祐閑寺名月~大滝

今年のお盆は仕事が入っていて、開いていたのはこの日だけだったのです。
そこで、早めに墓参りに行ってくることにしました。
僕の里は金沢の北隣の津幡町にあります。

そうそう、石川県内では金沢は旧盆の7月に盆を迎えていますが、その他の地区は8月です。

津幡は我家からで約40分位のところです。
我家のお墓は3.4箇所に分かれてあるので、順番に御参りすることに、
13日という事で、親戚連中もまだ来ていないため、我が家族がトップバッターでした。
その3.4箇所がみんな山の中の林の中なんですよね。坂を登ったり山の細道を歩いたり日頃運動不足の僕たちには良い運動になってしまいました
鬱蒼とした木々の森や林の中なので、墓や周りに落ち葉や木の枝が積もっていて、一つ一つ大掃除になっちゃいましたそれでも、地元は落ち着きますねぇ

お寺も行ってきたんですが、住職さんが出掛けていて不在だったので、お経は翌々日来ると言っていた妹夫婦に任せることに、
このお寺は祐閑寺というんですが、なかなか趣きのあるお寺です。
早咲きの椿で「祐閑寺名月」と呼ばれる樹齢150年の中秋の頃に咲く、一重咲きの白椿が地元では有名です。
画像
画像
画像














さて駆け足でお墓参りも終わりまして、このまま帰るのも寂しいので、地元でも日頃あまり行かない場所に行こうということに
「そうだ、河合谷に流しそうめんやってるところがあるんだ。滝もあるから涼みに行こう
「わーいそうめんそうめん

河合谷は津幡でも更に北の山奥なんですよ。里からで更に40分位掛かる場所です。津幡も結構広いんですよ。国内2位の規模の森林公園もあるんですよ。


山の中の道路は静かそのもの、行き交う車も少なくて、快適快適

の はずだったんですが、大滝の駐車場に着いたら沢山の車が停まっています。
いや~な予感が。。。。

ここに来たのも10年ぶりかなぁ、でも森や小川も良いし、涼むにゃ良い所です。駐車場には水車も廻っているし、田舎の良い雰囲気の場所です。
平日なら滝まで車で行けるんですが、今回は小川に沿った道を散策しながら歩くことに
画像
画像

木々に囲まれた道を歩くと右手に小川を見られるし、ずっと木陰なので、真夏でも涼しくて気持ち良い
画像
画像


大滝に着いて見たら 人
画像

流しそうめんも長い行列になっています。が~ん  え~ん、期待してたのに。。。。
滝も夏場だから水量も少ないし。。。滝つぼにはたくさんのガキンチョ達がはしゃいでいるし、<<<とてものんびり出来る雰囲気ないし 撤退するしかないなぁ。。
画像
画像
滝も春先に来ると素晴しい水量で、本当は見ごたえあるんですよ。以前来たときは春先だったのでよかったなぁ
こんな感じです。大滝

でも、このまま帰るの癪なので、焼き岩魚買ってきて、バリバリと食べましたがな 魚大好き人間の娘が1番喜んでました
画像
              

挫折したまま帰るのは、嫌な僕としては更に山の中に
河合谷は富山との県境になるのです。そして宮島峡の上流に出られるんです。

次回は、宮島峡のビーナスラインから書きますね。


☆今回のおまけ写真

嫁さんがね。こんな「そうめん」を買ってきました。
その名も「梅そうめん」 スーパーで見つけたんだそうです。ピンクの麺に梅味、面白い味でした。たまに食べるには良いかも
画像
画像
画像





















日記日 2008.08.13

祐閑寺

大滝


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 子撫川ダム ~ 井波
  • Excerpt: 前回の続きです。日記の方は夏真っ盛りです 河合谷の大滝から、さらに山の中を通って行くと、富山になります。そして、ダムに出会います。 子撫川ダムと言って、富山県の貴重な水瓶の一つです..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2012-12-16 23:22
  • 河合谷 大滝
  • Excerpt: お盆の時季となって、我が家も復活した嫁さんと僕の休日が合うということで、早めにお墓参りに行くことに。。 早くいくということは、他の家族より早いということで、墓掃除は今回は僕たちのお仕事に。。
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2018-08-25 20:44

最近のコメント