道の駅・高岡万葉の里 ~ 阿尾城

日曜日、午前中に仕事が入ってしまったので、お昼過ぎに家に帰ると、遅起きの一人が部屋にポケーっとしておりました。
まったく、若い娘が休みとはいえ、何をしているのやら。。。
嫁さんは、この日もお仕事。。。ここん所、休日が合わない夫婦になっています。

そんな娘とまたまたお出かけドライブに。。。まっ、半分無理やりだけど、
タダ、出かけるのは遅いし(なんだかんだと3時近く)、天気もイマイチでしたけど。。。

さて、国道8号線をひた走り、高岡に入った所で娘が一言
   「お父さん、わたしお腹すいたぁ
   「午前中、ずっと寝てたから、朝昼食べてないんだよね。」
というリクエストにお応えしまして「道の駅 高岡万葉の里」に
なぜ高岡が万葉の里かというと、万葉詩人の一人「大伴家持」が6年間程の期間、越中守として赴任していたためです。
画像
画像


さて、ここでお食事タイム
食べたのは富山・高岡では御馴染みのブラック系のラーメン。店の名前は「元祖 高岡ラーメン」 出来て3年ほどの道の駅の店なのに、なぜ元祖なのかは不明。
画像
画像

色は濃いけれど、醤油系でしつこくない味ですね。思ったよりも丁寧な味で美味しかった。汁もちゃんと飲める味でしたから。

ついでに車の中で食べるために、コロッケも。。。
高岡大仏コロッケ」大きさは14センチ。うふ
こんなに大きいと食べガイがありますねぇ
中味は普通のコロッケだけど、揚げたてを食べると美味しいですねぇ
画像
画像


ついでに、嫁さんへのお土産は「焼き鯖寿司」950円
帰りによって買ったんだけど、ほんとは1600円らしい。夜になっていたせいですかね。
画像

画像
画像

焼き鯖だから酢〆はなく塩焼きになっています。後で一切れ貰ったけど、優しい味でした。

さて、本来の向かった先は氷見の阿尾です。氷見港のすぐ側にある場所です。ここから、山越えと海岸伝いで能登の七尾に行くことができます。

そして、ここにあるのが阿尾城
この城は海に突き出た断崖の上にあるのですが、街道の分基点ということで昔から激戦地の要衝となった場所です。古くは上杉謙信の七尾城攻めの拠点、前田Vs佐々の阿尾の闘いの中心地でした。また花の慶次で有名な前田慶次が城代を勤めていた城としても有名です。
けっこう、険しい登りがあるんですが、若い女の子や歴女の方々が訪れていて、前田慶次の人気が窺えます。

一部の戦国マニアには知られていましたが、無名に近かった前田慶次を有名にしたのは、隆慶一郎の時代小説「一夢庵風流記」、これはなかなか面白い小説でしたが、これを原作にした漫画「花の慶次」で大ヒット。一躍有名戦国武将の一人になりました。更に、ゲーム・アニメの「戦国BASARAシリーズ」で、若い人にも認知される存在になりました。

阿尾城の高台にある本丸から能登の海岸線・富山の氷見・新湊の海岸線・そして富山湾の全貌が見られます。晴れた日には富山湾の海の向うに立山連峰が見られます。近くにある雨晴海岸の眺望が有名ですが、ここの眺望も負けていません。晴れた日には是非立ち寄ってみてください。失望しませんよ。この日は曇っていて、立山連峰はぼやけて観難かったのが残念

ここからは写真をクリックすると大きくなりますよ
城址と神社に向かう参道入口から登って行くと二の丸・三の丸に行けます。
画像
画像


白峰社の裏から本丸に向かう道はとても狭く、両側が崖になっています。下を覗くと高いことにビックリです
画像

画像
画像


本丸は城ヶ崎岬の突端にあるので、東・北・南を遠くまで見通せます。
画像
画像


そして、真正面には富山湾の向うに立山連峰が見えます。
晴れていると、碧い海の向うに白い立山連峰が浮かび上がるんです。
この日は夕方で、しかも曇り空、ぼやけてしか見えなくて残念
晴れているとこんな感じに見えます。雨晴れ海岸
画像


ちなみに登ってきた城跡はこんな場所にあります。アンテナみたいのが見えるのが本丸跡です。
画像


日記日 2009.11.22





一夢庵風流記/隆慶一郎【もれなくクーポンプレゼント・読書家キャンペーン実施中!】
オンライン書店boox
著者隆慶一郎(著)出版社集英社発行年月1992年12月ISBN9784087498776ページ数54


楽天市場 by 一夢庵風流記/隆慶一郎【もれなくクーポンプレゼント・読書家キャンペーン実施中!】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





影武者徳川家康 上 新潮文庫 / 隆慶一郎 【文庫】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル文芸フォーマット文庫出版社新潮社発売日1993年08月ISBN9784101174


楽天市場 by 影武者徳川家康 上 新潮文庫 / 隆慶一郎 【文庫】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 家ニスタ

    阿尾城、なかなかいいお城のようですね。
    こんど北陸に行くときには、ぜひ寄りたいと思います。
    2013年02月21日 22:34
  • つとつと

    何もないんですが眺望は素晴らしいですよ。
    ホントに断崖絶壁の上に本丸がある特殊な城です。ただ、水の便がないので籠城には向かないようで、城の攻防戦は主に野外戦に終始したようです。
    前田慶次が活躍した「阿尾合戦」も野外戦で城方の前田方が勝利しています。
    2013年02月23日 16:47
  • がにちゃん

    えっ こんな所に阿尾城があったのですか 知らなかった
    雨晴海岸まで言っていたのにぃ・・・残念
    10月の奥能登へ行きます つとつとさんお勧めの場所はありますかあったら教えてください
    2013年02月23日 19:00
  • つとつと

    がにちゃんさん
    雨晴からだと氷見市街を挟んで5キロくらいの場所なんですよ。
    また機会があったら寄ってみてください。奥能登の帰りに寄るのもお奨めですよ。
    2013年02月24日 16:56
  • がにちゃん

    ありがとうございました  輪島の方にも回る予定をしています 教えていただいたところ参考にさせていただきます
    2013年02月25日 21:59
  • tor

    私「焼き鯖寿司」大好きです!美味しそうですね。高岡大仏ロッケも…。阿尾城、すごい断崖絶壁にありますね。そして城主が菊池氏だったとは驚きです。島原の乱の「原城」も有明海に突き出た丘にありますが…。海側から見たらやはり崖なのでしようかね。籠城戦で3ケ月も持ちこたえたのは地の利もあったのでしょうね。前田慶次人気ですね。
    2017年10月16日 21:25
  • つとつと

    torさん
    北陸のコロッケ消費量はずば抜けているのですが、その中でも高岡はコロッケの町が売りになっています。茨城の竜ヶ崎と提携してたと思います。
    原城は籠城戦を行える城のようですが、こちらは水の手がなく多人数の籠城には向かない城です。ただ、その立地がとんでもない場所で、今まで見た城としては三指に入る特徴があります。あまり知られていないのですが氷見は能登に向かう前哨地に当たります。重要な地で菊池武勝が前田家に就いたことは能登防衛の上で大きな意味がありました。前田慶次は養父が利家の長兄・利久で、義父が次兄・安勝と能登防衛上の次期当主の立場といえました。
    2017年10月17日 10:09

この記事へのトラックバック

最近のコメント