松任金剣宮 ~ 那谷寺

さて、この日は朝からハプニング
事故停電ですよ。朝の6時にいきなり電気がプッツン
強風と雷で、近くの電線が切れてしまったようです。いやーまいりました
電気がないと、PC・TVはもちろん、なんと固定電話も駄目
さらには電気点火のファンヒーターや風呂も駄目なんだもん。点いたのはガスコンロだけ
現代社会は電気がなくなるとエライことになるもんですねぇ。。
とにかく寒くて寒くて。。。。布団から出るのがつらかった~~~
しかし、外のほうが暖かいのはなぜ。。。ひぇ~~~

午前中、仕事があったのでササッと済ませて家に戻ったけれど、まだ復旧していなかった。嫁さんと娘は休みで、布団の中で震えておりました
帰って30分程で復旧しましたが、こんな日こそ初詣に行かなきゃ
                             (どういう理屈じゃ←嫁さん弁)
前日から徹夜で年賀状のイラストを手書きしていたのに停電に邪魔された娘は、、、、、これから、もう一度チャレンジ   彼女、趣味の漫画同人の仲間には手書きイラストを書いているんです。

ということで、今年の初詣は久しぶりに嫁さんと二人だけでお出かけすることに

初詣といっても、もう4日ですから寺社はお客も少なくのんびりいける。
今年、初詣は1軒目は自宅から車で5分 松任金剣宮
ここも歴史の長い神社なんですが、参道を線路が横切ることもあって、訪れる人が少なく静かな佇まいです。でも、昔から藩主にも武運長久の社として大事にされてきました。昔は松任城の敷地内だったとも言われています。駅前の交流館からも遺構が発見されていますから、松任城は規模としては結構大がかりだったようです。
画像
画像


ここから次に向かったのが、小松と加賀の境目にある「那谷寺」
奇岩を配した境内と書院造の庭園を持つ寺院で、江戸初期の建物が重文・庭園は国指定名勝になっています。県内でも一番の風光明媚な寺院です。

まずは、入口で拝観料600円。1.2日は無料だったんですけどね
画像
画像


「那谷寺」の始まりは、白山を開山した泰澄上人が千手観音を奉納したことからだそうです。その後、西国三十三箇所巡りを創始した花山法皇が「この山に観音霊場三十三の全てがある」といって、一番那智山・三十三番谷汲山の文字を合わせて、那谷寺と命名しました。

その後、南北朝や一向一揆の争乱で荒廃しましたが、加賀3代藩主の前田利常によって、現在の建物が再建整備されました。また、利常は隠居後、小松城を隠居所としていた為、ここを別邸としても整備していて、書院と庭園は各々重文・国指定名勝に指定されています。一面の苔の庭と武家風の書院は美しいですよ。庭園の拝観は雪が積もると中止になっていますから、気をつけてください。

                      金堂華王堂
平成2年に再建されたもので那谷寺で唯一派手な建物です。中には丈六の本尊・千手観音が祀られています。これまたでかくて派手な像です。この金堂は那谷寺の諸行事全てを行う場所になっています。
画像

 
左隣りに書院と庭園、冬の積雪時は観覧停止、この日は残念でした。
右隣りには普門閣、こちらは白山5か村の庄屋宅を移築したものです。北陸で一番大きい庄屋屋敷といわれています。この中には寺宝が展示されていて歴史的にも重要なお宝が展示されています。是非、覗いてみることをお奨めします。ここは売店もかねています。

境内は自然の岩山を中心にした奇岩の遊仙境と池が絡まって、美しい風景が演出されています。観音信仰特有の胎内巡りもあります。
とにかく自然を生かした美しいお寺です。四季それぞれの趣がありますが、紅葉の名所でもあり晩秋の頃が一番の見ごろです。
画像
画像

画像
画像


本殿 大悲閣 唐門
ここは、唐門と拝殿と本殿が一体化しています。胎内めぐりとして一番奥に本当の本尊・千手観音像が祀られています。御参りの時は必ず奥まで入りましようね
ちなみにこの建物の部材は中国や南方の木材が使用されています。
画像
画像


