀雄と城主が変わり、関が原後は福井藩の直轄領、松平(結城)秀康の三・四男、天領など領主・城主が頻繁に変わり、1682年に幕府老中だった土井利房(土井利勝の四男)が老中辞任後、国替えで転封、越前大野藩の初代藩主になっています。

大野城は古図によると、天守・小天守・天狗書院(天狗櫓)の三つの天守からなる複合連結式の城だったようですが、1775年に焼失、20年後に小天守・天狗書院が再建されましたが明治維新に破却され城壁だけとなり放置・売却されていました。おかげで往時の姿は不明となっています。

昭和になって旧士族の寄付により1968年に再建されたものです。
ただ、往時の絵図や他城の天守から推定製作したために、天狗櫓に小天守があり、3連結ではなく2連結になっています。城もコンクリート造りです。しかし、このことから模擬天守だとか揶揄される向きもありますが、それを差し引いても城を再建した努力は認められるべきだと思います。
画像

天守内には金森氏・土井氏の遺品や資料が展示されています。主要なものは外郭にある柳廻社 に奉納された物のようです。貴重な物も多く、登城の際は是非見学されることをお奨めします。

天守最上階からは大野盆地を東西南北に見渡せます。登ってみると、狭い盆地のはずが結構広いと思えます。また東に広がる大野の町が綺麗に区画されているのも解ります。
画像

本丸北側に金森長近の像が立っています。なかなかユニークな顔立ちで足羽山に建つ継体天皇像に顔が似ているかも^^ 城主の像は大概厳つい物が多いですが、この像は好々爺とした柔和な顔をしています。
画像

城への登り口は東西南北4か所から登れますが、柳廻社から登る南口の遊歩道がなだらかで登り易いと思います。帰りは北側から降りると趣があり、武家屋敷跡や往時の堀址も観られます。

画像


旅行日 2011.9.25

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • 流布院

    いつだったか(桜の時季だったかな?)天守閣が工事中で残念な思いをしたことがありました。
    その内その内と思いながらどんどん月日が経っています・・・。
    2012年10月05日 23:03
  • つとつと

    流布院さん 
    大野城はいつも工事をやっているような気がします。僕が訪れたときも最短距離の裏口が工事中でしたから。。
    でもあとのお楽しみにとっておくのも良いかも。
    そうそう大野市内で醤油かつ丼が赤丸上昇中らしいですよ^^
    2012年10月06日 08:38
  • 流布院

    醤油かつどんですか、ふむふむ。
    ソースカツどんは何度も食べていますがそれは初耳、あっさりした感じがしそうですね
    2012年10月07日 21:51
  • つとつと

    流布院さん
    福井と云えばイタリア軒のソースかつ丼が人気なんですが、大野では新しく醤油かつ丼を町おこしに作ったらしいですよ
    2012年10月07日 23:56

この記事へのトラックバック

最近のコメント

「日用(ひよ)・苔の里①」- by tor (07/02)

「日用(ひよ)・苔の里①」- by がにちゃん (07/02)

「日用(ひよ)・苔の里①」- by 藍上雄 (07/02)

「おしらせ」- by イータン (07/01)

「おしらせ」- by ミクミティ (06/30)