和田山城址

和田山城という名前を聞くと、城好きな人は今人気の天空の城・竹田城の別名と思われそうですが、今回の城は加賀の手取川南岸の丘陵地帯にあったお城です。
画像


古代における石川県の中心地は手取川南岸から加賀温泉に広がる平野部であったと云われています。当時は加賀三湖や大小の湖沼が存在していましたので、現在の小松市街の旧8号線(現在の305号線)東部の加賀国府があったという古府町辺りから手取川南岸の寺井(現・能美市寺井)の平野部だと推測されています。

寺井や小松の西部を訪れると、なだらかに広がる平野が広く感じると思います。
その平野部にポツネンと標高50メートルほどの丘陵地帯があります。昭和の高度成長期に道路建設や住宅地の造成のために大きく削られてしまいましたが、この丘陵地帯に3~7世紀にかけての古墳が集積しています。
以前紹介した北陸最大の古墳・秋常山1号墳の秋常山、多くの武具が発見された和田山5号墳、40数基が発見発掘されている和田山・末寺山古墳群、同じく10基以上が確認されている寺井山古墳群などなど。。。元々、これらは同じ丘陵地でしたが、前述のとおり造成による掘削により大きく削られ、その際に更にあったと思われる古墳群が失われてしまったようです。
この大規模な古墳期・飛鳥期(3~7世紀)の円墳・方墳・前方後円墳・前方後方墳など、古墳の展覧会のような場所が存在するのですから、加賀の古代史の中心地はこの近辺だと推察されます。

この古墳群はまたの機会にご紹介したいと思いますが、史跡公園として整備が進んでいますから、古墳時代の草創期から終末期にかけての物が気軽に観られます。古代史ファンにはぜひ訪れて欲しいスポットです。

この古墳群のある丘陵地帯は中世期となる室町・戦国期においても加賀の前哨地として重要視されていました。40数基を持つ和田山には古墳を利用した城跡があります。それが今回ご紹介する「和田山城址」
画像
画像


和田山城に最初に砦を築いたのは、永正3年(1506年)一向宗の和田坊超勝寺が最初と云われています。
超勝寺は越前(現在の福井市藤島)に本拠があり、蓮如時代には北陸進出の拠点とされた寺で、一向宗内最大の内乱となった大小一揆には大一揆(本願寺側)の北陸の拠点になった寺です。その名が冠されているのですから、大小一揆には本願寺側の最前線基地になっていたようです。しかし大小一揆の際には、小一揆側に立った越前朝倉家の名将・朝倉教景(宗滴)が、本陣を置いたという記録も残されています。

その後、天正3年(1575年)織田信長の侵攻により柴田勝家が北陸進出の際には、越前確保の後は加賀侵入も行いこの辺りまでを勢力圏に納めています。その際に、柴田家臣の安井左近に命じて城を改修させています。
現在の城跡の遺構はこの時の物と云われています。
天正8年(1580年)の尾山御坊陥落後は、一向宗門徒は白山麓の鶴来の船岡城・鳥越の鳥越城に籠って抵抗を続けるのですが、それらに対抗する織田方の前線基地として、安井左近が改めて城主として入城しています。
天正8年(1582年)加賀一向宗の壊滅と共に、その役割を終えて廃城となっています。

城址は典型的な平山城の形態ですが、標高は40メートルほどでさほど堅固さは感じられません。
丘陵地帯の南西に突き出る岬のような位置にあるので、防御監視がメインの城だったと思われます。
土塁・空堀・二の丸・本丸などが遺構として見られます。特に犬走り下の逆落としなどは急な崖形状が観られます。
特筆すべきは、ここが古墳地帯ということ、そのため空堀の周溝の一部、二の丸・本丸に残る櫓台は、それぞれ8・9・14号墳と呼ばれる古墳をそのまま利用しています。ちょっと罰当たりな感じですが、城の遺構としてはおかげで、現在でも雰囲気は解ります。

二の丸跡
画像














二の丸 櫓台跡地(第8号墳)
画像














二の丸 空堀 1枚目の左が櫓台(8号墳)、ここの空堀は古墳の周溝を利用して造られたものです。
画像
画像
画像


虎口
画像
















本丸 右が櫓台跡(9号墳)
画像















本丸 内郭(14号墳)周溝 逆落とし
画像















空堀などはもっと深かったそうですが、古墳群は国史跡として保存されていますので、城としてはあまり知られていませんが、小規模ですが城の形態も形状が解るようになっています。

古墳・城好きの人にとっては両方いっぺんに観られる貴重な存在です。

旅行日 2012.10.04








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • 流布院

    お久しぶりでございます。

    竹田城跡は何度も訪れていますが、和田山城という所もあったのですね。
    確かに和田山城と聞くと竹田城跡のことなのかと思ってしまいます。
    2014年03月09日 23:08
  • 家ニスタ

    こんばんは。
    和田山城、面白そうですね。
    古墳を利用した城というのが気に入りました。
    城跡と古墳群、一粒で二度おいしいですね。
    このあたりは行ったことがないので、機会があったら行ってみたいと思います。
    2014年03月11日 22:21
  • がにちゃん

    お久しぶりです お元気でしたか
    いまTVで備中松山城 もう一つの天空の山城放映されています
    雲海 雪 すごい景色です 行かれたことありますか  この和田山城も絵図を見ていると立派だったようですね 竹田城にしても こんな山の中に 昔の人はすごいと思いますね
    2014年03月12日 18:17
  • go

