佐奇神社(さきじんじゃ)

富山との県境の稜線にある奈良岳(二又川)や大門山(倉谷川)の稜線を源流にして、金沢市街を流れる犀川は、途中幾つかの支流や用水路を配したり、幾つかの支流を合流して、普正寺町と金石の河口から日本海に注いでいます。金沢市民の貴重な水として利用され、文学にも多く取上げられて石川県内では一番有名な川ともいえます。
画像

犀川辰巳用水が代表するように、金沢市内を巡るように水が供給され、兼六園の湖や噴水もこの水が美しい景観を演出しています。また本流も浅野川が泉鏡花が浅野川を女川と評し、それに対比するように男川と呼ばれています。更には室生犀星や国府犀東といった中心街に育った文学者たちにも大きな影響を与えています。
今はあまり観られなくなりましたが友禅流しの風情や、河岸広場の桜など金沢市民の憩いや伝統にも大きく貢献しています。金沢市民の多くが犀川と浅野川に慣れ親しんでいるように観光客の人達も犀川の流れに眼を休めさせています。
画像

河口には金沢の外港となり銭屋五兵衛を代表とする宮腰湊(現・金石港)が、北前船の本拠として機能していました。同じく大野川を河口(大野湊・金沢港)として河北潟を経由して金沢にたどり着く浅野川・森下川(もりもとがわ)と共に、金沢と日本海を繋ぐ重要な海運としての重要行路にもなっていました。
画像

犀川という川名を持つ川は全国にも点在しています。有名なものでは長野県にある犀川。頼山陽の漢詩で読まれた「鞭声粛々夜河を渡る(べんせいしゅくしゅくよるかわをわたる)。。。」川中島合戦の様子に語られる犀川。
墨俣の一夜城のある岐阜県の犀川。この他にも秋田県大館、福井県永平寺、京都綾部、京都宮津などがあります。犀川の名の由来として主流になっている説が、大和(奈良県)の三輪山から流れる狭井川(さいがわ)。

幅1メートルに満たない小川ですが、古事記の中にも歌われる小川です。
「狭井河よ 雲立ちわたり 畝火山 木の葉騒ぎぬ 風吹かむとす」「畝火山 昼は雲とゐ 夕されば 風吹かむとぞ 木の葉騷げる」 読み人は三輪山の大物主の娘で、神武天皇の皇后・伊須気余理比売です。この歌は神武崩御後の継承問題での陰謀の危急を、三人の皇子に知らせた暗号文となっています。
神武が姫を訪ねた際に川辺に山百合(佐韋)が咲いているのを観て「佐韋川」としたという話もあります。

この佐韋川が、狭い小さな川として狭井川(さいがわ)と呼ばれたわけですが、神武東征後、三輪山は国内の神社仏閣、磐座を含めても、出雲大社と並んで重視されている大神神社や磐座のある絶対神聖の場所です。
その三輪山から流れる狭井川(さいがわ)は大和川に注ぐ小さな支流ながら神聖な川とされたわけです。この狭井が犀(当時伝説上の動物の霊犀、小さいが鋭い犀)になったというもの。
しかしながら16世紀中に洪水で出来た岐阜の犀川は別としても、長野の犀川は千曲川に合流すると云っても大河ですし、金沢の犀川は源流からの本流です。チト無理なこじつけとも。。

金沢の犀川が何故「犀川」と名付けられたのかは結論付けられていませんが、一つの大きな説になっている地があります。
画像

河口から安原川が合流する手前の佐奇森町佐奇神社(さきじんじゃ)というのがあります。
主祭神は息長帯比売(おきながたらしひめ、神功皇后)で、明治40年に近くの赤土町の菅原神社と住吉社を合祀したため、菅原大神・住吉三神(表筒男命・中筒男命・底筒男命)を祭神に加えています。
画像

延喜式内社としても記されており、加賀国石川郡内十座の一つと記されています。当時の石川郡は浅野川以南から手取川以北と白山麓を指し広大な面積がありましたが、式内社は僅かに十座で、加賀国の独立が遅れたことが影響していると思われます。ちなみに十座は白山比咩神社・本村井神社・額東神社・額西神社・御馬(三馬)神社・佐奇神社・楢本神社・笠間神社・味知神社・神田神社。この内、式内社として現在も残るのが六社、論社が四社(御馬・楢本・味知・神田の十一神社)。
画像

