粟生少彦名神社(あおすくなひこなじんじゃ)

前回の芭蕉の渡しの対岸に当たる粟生宿にあるもう一つの「粟生少彦名神社(あおすくなひこなじんじゃ)」
ここには芭蕉の渡しの半年ほど前に立ち寄っています。お客さんとの待ち合わせの時間調整に立ち寄ったんですが、なかなか古風で規模の大きさが印象に残っていました。
画像

粟生少彦名神社の由緒書によれば、江戸期の火災で文書類が焼失して詳しい由緒が解らなくなっているそうです。
画像

往古に湯口村と北尾村が合併して一村となった際に、村民を挙げて防水土手と水路を作事したことにより、良質な穀草類が生産されるようになり「粟生」という地名が生まれたとされています。旧寺井町粟生(現・能美市粟生)は、現在も非常に広い範囲で工業団地や田園地帯が広がったりしますが、江戸期には対岸の芭蕉の渡しの辺りも粟生と呼ばれていました。明治中頃には、寺井の中心街に当たる三道山や吉光なども粟生と呼ばれ旧寺井町の過半を占めていました。
画像

江戸時代には、加賀平野屈指の穀倉地帯の実りの感謝と願い、治水の願いを込めて、藩主が参勤交代でこの道を通る際には、この神社に立ち寄って祈祷を行ったと云われています。
社域の大きさはそれを示すようです。更に、この神社の紋所は梅鉢紋で加賀前田家との深い係わりを窺わせます。今回は画像がありませんが、現在の本殿の中に江戸末期の本殿が収められており、一間社流造・柿葺・壁板三面が欅の一枚作りで流麗な彫刻が施されています。
是非一度は拝みたいのですが、まだまだ果たせずにいます。能美市のHPに画像がありましたので、興味のある人はこちらをどうぞ ⇒ 粟生少彦名神社本殿
能美市の広報によれば・・・藩政末期(110~130年前)の建築物で、壁板は三面欅の一枚板を使用し、立派な彫刻を施してある。加賀地方においてこのような建築物の類例は、那谷寺の護摩堂にあるだけで、大変稀な建造物である。
云われてみれば、那谷寺の護摩堂は外観は観たことはありますが内部は観たことがありません。一度緻密な彫刻を間近で観てみたいものです。
画像

少彦名神は神仏習合では薬師如来と同一視されています。このため、江戸時代には別名で「薬師宮」と呼ばれていました。ご存知のように薬師如来は医薬や健康の仏です。社域内にはイボ取石や病に効くと伝えられる湧水の「保寿泉」などが点在します。
画像
画像
画像
画像

保寿泉の隣には祠が建立されていますが、この中には薬師如来が浮き彫りにされた石仏が祭られています。
廃仏毀釈を逃れて、神社の中に薬師如来の石仏があるのは珍しいものですねえ。年代も古そうですが、いつぐらいの物かは不明です。
ちなみに少彦名神は書記では高皇産霊神(たかみむすびのかみ、高木神)の子とされています。また、大国主の側近・軍師として国造りを手伝ったとされています。医薬・温泉・占術・知識・穀物・酒造・石岩の神とされています。九州系・出雲系双方に名が出てくる神として謎が多い神でもあります。
画像
画像

社域や拝殿・本殿はなかなか凝った造りで、古くから地元に根付いているのは確かです。
なお、すぐ近くに同じくらいの社域の粟生八幡神社もあり、今はそれ程の人口の多い集落ではありませんが、粟生宿として栄えた片鱗は覗えます。たぶん手取川を渡った芭蕉一行もこの粟生を通って寺井の町中を抜けて小松に向かったと思われます。
画像

粟生八幡神社の屋根瓦は新しく葺き替えられたものですが、このオレンジがかった茶の瓦は能美を含めた加賀地区に多く観られる瓦です。松井秀喜のベースボールミュージアムや旧野球の館の屋根、伝承保存地区の指定を受ける荒谷・今立地区もこれと同じ色を使用しています。発祥は荒谷・今立だと云われています。
画像


旅行日 2012.10.04

粟生少彦名神社


荒谷・今立伝承保存地区






この記事へのコメント

  • えりす

    少彦名命さまは、医療の神様という認識でしたが、なるほど薬師如来さまとカップリング(?)されたゆえなのですね?!
    神仏習合のお蔭で、いろいろとおかしな現象(物象)が全国各地に残っておりまするね。
    (^▽^;)お寺に鳥居があるところまでありますし…。
    2015年02月19日 10:02
  • つとつと

    江戸期以前は神仏習合が当たり前で、そもそも神道に仏教が結びついたのが始まりだったんです。全く違う宗教を一緒にしちゃうのは日本人ならではだと思います。
    明治の神仏分離で分けられたり、廃仏毀釈で仏像や神像が破壊されたりしましたが、それを逃れた仏教と神道が共存している寺や神社は地方には結構います。
    えりすさんの四国は寺院が多いことで知られているから、寺院に鳥居を観る機会が多いかもしれないですねえ。こちらでは神社の本尊が仏像だったりすることがあります^^
    2015年02月19日 18:59
  • がにちゃん

    本当に立派な彫り物ですね  那谷寺 ゴマ道の彫り物も見てみたいものですね
    2015年02月21日 11:37
  • つとつと

    がにちゃんさん
    扉の格子から覗いても、暗くて解らなかったんですよ。HPで観たら緻密で一度は観たいなあと思っちゃいました。那谷寺は県内の寺院ではお奨め版の寺院ですよ^^建物もですが、とにかく地形を利用した佳仙境を表した風景は圧巻です^^紅葉と冬の雪がお奨めです^^
    2015年02月21日 16:43

この記事へのトラックバック

最近のコメント