千枚田 イルミネーション

冬になるとすっかり出不精になるし、年末年始の風邪で体調不良でまったくと言っていいほど、仕事以外の外出がなかった僕。ストレスが溜まりに溜り、ついに爆発。
一緒に行かないかと誘っても反応を示さない嫁さんに「ちょっと、行ってくる!!」
午後3時半頃に、行先も告げずに車に飛び乗ってひとっ走り。。向かうは輪島・千枚田
画像
画像

海側バイパスから、H25.4に無料化になって料金所が無くなって、ノンストップで能登空港まで直通になった能登海浜道路改め「のと里山海道」をひた走り、輪島への山越え、海岸線と更に15キロほど。。
場所によって海道に残雪などがありましたが、意外に車も少なくスムーズにPM5:30過ぎ到着。。夕方だけど、まだ当りは少し明るい感じ。。陽が長くなってきましたねえ。。
画像
画像

やって来たのは、輪島の千枚田ポケットパーク 千枚田では冬季間はイルミネーションを施しています。
能登は冬は風も強く、風景も冬枯れで寒々しく厳しい感じ。竹などを使った間垣の風景や波の花など、食も穴水の牡蠣が美味しい。それはそれで風情がありますが、やっぱり寒々しく厳しいのはと、途中の七尾・穴水辺りは雪も多いので、敬遠されることが多いのです。確かに能登と聞くと冬のイメージを持つんだけど、寒い・厳しいはマイナスイメージになってしまいます。
画像
画像

観光に力が入る能登ですが、四季の中でも冬はどうしても観光が落ち込む傾向があります。
そりゃそうだ。。寒風吹きすさぶ海風のなか、海の前に立つのはよほどの酔狂な人か、失恋でもして落ち込んでるか、何かを忘れたいか、やばい感じか。。。
画像
画像

画像
画像

そんな冬の能登を払拭するために、冬の能登の観光を底上げするために考えられたのが、イルミネーション。
数年前から行われているのですが太陽電池を利用して、最初は単色で数も多くはなかったんですが、年々人気も上がってきて、今年は約3万個の炎が揺らめくようなLEDを使用しています。
画像

あたりには照明や町灯りがない暗闇ですから光が冴えます。
1004枚の田圃の畦道にLED電球を配置して、幻想的な光の眺望が浮かび上がります。
陽が沈んだ所から点灯、30分ごとに色を変えるように設定されていて、4時間点灯されます。
辺りがうす暗くなると点灯するので、最初はこんな感じ。。まだ、少し明るいうちに千枚田をぐるっと回ってきました。
画像
画像

画像
画像

今回は、どこに行くとも家族に言わずに出て来たんのと、嫁さんに早く戻ると云っていたのと、
更に祭日で観光客やカップルが多く、おじさん1人は僕ぐらい。。
人が多い所は苦手な僕は僅かな時間で切り上げたので、1色しか見られませんでしたが、素晴らしい眺望でした
今冬のイルミネーションは、10/19~3/15の間に開催しています。
画像
画像

画像
画像

晴れ男の神通力を発揮して、千枚田では雨も雪も無し^^V 明るいうちに海辺まで下りて千枚田の中も歩いてきました。次回は家族と一緒か、一人でもいいけど、4時間たっぷりと眺めていたいなあ。。。違う色も観たかったなあ 画像は大きくした方が綺麗です^^
画像
画像

画像

画像
画像

バレンタイン・カップルコーナーは2/14までだそうです。
画像
画像

そうそう、千枚田ポケットパークは改修されて、広々としたものになりました。ですから、いろいろな場所から観られるようになりました。ただし、訪れたことのある人は解ると思いますが、吹きっ晒しの高台ですから、防寒はしっかりして暖かい飲み物も持参するとバッチリです。その場でタイ焼きや大判焼きを買おうかとも思ったんですが、正直お高いし、とにかくお客さんが列をなしていて並ぶのはイヤというのが僕の意見
画像
画像

一応、一人で来てしまったんで、家にお土産は水羊羹を。。。輪島の水羊羹は冬の風物詩の一つです。冬に水羊羹???と思う人もいると思いますが、輪島では水羊羹は昔から冬の御馳走としておやつとして各家庭で作られてきました。製法も各家、各菓子店で違っていて味がまるっきり違います。冬場に輪島に来たら、僕が必ず購入する逸品です。
いつも輪島市内の好みの店で買うんですが、夜になってしまったのでポケットパークの売店で購入 一応、輪島市内産だから期待が持てます^^
画像
画像

画像
画像


夜景ついでと云ってはなんですが、帰り道に寄った金沢港大浜埠頭の夜景です。
画像
画像


旅行日 2015.02.11

千枚田ポケットパーク


金沢港・大浜埠頭


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • がにちゃん

    素敵ですね  友達と能登へ行ってもう2年たちました 早いです!  ガイド兼ねた運転手さんが千枚田の説明をしてくださった時 ライトアップ見に来たいねと友達と話していました 本当にきれいですね 4時間 車で無いと無理でしょうね(笑) 
    2015年02月13日 17:06
  • つとつと

    がにちゃんさん
    できれば、他の色も合せて観たかったんですが、滞在時間40分ではこれだけになっちゃいました^^;でも、千枚田の海岸まで下りたのは10年ぶりだったかも^^
    毎年ライトの数が増えて綺麗になってます機会が在ったら、いつでも運転手しますよ^^一応、輪島の道の駅から往復のシャトルバスも出てるみたいですよ^^
    2015年02月13日 18:55
  • イータン

    こんばんは~

    輪島 千枚田 規模の大きさにビックリしました。
    千葉の鴨川にも「大山千枚田」がありますが、規模の大きさは比べものにならないくらい広いですね。

    イルミネーションも素晴らしい~
    こういった貴重な土地 ずっ~と受け継いでいかなければいけませんね。
    寒風の能登の荒波が伝わってきました。

    「水羊羹」逆チョコなんですね 美味しそう~
    2015年02月13日 21:42
  • 流布院

    ライトアップされてるのですね、驚きました。
    ここを訪れたのは6年前、ポケットパークも変わってるんですね。

    4時間もいてると凍えてしまいそう
    2015年02月13日 22:30
  • つとつと

    イータンさん
    加賀の北から能登は山地が多いために棚田が多いんですよ^^
    特にこの白米千枚田は石川でも最大規模の物です。江戸時代に開発されたもので、灌漑事業も大変だったようです。しかも、海に接する棚田は珍しいと思います。
    この棚田も過疎化や効率化で休耕田問題があったんですが、愛知の安城東高校の生徒の10年間の草刈り作業修学旅行を皮切りに、地元、オーナー制度でここまで復活したそうです。
    輪島に来られたら、是非寄ってみてください。そうそう、1004枚の中に1枚だけハートの田圃があります。探してみてください^^
    2015年02月14日 01:21
  • つとつと

    流布院さん
    流布院さんの記事は覚えていますよ^^あの頃、間垣を知ってる人がいるとは思わなくて関心したのを覚えています。
    5.6年程前から始まったんですが、年々ライト数が増えて大規模になってきました。ポケットパークも昨昨年改修されて駐車場が広くなりましたし、展望台も2段になっています。
    そうなんですよね。。長くたっていると寒くて震えちゃうんですよ^^
    30分ごとに車や売店に駆け込むのが一番かも^^
    2015年02月14日 01:34

この記事へのトラックバック

  • 白米千枚田
  • Excerpt: 遅れてしまいましたが、皆様、明けましておめでとうございます本年もよろしくお願いいたします
  • Weblog: つとつとのブログ
  • Tracked: 2016-01-08 11:26

最近のコメント