尾小屋鉱山資料館(尾小屋マインロード)

以前、ご紹介した十二ヶ滝のある郷谷川を横目に観ながら上流に進むと、尾小屋鉱山資料館と鉱山跡を巡ることができる尾小屋マインロードがあります。
画像

尾小屋鉱山は江戸時代から続いた鉱山です。
天和年代(1680年頃)から加賀藩が金の採掘を試験的に始め、宝永年間(1704年頃)になって加賀藩が本格的に採掘を始めましたが、量・質的にも良質とは言えずあまり重要視されていませんでした。
明治13年(1880年)、加賀藩八家老の一つ・横山家の10代当主・横山隆平(よこやまたかひら)・隆興兄弟が経営参入、鉱山開発に乗り出し、翌年に銅の優良鉱脈を発見して隆盛しました。(名義的に当主の隆平、鉱山実務を鉱山長として隆興が行ったと云われています。)
洪水などで苦戦した時期もありましたが近代装備を導入して乗り越え、銅の精製も行い粗銅生産量は明治36年(1903年)には生産量が1000トンを超えて、当時の日本一の銅生産量を誇るほどに隆盛しました。全盛期の大正8.9年(1919年)には2000トンを超え、山間の町には鉱夫数1700人超・人口5000人超が存在し、小松から尾小屋を繋ぐ尾小屋鉄道が開通しました。
画像
画像


横山家の鉱山事業部は金沢(現・金沢市大手町)に置かれていました。
明治期の石川県には繊維工場などの女性労働力をメインにしたものが多かったのですが、男性労働力をメインにした鉱山事業は北陸では特筆されるもので、前出の横山隆平・隆興・章(隆平の次男の子)などは北陸の鉱山王と呼ばれ、他鉱山の買収、尾小屋鉄道加州銀行と経営拡大して「金沢は横山で持つ」とまで賞されていました。

大正になると、隆平・隆興と相次いで亡くなり、設備重機や鉱山運営の切り替えが世界需要に乗り遅れ、度重なる労働争議、更に第一次大戦後の不況の波をもろに受け経営自体に斜陽がみられました。需要時に比べ不況時に生産を増やすなど、労使の関係改善の停滞、経営方針のミスもあって横山家は衰退していきます。結局、横山家は家屋敷・鉱山を抵当にしてまで尾小屋存続に固執しますが、更にそれが裏目となり昭和6年(1931年)に尾小屋鉱山を手放します。

横山家の隆盛の名残を残すものとしては、今年結婚式場・レストランの併設に伴って公開された辻家庭園(旧横山家迎賓館)・・・庭園規模は全盛時の1/10ですが、大正期の屋敷や群青の間は必見です。
金沢歌劇座前の交差点を歌劇座側に入った所にある城南荘(旧横山邸)・・・土塀が重厚です。横山隆平が建てたもの。
山中温泉にある無限庵・・・こおろぎ橋の側にあります。金沢で横山章が自邸に建てた書院の一部で、売却後移築されたものです。

横山家から手の離れた尾小屋鉱山は日本興業・北陸鉱山と経営が変わり,黒字経営に盛り返した時期もありますが、有力鉱脈が無くなり海外からの輸入銅の自由化により、昭和46年(1971年)閉山となりました。加州銀行は2度の合併を経て現在は北國銀行、尾小屋鉄道は昭和52年(1977年)廃線となりましたが市内循環のバス路線や観光バスを運営する小松バスとして現代に受け継がれています。
殿様商売と揶揄されることもありますが、横山家が北陸・加賀の産業界に残した足跡は大きい物がありました。

全国的にも銅山には鉱山開発や精錬による煙害や鉱毒の流出で自然破壊が問題になっています。閉山後の尾小屋鉱山周辺も煙害で緑がなく、郷谷川も鉱毒による汚染問題がありました。
昭和47年頃から住民の生活環境保全のために県による緑化事業が進められました。岩盤の爆砕や土砂の埋設、ヘリも導入するという大掛かりなものだったようです。昭和60年代になって、その事業が実を結び緑の山が戻っています。また、郷谷川上流の赤目・倉谷に坑水処理場が作られ、環境資源センターによって管理され、水も美しくなっています。おかげで尾小屋経由で大倉岳に向かうには美しい緑の登山道が復活しています。

尾小屋は大倉岳への登山口になりますが、その入り口に立つのが「尾小屋鉱山資料館」
ここには、江戸期から昭和までの尾小屋鉱山の歴史や鉱山道具、産出鉱物の展示説明、銅精製の流れなど、
また、尾小屋鉱山の高低差700メートル、坑道総延長160キロメートル、立坑が10本などを断面図や鉱脈図で詳細説明しています。前述した廃線となった尾小屋鉄道の説明展示もあります。
画像
画像
画像














この資料館で入場券(資料館・マインロード共通券500円)を購入するんですが、資料館の裏口から正面に坑道を利用した尾小屋マインロードがあります。
画像
画像
画像

総延長約600メートル、前半部は江戸期・明治期の採鉱や鉱石の選別などジオラマを使って再現されています。後半部も昭和・戦後の採鉱をジオラマなどを使って再現されています。
画像
画像

画像
画像
画像

途中には工法や採掘方法、枠組みの各種使用など、鉱山での工法の歴史が直に観られるようになっています。
写真はシュリンケージ採掘跡、鉱脈に沿って掘り進む工法です。
画像
画像
画像