                     晴れていないと登れない稲荷大明神   
画像


                            山上の護摩堂
画像


三重塔
中には鎌倉時代の大日如来と20の壁面唐獅子の彫刻があります。
この日は扉が開放されていたので、しっかり尊顔を覗かせてもらいました。
画像
画像


松尾芭蕉も「奥の細道」の際、訪れていて「石山の 石より白し 秋の風」と、読んでいます。ここに訪れる前、ずっと同行した曾良と山中温泉で別れたあとでした。けっこう、いろいろな感慨があったみたいです。
ちなみに芭蕉の訪れた頃は現在のような紅葉の名所ではなく、松の名所として知られていたようです。
画像


最後に普門閣の売店で買ってきた「金ぺいとう金箔入」
金平糖なんてほんと久しぶりに食べました。甘い物好きの僕
ちなみに、緑は緑茶・白は砂糖・黒は黒砂糖です。作っているのは金箔で有名な箔座のものでした。
画像
画像
画像


日記日 2010.01.04

松任金剣宮


那谷寺


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • go

    こんにちは、那谷寺の名前はそうゆう事でつけられたのですか、知りませんでした、ひとつ知識を頂きました。
    石川県に来てから一回だけ行ったことが有りますが、一番印象に残っているのが芭蕉の句の「石山の 石より白し 秋の風」、良い句はいつまでも忘れないものですね。
    2013年03月10日 12:52
  • がにちゃん

    電線が切れた・・・ウソでしょう 信じられない そんなことが起こったら私は生きていけましぇん  昨日の暖かさからいってん真冬の寒さと雨と風
    もう繋がりましたか
    那谷寺 良い所ですね  
    2013年03月10日 18:28
  • つとつと

    goさん
    石川県内のお寺の中でも景観は一番かも^^
    入場料を取られるのが玉に疵ですが、それでも気に入りのお寺です。

    芭蕉は小松から山中に行って、長く同行した河合曾良と別れましたが、その後小松に逆戻りしています。その途中でこの寺に立ち寄ったそうです。
    この句は地元ということもあって、僕も小さいころから好きな句の一つです。
    2013年03月12日 12:22
  • つとつと

    がにちゃんさん
    まったく、真冬に電気なしは辛いですね。。暖房も風呂も使えないんで冷え切っちゃいました。仕事で外に出ると逆にあったかいというのはなんともはや。。。おかげで早朝近所の人はみんな外にぞろぞろ、世間話や不満顔でガヤガヤ^^;

    那谷寺 なかなか良い所ですよ。県内でも珍しい岩山を利用したお寺なんですよ^^
    2013年03月12日 12:28

この記事へのトラックバック

  • 今江城址(御幸塚城)
  • Excerpt: 前回の記事の浅井畷の合戦を書いた際、前田利家の別働隊が布陣していた城が今江城だとしたので、以前訪れているのでご紹介します。
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2013-06-16 20:36
  • 那谷寺境内、国名勝におくのほそ道の風景地
  • Excerpt: 国の文化審議会は15日、俳聖松尾芭蕉が陸奥、北陸路を旅した「おくのほそ道の風景地」(10県13カ所)として、石川県内から那谷寺の境内を国名勝に指定するよう、下村博文文部科学相に答申した。
  • Weblog: ローカルニュースの旅
  • Tracked: 2013-11-18 21:59
  • 花山神社 菩提町
  • Excerpt: 小松市に岩山を中心にした遊仙峡と呼ばれる寺院庭園を巡ることができる那谷寺(なたでら)があります。北陸の寺院でも四季の景観は随一と云われています。
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2014-10-18 21:42
  • 粟生少彦名神社(あおすくなひこなじんじゃ)
  • Excerpt: 前回の「芭蕉の渡し」の対岸に当たる粟生宿にあるもう一つの「粟生少彦名神社(あおすくなひこなじんじゃ)」 ここには芭蕉の渡しの半年ほど前に立ち寄っています。お客さんとの待ち合わせの時間調整に立ち寄った..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2015-02-19 01:01
  • お旅祭り 曳山子供歌舞伎
  • Excerpt: 芦城公園を後にして、せっかくお祭りに来たということで、久しぶりに子供歌舞伎の曳山を観に行くことに 僕と嫁さんは何度か街中で観たことはあるんですが、娘は初めての体験。見たことがある僕と嫁さんも曳山の八..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2015-06-14 02:36
  • 葭島(よしじま)神社
  • Excerpt: 小松城は加賀藩三代藩主・前田利常が自身の隠居城として、金沢城の倍の規模と趣向を凝らした建物や庭園(お花の庭園まで造っていたそうです。)を造作していたと云われます。利常の死後、小松・能美の隠居領(約20..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2019-03-21 19:37

最近のコメント