六日町 長尾政景墓所 ~ 坂戸城 BASARAイベント

前回の日記を書いてすぐ、車に飛び乗ってだったのですが
もちろん、新潟の山道も走るので、タイヤはスタッドレスに替えてしまいました。しかし、雪には一切あわずタイヤを減らしただけでしたね。去年(H20)はこの日から積もったんですけど

上越から国道8号線を右折して、253号線の松代経由という初めての道を通るということで、時間に余裕を持って走って行ったんですが
予想通り、早く着きすぎていました ということで、車の中で3時間ほど
久しぶりに車で寝ると節々が痛いですねぇそれに、10分ごとに眼が覚めちゃうし
車を停めていたのは、六日町IC横のジャスコの駐車場。外が明るくなって外に出ると、東に坂戸山が大きく観えます。
画像

夜だと景色は解りにくいけれど、明るくなると違う土地に来たんだなぁ。と実感しますねぇ。
車の外で、のんびりと煙草をふかしていたら、出発以来コンビニに寄ったとき以外寝ていた二人も起きてきました。それにしても、我が家の二人はどこでも熟睡する特技を持っていて、羨ましいかぎり

さて、なぜにこんなに急な六日町行きになったのかというと、、
一週間ほど前、娘がこんなことを言ったのです。
   「おとうさん、今度ねBASARA3のトークイベントがあるんだよ。」
   「参加は抽選なんだよね。新潟だけど当ったら乗せて行ってくれる?」
   「新潟なんだけどね。たぶん、当たらないと思うけど
これを聞いた僕、あの人気のバサラなら当たらないだろう、と安受け合いしちゃったんですよね
しかし、娘の執念は恐ろしい。。当たっちゃったんですよ。しかも六日町
   「なぬっ六日町!! そんな田舎とは聞いてないぞ
    おっと失礼、六日町の人が聞いたら怒りそう^^
自分の所も対して変わらないんですけどね
    「でも、当たっちゃったんだもん。お父さん、うんといったよね」
    「ハイ敗~~言いました わかりっました
という訳だったのですよ。あ~ぁ、話はちゃんと聞いとくもんですねぇ20何年振りの六日町ですよ。
一応、知人もいるので朝、顔だけ出すことにして、後は嫁さん(これまた娘に頼みこまれて一緒に来た)と「天地人博」でも見に行こうということになりました。

さて出勤前の友達に顔だけ見せて、朝ごはんなんですが、
結局、朝マックになっちゃいました。同じ敷地に雪国まいたけのレストランもあって、そちらに入りたかったけど、まだ開いてなかった。
                  「雪国まいたけ
しばらく、朝マックに来てなかったんですが、けっこうボリュームありますねえ
マックグリドル(ベーコン&エッグ チーズ抜き)+ホットコーヒー+ハッシュポテト
画像
画像

画像
画像


さて六日町の知人に会ってから、時間もあるので六日町を散策。
六日町といえば、今年の大河ドラマ「天地人」の景勝・兼続の故郷です。
もちろん町をあげて盛り上がっていましたし、町中に「愛・天地人」の幟がはためいていました。
「天地人」のスポットも、観光用にだいぶ整備されていますが、それでも深い木々や自然に恵まれた場所です。有名な南魚沼さんのこしひかりもここが産地ですし、水もうまいし。あっちこっち行きましたが、米と水の美味しさは全国一だと思いますよ。

「こんなトコ、来とうは無かった!!」で、すっかり有名になった「雲洞庵」
画像
画像
><
画像
画像

画像
画像


雲洞庵には、宝物館もあるんですが、天目茶碗と謙信の書簡、林羅山の書など貴重な品の展示もあってお勧めですよ。中には、怪獣の頭骨とか返り血などという眉唾物もありますけど。。。。

雲洞庵の駐車場にある売店で見つけたキャラメル
新潟限定「笹だんご風味キャラメル」 ヨモギの味が利いていて、なかなか美味しかったです
画像
画像







雲洞庵を出てから、山裾を北に坂戸山を目指す途中に龍言寺址があります。龍言寺は上杉景勝の実父・長尾政景の菩提寺でした。上杉家が米沢に移封になった際に同じく移築されてしまいました。
今は同じ名前の温泉旅館「龍言」と山裾の岡があるだけです。

長尾政景は余り名前が知られていませんが、謙信が越後守護代になった際も最後まで抵抗しています。謙信に恭順後、川中島合戦の際は春日山城代を勤め、謙信が守護代辞職を宣言した際も諌めて撤回させたりしています。
その地位を上げつつあったとき、謙信の軍師・宇佐美定満との舟遊びの際、野尻池(現・鐘淵公園)で共に溺死したとされています。一説には上田長尾家の進捗を恐れた定満の覚悟の道連れとも言われています。
生きていれば謙信の後継候補の一人だったことは確かです。越後でも人望も厚く僕も興味のある武将です。
69’NHKの大河「天と地と」では、山口崇さんが熱演していました。
大岡越前で将軍・吉宗を演じていた俳優さんです。長唄でも有名だそうです。

「天地人博」のおかげで政景の墓所への参道も整備されています。参道に整備ついでに上田の庄の歴代当主と直江兼続の墓を作ったのはご愛嬌と言う所ですが
山裾の岡に政景の墓所があります。杉林の中の静かな場所です。大きめの墓がありますが、実はその裏の石が本当の墓碑です。
画像
画像


次に訪れたのが「坂戸城
上田長尾家の居城です。何度かの戦場になっていますが、堅牢な城で謙信に開城降伏した以外は何度かの城攻めにも落城していません。

戦闘時には634mの坂戸山の頂上付近に本丸がありますが、平素は麓の館が政治・生活の拠点になっていました。麓に館跡などの史跡があります。
石垣の石などは堀氏の時代のものですが、上杉景勝・直江兼続の生誕碑もあります。
さすがに頂上までは行きませんでしたが、屋敷跡などは見てきました。
けっこう長い道のりでした(疲)
画像
画像