横坑道にはブラックライトや泡システムを使用して光のアートがあったりします。(お客さんを飽きさせない為かも)
画像
画像
画像


北陸ではこういった鉱山の坑道を利用した見学施設では、福井に「アドベンチャーランド中竜」という大規模なものがあったんですが(以前行ったことがありますが、近代的な大規模坑道でした。)、10年程前に閉鎖されてしまいました。尾小屋マインロードは北陸では唯一の整備された貴重な観光学習用の坑道施設になっています。
画像
画像

坑道内は湧水があり、水滴が落ちてきたり、壁が泥壁の部分も多くありますから、汚れても良い格好で見学することをお勧めします。

マインロードの坑道内は気温14℃湿度70%で安定しています。しかし地下の最深部では気温は28~30℃となり労働者には過酷な条件になったのがうかがわれます。
現在はこの一定の気温・湿度条件を利用して物品の保存や、地下深くで外部からの放射線の影響が少ないことから金沢大学の低レベル放射線や放射能の測定装置の実験・測定場所にもなっているそうです。

尾小屋鉱山資料館の入り口に「尾小屋ポッポ汽車展示館」があります。尾小屋ポッポ汽車展示館では尾小屋鉄道で使用された5号蒸気機関車・キハ3気動車(1803)・ハフ1客車が展示公開されています。
画像
画像

元々、尾小屋鉄道廃止後(昭和52年)は車両は全国各地に出て行きました。石川では加賀県民の森に前述の三車輌とDC121ディーゼル機関車、キハ1気動車が静態保存されていたのですが、傷みが目立ち昭和58年に粟津の小松児童会館に移されて、ボランティア組織なつかしの尾小屋鉄道を守る会も組織され県と共に整備メンテナンスが施され翌年には動態復活を果たしています。
小松児童会館は、現在はいしかわ子ども交流センター小松館と名称が変わりましたが、樹幹を走る400メートルの線路の「なかよし鉄道」にキハ1が活躍しています。一般には水曜1回、土日祭日2回、運行しています。
画像

平成14年にこの展示館が開館して三車輌がこちらに移されて公開展示されています。メンテナンスも守る会によって行われており、毎年4月から月1度のペースですが、車両の動態運転を行っています。
画像
画像

今年の夏(H26.8.23)、8月に前述の「なかよし鉄道」に展示館のキハ3(1803)が守る会の主催で走って話題になりました。

旧尾小屋駅には朽ち果てたDC122ディーゼルの残骸がいます。機会が在ったら観てあげてください。

旅行日 2012.09.01 2012.10.18

尾小屋鉱山資料館


いしかわ子ども交流センター小松館



尾小屋鉄道 [ 寺田裕一 ]
楽天ブックス
RM LIBRARY 寺田裕一 ネコ・パブリッシング発行年月:2009年04月 ページ数:56p サ


楽天市場 by 尾小屋鉄道 [ 寺田裕一 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

  • イータン

    こんばんは~
    全国各所に数カ所あった一つの「尾小屋鉱山」の事 恥ずかしながら知りませんでした。
    奥深い歴史の積み重ねを感じずにいられません。
    2014年11月04日 19:52
  • 流布院

    なんて面白そうな所、いつか機会があれば行ってみます。
    アドベンチャーランド中竜は知った時には既に閉鎖、行ったことがあるなんて羨ましい!
    2014年11月04日 23:24
  • がにちゃん

    知りませんでした きちんと整備もされていて 暗い坑道の中光のアートも楽しみですね  しかし昔の豪商はすごい!!! 
    2014年11月05日 11:15
  • つとつと

    イータンさん
    石川県内の人でも意外に尾小屋を知らない人が多いんですよ。知ってても凄い山奥の寒村と思ってる人が多いんです^^;
    今度公開された辻家庭園は凄いですよ^^群青の間は和室料亭にもなっていて、一晩一組だけの予約になってるそうです。貧乏人の僕には関係ないけど、見学だけはまた行きたいと思っています。

    流布院さん
    尾小屋は面白そうでしょ^^中竜は大規模でメインは宝石や鉱石販売だったんですが、バブリーな頃は良かったんですが、、、、でも、鉱山内の公開部分は広かったんですよ。2度行ったんですが、家族でまた行こうと思っていたらいつの間にか閉園TT
    貴重な存在だったんだけどなあ

    がにちゃんさん
    加賀横山家は加賀藩の家老の家で当初は2.4万石、幕末には3万石で大名クラスの家柄だったんですよ。今年、公開の辻家庭園はこれから金沢の新名所になると思います。また金沢に来る機会が在ったらお奨めですよ^^犀川の河畔なので眺望も最高ですよ^^
    御茶代込みで入場料1000円。群青の間は一晩一客の料亭にもなっています。
    2014年11月08日 01:34

この記事へのトラックバック

  • 苔の里 ~ 
  • Excerpt: 先日、ブログ友達のgoさんが日用町の苔の里をUPしていました。 goさんのブログ goさんは僕と生活圏が同じなので、僕の行く場所やgoさんが行かれる場所は、お互いに7割方は解る場所であり、違った視点..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2015-07-10 15:03
  • 玉龍寺 (前田対馬守家菩提寺・墓所)
  • Excerpt: 加賀藩では人持組頭として1万石以上の所領を受け、家老として藩政に常時参画する資格を持つ一門衆・重臣の家系を別名で加賀八家と呼んでいました。他藩の年寄役に当りますが、所領を見ても解るように、外様陪臣とは..
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2016-07-10 22:22

最近のコメント