気多大社 正覚院

妙成寺から帰途に着く事にしましたが、羽咋にはもうひとつ大きな神社があります。気多大社(けたたいしゃ)がそれです。能登一宮に指定されています。
加賀一宮は以前紹介した白山比咩神社です。
画像
画像
画像

ここも歴史は古い社です。祭神は大国主命です。古代からあったのは確かで、近くの海中や海岸から、大規模な遺跡(寺家遺跡)が発見されています。それも縄文前期からのもので、奥能登の真脇遺跡と合わせて、能登は古代には先進地だったみたいですね。

気多大社は、縁結びをメインにしています。初詣には若いカップルが多いんですよ
大社側でも、ここに力点を置いて、宣伝に余念がありません。
画像

大社内のあちこちに、縁結びの関係のものがあります。
写真のは、この通路に絵馬を掛けて、カップルで通ると幸せになると唄っていますムード

大社の奥の院から先は、「入らずの森」と呼ばれる原生林の森です。
画像
画像


此処の神社とは今まで相性が悪くて、来るといつも大荒れの天気だったんですが、今日は始めて晴れたんじゃないかなぁ
ただね、現在(H20)ここは、神社庁や文科省と訴訟の真っ最中で、神社が誰のモノなのか民衆のモノだということは忘れて欲しくないですね。平成22年に最高裁で神社側が勝訴して、神社庁から独立して単立神社になっています。

ついでに気多大社の隣にある正覚院にも寄って見ましたよ。
ほんとは、駐車場までの通り抜けにしちゃいました
ここは、気多大社の別当寺として建てられたもので、別名「北陸不動尊」
画像
画像


気多大社を跡にして金沢方向への帰途に、千里浜ICの近くから千里浜海岸へ
ここから今浜までの約8kmが「千里浜なぎさドライブウェイ」です。この海岸は、砂の粒子が細かく海水で硬くなるので、日本で唯一の普通車でも走れる砂浜海岸なんです。
特に春前のこの時季は、車も少ないのでスピード出して走れます。もし、スピード出して走りたい人は、晩秋から早春がオススメです
    

当然、僕もカツ飛ばしてきましたよ
写真は、ちとピンボケで申し訳ありません
画像
画像
画像

              














日記日 2008.03.12

気多大社
千里浜なぎさドライブウェイ
   

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 弁天島(弁天岩)
  • Excerpt: 能生でのんびりと観光してたんですが、、、、 考えてみれば、石川・上越間を何度も往復してる割には、じっくりと観て回ったことがなかったんです。 今回が初めての能生での名所巡りだったかもしれません。
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2013-11-11 17:14
  • 菟橋神社(うはしじんじゃ)
  • Excerpt: お旅祭りの橋北側の祭礼を司る菟橋(うはし)神社にも参拝してきました。この神社もよく前を通っていながら、素通りしてしまっていた神社でした。初めて境内に入りましたがなかなか立派な社殿でした。
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2015-06-17 21:52
  • 高瀬神社 越中一の宮 のひとつ
  • Excerpt: 庄川・井波がある旧砺波郡には越中一の宮と称する「高瀬神社」があります。帰り道にここにも立ち寄ってきました。
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2015-11-08 19:44
  • 加賀海岸① 加佐の岬
  • Excerpt: 福井県と石川県は日本海に沿った位置にあり、その海岸線は風光明媚なことと、奇岩や急激な岸壁で冬の日本海と共に厳しく峻険なものがあります。その風光明媚さと峻険さが見せる海岸線は越前・加賀海岸国定公園として..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2015-12-13 23:01
  • 能登国総社
  • Excerpt: 以前も書いていますが北陸道の国名は越の国と云い、分割された国名は若狭(嶺南)、越前(福井嶺北)、加賀、能登、越中、越後、佐渡となります。若狭は北陸道ですが、京都の外海として畿内に含まれることが多く、佐..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2017-10-31 21:24

最近のコメント