石川神社庁のHPと参道入口の社歴碑によれば、佐奇神社は神功皇后が越前国気比の浦より船出して筑柴に赴く途中船を寄せた旧跡の地に、天平4年( 732年)に創建されたとなっています。

※佐奇神社由緒(石川神社庁HPから)
金沢市佐奇森町に鎮座し、祭神は息長帯比売(おきながたらしひめ)命・菅原大神・表筒男命・中筒男命・底筒男命、旧社格は郷社。「延喜式」に加賀国石川郡十座中の佐奇神社とあるのが当社で、社記によれば、神功皇后が越前国気比の浦より船出して筑柴に赴く途中船を寄せた旧跡の地に 732年(天平4)創建という。三州地理志稿に「在鷺森村、今称鷺森社、天平四年始焉、祀神功皇后」とある。佐奇森の地名は中古防人(さきもり)が置かれたところから名付けられたもので、三州志に「石川郡鷺森村は防人戍辺の地の遺名成べし」とある。また犀川の河名も一説には当社名に由来するという。加賀国式内等旧社記に「佐奇神社、式内一座、大野庄鷺森村鎮座祭神息長帯姫神、佐奇川之河端也、河名或為犀川」とある。明治9年社殿を改築、拝殿は天徳院にあった第4代藩主光高の御靈舎(棟札によると作事奉行小寺武兵衛ら3名で1789年(寛政元)7月7日御上棟)を移築したもの。治14年11月郷社に列せられ、同40年9月赤土の菅原神社と住吉社を合祀した。

画像
画像

文中の「三州地理志稿」「三州志」。頭に「加能越」「越登賀」が付くのが正式名なようですが、共に加賀藩士で歴史家・冨田景周(とだかげちか)によって著されたものです。
富田景周(1746~1828)は加賀藩士・人持組2500石。小松城番・算用場奉行を努めながら、加賀藩史の研究に邁進して約60以上の著作、350巻を残しています。「越登賀三州志」などは戦国期から書かれており、守護・富樫、一向一揆時代の一端にも触れられ、貴重な歴史資料となっています。

ちなみに、景周を輩出した冨田家は越前一乗谷で中條流剣法を創始した富田勢源の家柄の流れです。中條流からはツバメ返しで有名な佐々木小次郎が出ていますが、本家では眼病を患った富田勢源に替わり、弟・景政が家督を継いで朝倉家に仕えていましたが、朝倉家滅亡後は府中に入った前田利家に仕えています。景政はその後、武功を挙げて利家の信頼を得て七尾城の守将も務めています。更に剣術でも多くの弟子を輩出、有名処では一刀流・祖・伊東一刀斉の師匠・鐘捲自斎など、豊臣秀次に剣術指南したことでも知られています。他にも武芸・柔術・小太刀・棒術など多くの流派の母体になっています。この景政に見込まれて養子に入ったのが冨田越後守重政。景政の嫡子が賤ヶ岳の戦いで戦死したため、旧朝倉家臣の同僚で冨田道場門人の山崎家から貰い受けた者です。この重政は名人越後と呼ばれ、末森城の一番槍、小田原・浅井畷など多くに参戦、大坂夏の陣では19の首級を挙げたことで知られ、これらの武功により前田家では破格の1万3670石を与えられていました。また将軍・徳川秀忠に剣術指南も行ったと伝わっています。
武芸・剣術で知られる一族から歴史研究と文筆で、後世の歴史資料を残す逸材・冨田景周が輩出されたのですから凄い一族です。
画像
画像

加賀藩では慶安2年(1648年)に寺社奉行が置かれましたが、承応元年(1652年)の前田利常の施行した改作法によって寺社の拝領地の隠田検地の必要性が生じたために、書き上げられたのが「加賀国式内等旧社記」でした。翌年には「越中國式内等舊社記 奥書」も作製されています。こちらは今年の前田家宝物展でも展示されていました。
俗にいう寺社改めの最古の物で、加賀藩ではこれ以降、神号・社格・祭神・由来・神職の官位等の書き上げが数年ごとに調査・報告が行われ改定されています。また、新寺建立禁止令が布達され、触れ頭制度、神主の組合編成が布告され、管理強化が進められます。