    つとつとさん、こんにちは、ご無沙汰しております。
    白山麓の扇状地から加賀平野あたりは古墳時代に栄えた中心的な所だったようですね、それからかなり時がたって前田一族が尾山に本拠地を築いてから現在は金沢が政治、経済の中心地となっていますが、ながい歴史のさかのぼると人類が生活を営んだ所は常に変ってゆくものですね。
    古墳時代に築いた古墳を利用して築城した事には驚きました、古墳を築いた時代には考えられない宗教と権力が絡んだ一向一揆の戦の事は古墳の埋葬者もビックリしていることでしょう。
    いつもローカルの歴史を読ませて頂いて興味がそそられます、ありがとうございます。
    2014年03月16日 17:58
  • つとつと

    みなさん、秋口から体調を崩して騙し騙し無理無茶を重ねていたら、ますます体調不良の世界で、嫁さんから再び仕事以外のPC使用を禁じられてしまいました。
    休み休み仕事をしていたら(サボりながらとも言います^^;)すっかり仕事も山済みで。。。なかなかこちらにも来られず。。。
    2.3.4月は一年の中でも一番忙しい時期になってしまい、ますますIN出来ずにいました。皆さんも無理しすぎて体を壊すとロクなことにならないんで、ごじあいください_(。。)_
    体調不良と共に、ブログも長く停滞しましたが、お出掛けや立ち寄り頻度が大幅ダウン↓↓ それでも、以前からの写真などが溜まっているので、機会と嫁さんの眼を盗んでアップしていくつもりです。これからも、よろしくお願いいたします。
    2014年03月18日 18:32
  • つとつと

    流布院さん
    竹田城もすっかり全国に知れ渡り、いろいろな問題が発生しているようですね。
    やはり史跡は、そこそこの人の訪れは必要ですが、マナーのない人が多くなると逆に荒らされたり、国・県・市町村が介入して困った問題になってしまうのが、ネックですねえ^^;いろいろな名所旧跡は最低限の保護とマナーが後世に残るんだと思います。 この和田山の辺りも造成の掘削がなければ、もっと大規模な全国に誇れる古墳地帯だったんですが。。。

    家ニスタさん
    家ニスタさんなら絶対喰いついてくれるお城だと思いました。
    規模としては大規模なものではありませんが、城の遺構は思ったより残っているお城です。大規模な古墳の連続地帯は入口が同じなので両方楽しむのは楽しいですよ
    そうそう麓に寺井町の歴史資料館があるんですが、そこに城の復元図や古墳から出土した鎧や兜が展示されていますから、お忘れなく^^

    がにちゃんさん
    自業自得の諸事情ですっかりご無沙汰しちゃいました。
    備中松山城 三大山城として知られているんですが、まだ未訪の地なんですTT
    なにせ岡山自体、一回しか言ったことないもんでTT
    でも、山城は素晴らしいものが多く存在するので行きたい所いっぱいなんですよ^^

    う~~ん、旅したいなあ。。
    2014年03月18日 19:22
  • つとつと

    goさん
    すいません。すっかりご無沙汰してしまいました。
    松任というか白山市自体、歴史的なくらい雪が少なくて、お出掛けには最高のチャンスだったんですが、自業自得ですっかり逸してしまいました。

    加賀の中心地は金沢という印象が強いんですが、元々はこの辺りが中心地で徐々に北上して行ったみたいです。そういえば、維新後の県庁も美川でしたから。。。加賀や白山だって決して金沢に見劣りしない歴史があると思うんですが^^

    県内でも、この寺井の辺りは観光や娯楽ではフィッシュランドくらいですが、ちょっと足を延ばすと、この古墳地帯が存在するんですから面白いですね。
    仕事柄、なかなか県内から足が伸ばせないんですが、たまに回ってみると面白い場所や興味深い発見があって、飽きませんねえ^^
    2014年03月18日 19:22
  • がにちゃん

    復活 おめでとうございます
    ご無理をされずに 記事 お願いします
    櫻 いよいよ一気咲に成りそうですね(笑)
    2014年03月30日 14:07

この記事へのトラックバック

  • 河田山古墳群
  • Excerpt: 前回紹介した和田山城址のある和田山・末寺山古墳群には約40基以上の古墳が確認されているのですが、近くの秋常山や寺井山を合わせれば約60基程。造成や掘削を考慮すれば、100~200基以上が存在したとされ..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2014-04-14 13:01
  • 和田山古墳群(能美古墳群)
  • Excerpt: 能美丘陵地は加賀平野の真ん中に忽然と在った丘陵地です。 以前紹介した秋常山古墳や和田山城はこの丘陵地を利用して造られたものです。 能美の丘陵地は古くから古墳が多く存在し、3~7世紀の古墳時代全般に..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2014-12-28 20:01
  • 秋常山古墳 菜の花畑&麦畑
  • Excerpt: 以前紹介した北陸自動車道の徳光SA側のコスモス畑&菜の花畑が無くなってしまったために、大きな菜の花畑が無くなってしまいました。コスモス畑は小規模ながら金沢の東の山間地などの名所はありましたが、菜の花畑..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2015-07-03 18:28
  • 奥野八幡神社
  • Excerpt: 能美市の中心地・寺井地区は古代は広大な平野の真ん中に忽然と存在した丘陵と平坦地でした。 古墳期にはこの丘陵地帯に多くの古墳が築かれており60基以上の存在が確認され能美古墳群として国史跡に認定されてい..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2018-07-21 00:18

最近のコメント