散居村ミュージアム

ここ何日か日頃の不摂生がたたったのか、数日寝込んでしまいました
仕事もちょぼちょぼで。。あとあとに響いてきそうです。少し頑張らないとです。

前回の続きです。チューリップ公園をでて、次に向かったのは「散居村ミュージアム」
画像


全国的にも持ち家率NO.1の富山県。
そんな富山には、特徴的な家並みがあります。それが散居村です。
国道359号線沿いを走ると、小矢部・砺波・富山にかけて見られます。
散居村は広い田圃の中に家がぽつんと一軒だけ建っています。そんな家がそこかしこに点在しているのです。お隣が何十、何百メートルも離れて孤立したように立っているのです。
特徴的なのは、カイニョと呼ばれる屋敷林に囲まれるように各家が建っていること。杉や欅、竹林が多いんですが、防風の役目を果たしています。
また、各家の特徴として、造りが黒瓦に白漆喰壁です。そして、必ず大きな蔵や納屋が並立していることです。
画像
画像

元々、この辺りの土壌は弱めの砂上地で家屋を建てる土壌が少なく、家を建てる際に点在する固めの土壌を選んだことと、そんな弱い土壌のための庄川の水を用水として小まめに管理するための必要上、田畑の中に家を立てる必要があったのが理由だったようです。
とにかく、緑の中に白黒の建物と背の高い木々のコントラストが美しい姿で見られます
画像
画像

このように隣同士が離れているためなのか、富山人は人づきあいが苦手な人の多い県民性があります。逆に家族の親密性が高いお国柄ということです。 面白いのは、富山人は人と馴染むのは奥手なんですが、一旦信用すると、とことん尽くす正直者の多いお国柄でもあります。
たぶん、北陸の中で一番、一番性格が良いのもこの辺りの人たちかもしれません

「散居村ミュージアム」「情報館」では建物の2面がガラス張りになっていて、遠景で畑地の中の散居村の家が眺められます。散居村の情報や歴史を紹介しているので寄って見るのも良いと思いますよ。

併設の「伝統館」は、代表的な散居村の家を復元したものです。
屋敷の他に納屋・小屋も再現されています。納屋の中には昔の農機具も展示されています。僕の祖父は鍛冶屋を営んでいて、鍬・鋤・鎌の農機具、神社の篝火の篭や柵、かきもち切りの道具なんてのも作っていました。
僕も、小中高校のころ手伝ったなぁ
此処にある道具類の八割方が家にありましたねぇ。懐かしい

屋敷の中も、昭和初期の造りで柱や梁も太い造りです。
中も自由に入れるので観て回りましたが、自分の里の家を見ているようでした。なんか懐かしい家の風景ですねぇ。
画像
画像
画像














ミュージアムの向かいの畑には、チューリップの絨毯ができていました。
この時季、砺波や高岡にはこんな風景が広がります。
画像
画像


この日の夕飯は、ツタヤにレンタルDVDを返すついでに、向かいの「麺房 本陣」で食べることに

僕が注文したのは「本陣御膳」結構量も豊富で、味も薄口仕立てでお気に入りなんですよ。
白身魚・エビ・野菜の天ぷら、茶碗蒸し、小鉢、漬け物、ごはん、ミニサラダ、温うどん で〆て1340円也
画像
画像

画像
画像

画像


日記日 2009.04.19

散居村ミュージアム


麺房 本陣


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • go

    こんにちは、散居村ミュージアムは砺波インターの近くですね、一度訪ねてみたいと思います。散居村の苦い思い出があります、冬の雪の日に商用で小矢部方面から戸出に向かっていたときに近道をしたつもりが道に迷ってあたりを見渡しても雪で埋もれた同じような散居村の風景で目印になるものがなく同じ所をぐるぐる廻って「ここは何処、私はだあれ」になってしまった事が有ります、時間オーバーしてやっとのことで目的地に着きました。
    2013年01月12日 10:50
  • つとつと

    goさん
    あの辺りは田んぼや道路が同じような大きさで、雪が積もったり、暗くなると自分がどこにいるか解らなくなる時がありますよね。
    僕も何回かぐるぐる回ってしまったことがあります><もうそんな時は覚悟を決めて、ひたすらまっすぐ走って自分の分かる場所まで進むしかなかったです。で、大概そんなことをしたときはとんでもない場所になるんですが><;
    2013年01月12日 17:30

この記事へのトラックバック

  • 夢の平 コスモスのゲレンデ
  • Excerpt: H22.10 午前中、仕事で金沢大学の側に行ったら街路樹が色づいていました。やっと秋らしい雰囲気になってきました
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2013-05-12 17:13

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (06/02)

「延喜式神名帳」- by y&m (06/01)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)