総持寺祖院

さて、輪島の朝市通りを後にして、帰りの道へと車(RV)車(RV)ダッシュ(走り出すさま)
でも、タダ帰るのはつまらないので、門前や富来によって行こうと思いました。
朝市通りを抜けたところにある「いろは橋」から
画像


輪島に来た道も門前は通ったんだけど、ちょっと遠回りして光浦から西保海岸経由で戻ることにしました。
西保海岸は海側に切り立った崖や奇岩のある海岸で隠れたビュースポットです。それと家を囲む間垣が有名です。
ちょっと写りが悪いけど海岸線に白っぽく見えるのが道路です。切り立った崖がわかるでしょう。
画像
画像
画像

結構遠回りして、地震の被害がひどかった門前町に、やっぱり青シートが所々に目に付きました
本町内に入ると、潰れかけた家も何軒か。屋根工事も間に合わなくて、シートが掛かった家もまだまだあります。
そして門前町役場(門前は輪島市と合併したので輪島市門前支所)に車を停めて、総持寺祖院足足
総持寺の創建は1322年(後醍醐天皇の時代)です。以降、明治後期まで曹洞宗の大本山として存在しました。明治38年に大火で消失、横浜の鶴見が丘に本山を移しました。以降は、曹洞宗の起源地として祖院と呼ばれています。。(福井の永平寺は道元が開いた大本山で、曹洞宗では鶴見と2本山制をとっています)。

総持寺の参道入り口ですが地震で崩れて、ブルーシートが掛かっています。
画像


入り口にある「芳春院」です。芳春院は前田利家の奥さんの「お松」のことです。
そして、此処が菩提所となっています。墓は金沢市の野田山 加賀藩主墓所にありますが、位牌とかはここに保管されています。
画像


山門と白宇橋                             経蔵
画像
画像


僧堂と山廊(建物が傾いて、山廊は崩れてました)
画像





法堂(大祖堂)  ここも傾いて、扉が壊れたままです。でもこの扉は、明治の大火の時、運び出されたもので、300年以上のモノらしく再利用の予定らしいです。(現在も改修中)
画像


仏殿  
画像
画像







回廊の櫓   ここに被災時の総持寺の写真がおいてありました。仏殿の祭壇が崩れた写真などは息を呑むものです。 寄せ書きも此処に。。。僕も一言書いて来ました
画像


味噌塗り地蔵  味噌塗り地蔵は、いつも味噌を供えてくれる寺の小僧さんが旅に出た身代わりになって、身代わりに仕事をしてくれたんだそうです。それからは、味噌を塗ってあげると、願いが叶うといわれています   
画像

敷地内や建物内は綺麗でしたが、建物や一部はまだまだ修繕中です。早く元の姿に戻って欲しいですね。

次は関野鼻・富来に向かいます
あっ!!食がない次回には書くからねぇ、多分?

日記日 2007.08.19

追記 能登沖地震後の記事のため、美しい姿が載せれず、その後、未訪のまま。いずれ、新しく記事にしたいと思っています

西保海岸                                    総持寺祖院


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 洞谷山 永光寺(どうこくさん ようこうじ) ①
  • Excerpt: 金沢方向から国道159号線を七尾方向に走って、白鳥が飛来することで有名な邑知潟(おうちがた)のある邑知を過ぎると右手に「五老峯 永光寺」という大きな看板と石柱の門があります。そこを右折して山の方にしば..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2013-08-28 09:47
  • 永光寺 ②
  • Excerpt: 曹洞宗の太祖・瑩山禅師が能登で初めての禅道場として創建した「洞谷山 永光寺(とうこくさん ようこうじ)」 創建はちょうど鎌倉末期の時代でしたが、南北両朝からの帰依を受けて創建時から10年で五院二十数..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2013-08-30 21:08
  • 大乗寺丘陵公園
  • Excerpt: ゴールデンウィークの真っ只中の貴重な平日 やっとこ、仕事のめどがつき始めた上天気のこの日 北金沢から小立野のお客さんを廻った帰り道、山側バイパスを通っての帰り道に立ち寄ったのが大乗寺丘陵公園。加..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2018-05-30 16:06
  • 長壽寺 能登長谷川家菩提寺 長谷川等伯
  • Excerpt: 天正9年(1581年)前田利家が織田信長から能登23万石の領有を許されて、能登に入部すると政務をとるために山城で不便な七尾城から平地で東西にある御祓川と北の七尾湾に囲まれた小丸山城を翌年に築城していま..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2018-09-13 23:02
  • 御誕生寺
  • Excerpt: 毎年この時期は忙しいのですが、その分遠出が出来ず、ストレスをためまくる僕。 そういう時には仕事に眼をつむって、ひたすら遠くに逃避ドライブが発散方法。。ただその分、仕事をためるので後で四苦八苦。。そう..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2019-03-10 17:58

最近のコメント