この根幹の改作法とは貧民救済と税の安定化が主要目的でした。十村役というものが機能し出したのもこの時です。加賀藩草創期は、一向一揆への鎮圧により多くの農民・民衆が犠牲になっており、人口減少と前田家に対する根強い抵抗感があり、税納入の拒否や逃散が横行化していました。これが前田家にとっては頭の痛いものだったわけです。農民の借金帳消し・必要経費の貸付による懐柔策と、労働人口の再配分が実施され、定免制により十村役に年貢の徴収権を与え、農民監視・懲罰の役目を与えるという硬軟両面作でした。
ただし、この十村制は、藩の収入を安定固定化するという利点はあるものの、恒久的な増収にはなりません。
家臣の領地からの直接徴収を失くし扶持米制度になったことから、5代藩主綱紀・6代藩主吉徳の家臣に対する藩主独裁権力UPが目指され、加賀騒動に繋がることになります。
画像
画像

大きく横道に逸れましたが、この三書に書かれていることを要約すると、この地には往古には防人(さきもり)の柵が置かれていたそうです。場所は犀川の川端に在ったとされています。そこから佐奇森(さきもり)と字が替わり、江戸時代には鷺森(さぎもり)と呼ばれ、現代は元の佐奇森町に戻っています。
川の名前も江戸初期には、この神社地と同じ佐奇川と呼ばれ、別名が犀川と呼ばれていたとなっています。「さきかわ」が訛って「さいがわ」になったと推測されているというものです。まあ、曲解と云われればそれまでですが、有力な説の一つになっています。前述の各地の犀川の地は岐阜の墨俣を除き、多くの地には柵や関が置かれ兵(防人)が配置されていた地です。
画像
画像

犀川の名の元となったと云われる佐奇神社は、白山方向から行くと済生会病院を過ぎて、赤土町東の交差点を左折した20軒ほどの集落にあります。町道が狭いので車の通行や駐車には気をつけて下さい。
参道もこじんまりした感じですが、境内に入るとそこは由緒ある雰囲気と古式な拝殿が迎えてくれます。
画像
画像

この拝殿は明治9年(1877年)に天徳院にあった四代藩主・前田光高(五代藩主・綱紀のものとも云われています)の御霊堂だったと云われています。前田家が明治維新以降、葬祭を仏式から神道方式に変更したためと云われています。画像が無くなっていて数は少ないですが、拝殿表の緻密な彫刻や透かしの格子窓の緻密さが覗われます。また屋根勾配の反りや破風も美しい形です。拝殿内には画像が解り難いですが、柱上部にも緻密な鳳凰の彫刻が施されており、格天井も上等な物になっています。機会が有れば内部も是非見学したいものです。
画像
画像
画像
この御霊堂(拝殿)の製作者は菟橋神社で少し書いていますが、金沢城石川門の続櫓や気多大社本殿を手掛けている御大工頭・清水峯充になります。
画像
画像
画像
佐奇神社自体が古い歴史を持つこともあり、境内の狛犬や祠も印象的です。
今年(H27)2月、金沢市の有形文化財として、この拝殿と棟札が指定を受けています。

確定しているわけではありませんが、石川を代表する川の、犀川の名の元になるという佐奇森の地に立ち寄って観て下さい。

旅行日 2015.6.29







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • go

    つとつとさんこんばんは、このところの暑さに少しバテ気味になっています、土用丑の日には苦しい財政をはたいてウナギを買い求めて食べたのですが、平賀源内の云うようには効果が出ません。
    犀川はもちろん金沢を流れる男川ですが、信州人の私には長野の犀川を想像します、ことほど左様に全国には犀川の名を冠した川が幾つかあるようですね、話は戻しますが犀川のルーツが佐奇森町の佐奇川がルーツだったとは知りませんでした、前田家とのつながりを物語る立派な彫刻の神社ですね。
    2015年07月28日 21:07
  • つとつと

