徳光八坂神社

営業で外回りをしていると休憩場所がお気に入りの場所になってきます。
特に、夏場になると木陰のある駐車場や道路端になってしまいます。
木陰があって車の停められる場所となると、おのずと限られてきます。それと、公衆トイレがあればいうことなし となると、場所は神社や公園に限られてきます。

何年か前の話ですが、公園の駐車場に車を停めてしていたら、小さな足音と物音が、、、車の窓から3.4歳の女の子が覗いていました。チラッと観て笑顔をかけて、また。。。女の子も笑ってくれたんで
しばらくして、少し離れた所から母親らしき声が。。。
  「○○ちゃんそこに行っちゃ駄目よ。怖そうな変な人が居るからね。」

ガ~ん ソレって僕のこと。。。
夏なので、運転する時はサングラス掛けるんですが、そのまま寝てたんですね。確かに傍から観ると変質者か怖い人に見えるかも
その時以来、休憩中は眼鏡やサングラスははずすことにしています。
ちなみに、僕が変で怖い人に見えるサングラスは。。。
画像
画像


それからですね、神社の側が多くなったのは。。。。
神社には、かならず木々があるんですよ。= 木陰もあるのですよ。ついでに散策も出来るし。。。人もあまり居ないし。。。おかげで、寺社や名所、穴場には詳しくなりました

この日の休憩場所は、「徳光八坂神社」です。
ここは北陸自動車道の徳光SAの近くの集落の中にあります。
ちなみに、徳光SAは温水シャワーをあびられるサービスがあります、運転疲れにいいですよ、お試しあれ 海岸に下りることも出来ます

車で海岸に出ることも出来るんですが、がまぶしい
そんなときは、ここがいいですねぇ。大きな木々が日陰を作ってくれるんですよ 
駐車場はないけど、車がほとんど通らない場所なんで路上駐車でも
画像
画像


この神社の創建は古くて、897年、作ったのは「勧進帳」で有名な富樫氏と云われています。
富樫氏は戦国時代に一向一揆に滅ぼされましたが、同時にこの神社も荒廃してしまいました。その後、織田信長の弟の船がここに難破して地元住民に世話になり、御礼に信長が再興を命じたそうです。また、弟の一門が移り住んで神社を守ったそうです。明治期の再築をした徳光村長さんは織田姓で子孫になるそうです。(神社の縁起から)

社域には海に関係するものも置かれています。灯台や錨などですね。
画像
画像


木々に囲まれているので、なかなか雰囲気のある神社です。狛犬や本殿への通路にも伝統の雰囲気がありますよ。
画像
画像
画像



















今日のおまけ写真
関東の方では、7/1(H20)にスタートして大混乱だとニュースでやっていましたが、僕はちゃっかり持っております
画像
画像

そうtaspo(タスポ)です。
作るのが面倒なんですよね。写真と身分証明が要るんです。
フィルター会社に勤める友達に頼まれて作ったんです。

でもスキミングが強いので、財布やカード入れに入れたままでも、使えるので案外便利です。
いちいち、コンビニの中まで入らなくてもいいし。。。

日記日 2008.06.30



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

  • go

    こんにちは、記事を見ていて営業の外回りの時の事を思い出しました、私も営業で能登方面を担当していました。
    能登の方面は昼飯を食べる所も余り有りません、次のアポ先に行くのに昼飯を食べるために長い距離を戻る訳にも行かず、そんな訳でもっぱら弁当持参でした。
    夏の炎天下で日陰の場所を探しても余り有りません、やっと探しても先客が居て駐車出来ず農道で弁当を食べることも良くありました。
    余り外部の人が来ない様な場所で駐車して休んでいると住民に白い目で見られたり、オウム事件の頃でしたから。でも僕はサングラスはしていませんでしたよ。
    徳光八坂神社は歴史が古く驚きました、織田性を次いでいる方が居らっしゃるんですね、大きな錨が奉納されている所を見ると漁師さんや船乗りの方がよく参られるのでしょうね。
    2012年12月05日 12:42
  • つとつと

    goさん
    能登は自然が多い割に車の停まれる日陰は少ないですねえ。山の方に入ればあるけど、主要道路から外れますからねえ^^;
    眼が弱いのか眩しさはダメなんです><;そのかわり、サングラスにも度は入ってますよ^^V 徳光の神社も訪れるまでそんな社歴があるなんて知らなかったんですが、どこの神社もそうですが、その土地々々の様子や歴史が解って興味深いです。元々、徳光は漁村でしたから、漁師や舟師の信仰が厚いみたいですねえ^^

    そうそうgoさんのブログのウェストン像。安曇野は知らなかったんですが、親不知の親不知観光ホテルの側のコミュニティーロードで全身像を観たことがあります。
    浅学の僕はこの人が北アルプスは親不知からと云ったとしか知らなかったんですが^^;
    2012年12月05日 21:26

この記事へのトラックバック

最近のコメント