画像
画像


NHKの大河「天地人」でのロケの多くもここで行われましたが、兼続の妻夫木さんと泉沢の東さんが武田軍に追われたシーンや馬に乗っていたのもここです。
画像


次に行ったのがおなじみの「愛・天地人博」でした。
NHKの天地人に使われた衣装などが展示され、六日町などの特産品も販売されていました。入場者もこの日で42万人を超え、経済効果も25億円を超したそうです。恐るべしNHK大河
そうそう入場券を買うと、一緒に南魚沼産こしひかりが1合ついてくるんですねぇ
たしか今日が最終日、最後の方とはいえ見られたから、良しとしよう
画像


ここで、お土産を買いました
「兼ちゃんの愛の道
画像
画像


ついでに、会場の外の足湯に浸かりながら「こんにゃく団子」を食べていたら。。。。
画像


イベントで市民会館に行っていた娘からです。
「当日席が開いてるらしいから来ない?一人じゃ寂しいよー
娘はBASARAのトークイベントに行っていたのですが、寂しかったみたい嫁さんと二人で会場に。。。。
着いてみると、入口のグッズ売り場は凄い賑わいでした。う~ん、BASARA恐るべし
画像
画像


トークイベントにはBASARAのプロデューサーの小林裕幸さんと次回の石田三成役の声優・関智一さんが来ていて、なかなか面白いイベントでした。でも、一番最初の南魚沼市長の挨拶が一番面白いと思ったのはぼくだけでしょうかねどうも市長さんはBASARAでの兼続が一発やられキャラということを知らなかったみたい
小林さんは他にもハリウッド映画「バイオハザード」の制作にも参加しているし、関さんは「ドラエモン」のスネ夫・「ガンダムシード」のイザークといえば解る人も多いかも。結局、イベント名の難しい割には観客の三分の二が若い女性陣なので、アニメ談義に終始していました。観客のおじさん・おばさんはボーッとしている人も多かったみたい
えっ?僕と嫁さん?ここに来たがる娘の親ですよ僕達
喜んで聴いたり観たりの僕たちなのです

娘は、グッズ売り場でBASARAの小物入れと限定シールとか買ってご満悦。ついでにお父さんのご要望で抜けていた’07カレンダーと’10カレンダーを買って
袋を抱えての二人を見て、あきれる嫁さん一人
画像
画像




日記日 2009.12.06

雲洞庵


龍言寺跡


坂戸城


南魚沼市民会館









(メール便送料無料)(PS3)戦国BASARA3(PLAYSTATION3 the Best)(新品)
ファミコンプラザ
PS3用ソフト標準価格:2990カプコン(2011年6月2日発売)乱れ舞え、宿命の決戦へ。戦国BAS


楽天市場 by (メール便送料無料)(PS3)戦国BASARA3(PLAYSTATION3 the Best)(新品) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • go

    こんにちは、約束はうかつに出来ないものですね、ひょんなことから新潟のそれも六日町まで行く事になっちゃいましたね。
    六日町までは遠いので一人で運転して往復はきついようですね、カーネルすると身体は痛いし大変だったでしょう。
    でも六日町あたりな大河ドラマの「天地人」舞台になった所で直江兼続や上杉景勝にまつわる史跡が沢山有って歴史好きなつとつとさんには興味が有る場所で大変な思いをして行った甲斐が有るんじゃないですか。
    兼続の幼少の時(樋口与六?)が小姓に出された寺で里心がついてベソをかきながら「こんなとこ来とうは無かった!」と言った場面は今も覚えています、加藤清四郎の演じる兼続がいじらしいく印象に残っています。
    2013年03月03日 12:09
  • 家ニスタ

    坂戸城の山頂までは行かれなかったのですね。僕は一回登りましたが、かなりきつい山道でした。そのかわり景色は最高でしたよ。
    2013年03月03日 22:46
  • つとつと

    まさか六日町とは思いませんでした^^;
    昔、前職時代に長岡に2年程住んだんですが、その時六日町は何度か行っていました。上杉政景・上杉景勝はその前から知ってはいたんですが、上杉謙信が初めて城主となった栃尾城が長岡の東隣とは知りませんでした。名前や土地の名は本で知識で入っているんですが、やはり直に地元に行くといろいろ知ることが出来て貴重な体験です。上杉謙信(長尾景虎)が若き栃尾時代に多くの影響を受けた六日町の上田長尾家、柏崎の宇佐美、与板の直江家が意外に近接していたのは、やはり直に地元に行ったときに納得しました。できれば、もう一二日巡りたかったです。政景と定満の野尻池がまだ見ていなくて心残りなんです。
    直江兼続は加賀の前田慶次郎利太や前田家一番家老・本多政重と関わりが深く、金沢の本多町界隈には先祖が越後や上杉関係の人が多く存在するそうです。
    天地人の景勝・兼続主従の出逢いから、景勝が兼続を迎えに行っておんぶして帰るシーンが今でもよく印象に残っています。子供たちの演技力にはまいります。
    2013年03月03日 22:47
  • つとつと

    家ニスタさん
    あの険しい山を登られたんですか^^;
    何年も前に一度登ったんですが、確かに景色は素晴らしかったです。
    ただこの日は徹夜の運転と寝不足で辛いし、山登りを嫌がる嫁さんが一緒でしたから、館跡で我慢というより、挫折しちゃいました^^;
    2013年03月03日 22:53

この記事へのトラックバック

最近のコメント