    goさん
    本当に暑い日が続いていますねえ。。嫁さんが鰻買いに行こうかと云って家族で出かけたんですが、なぜかラーメン屋さんになってしまいました^^;結局、まだ鰻は食べてないですねえ。。暑さには逆らえないんで、今夏は穏忍自重で行こうと思っています。
    以前から、この神社の存在は知っていて、何度か立ち寄ろうと思っていたんですが、道は狭いし車を停めるところが無くてなかなか行けませんでしたが、今回は覚悟を決めて行ってきました。海浜公園側の犀川橋の手前に明治期の神社の標柱がありますから、そちらから入った方が行きやすいかも。佐奇森町の辺りも緑が多く、以前、野鳥園があった頃はよく行っていました^^懐かしい場所の一つです。
    川辺の風景はみんな故郷の子供の頃の思い入れがありますから、やはりどんな大河よりもそちらが勝ちますね。僕は津幡川の何か所かが好きですもん
    2015年07月29日 07:58
  • メミコ

    毎回 お邪魔するたびに 昨今の金沢人気を感じます

    なんといっても落ち着いた感じの街がいいですね  

    犀川とともに犀星のあの写真で見るお顔が思われます

    川遊び 花火のシーズンですが 犀川は川べりをゆっくり歩きたい川です
    2015年07月29日 18:24
  • つとつと

    メミコさん
    コメント欄が閉じていることに気付かなくてごめんなさい(_ _)
    慣れないことをすると、ろくなことをしませんねえ これも暑さボケかも

    金沢の街中の犀川や浅野川沿いの道は散策にはとても良い所だと思います。
    繁華街が近くても意外に静かで、落ち着いた雰囲気があります。
    ただ、僕みたいな車人間には道が狭かったり、駐車に苦労する時がしばしばありますけど。。やはり、歩くのが合う街だと思います。
    先日、犀川で花火大会がありましたが、やはり凄い人出だったそうです。
    2015年07月29日 18:47
  • がにちゃん

    犀川 京都にも・・・ 金沢と京都は同じ名前の地名も多いですね 
    夕方の金沢の街と川べりの散歩 涼しげですね
    佐奇神社 歴史のある神社なのですね
    雰囲気GOODです
    2015年07月31日 15:59
  • イータン

    こんばんは~

    毎日の猛暑日 バテてしまっていますが、つとつとさん大丈夫でしょうか。

    金沢市内の水路はその昔、前田利家の時代に計画された水路として今に至ると特集番組で見たことがありました。
    まさに今に至るなのですね。
    つとつとさんのブログにて金沢の魅力にはまってしまいそうです。
    2015年07月31日 21:03
  • つとつと

    がにちゃんさん
    加賀藩は江戸との関係以上に朝廷との関係を大事にしていました。
    現在の芸術系の多くは京都から学んだものがほとんどで、地名にもそれが反映されているようです。犀川は上流の湯涌温泉、市街、河口の県民公園と散歩には最適なコースが多いですねえ^^ 佐奇森町には昔、野鳥園があってよく行ってたんですが、、、海辺に近いけど、緑が多い良い場所です。
    2015年08月01日 10:14
  • つとつと

    イータンさん
    本当に今年は日差しがきついですねえ^^イータンさんもだけど、病み上がりで体力に自信がないので、自重しながら行動してます^^;

    犀川から取水されている辰巳用水は幕府から隠れての突貫工事で整備されたのですが、現在でもこの時の用水路が現役で稼働しています。この立役者が命じた利常と、設計、土木事業・板屋兵四郎。兼六園の金沢神社に板屋兵四郎の遥拝所、犀川上流に板屋神社が二つあります。地元工事業者は工事前に参拝しています。文字通り土木工事の神様として今でも崇められています。

    先人の恩恵を多く僕たちは受けています^^ ただ、大藩では個人が突出するのは好まれない傾向があって、兵四郎のその後などがはっきりしないのが、地元でも残念なんですが。。 水に関しては石川は白山水系や医王水系で、恵まれていると思います^^V
    2015年08月01日 10:34
  • まだこもよ

    最後の3枚が…「隠し撮り」みたいに思えてしまって…。
    2015年08月04日 22:05
  • つとつと

    まだこもよさん
    (苦笑)透かし窓から撮ったら、こんなふうになっちゃいました^^;
    なんか、いけない写真やモノログみたいになっちゃいましたね~~
    2015年08月13日 02:49

最近のコメント