末次城址 (奥能登の城②)

画像
画像
画像
松波城の支城となるのが末次城です。別名は地名から行延城とも呼ばれています。
築城年代は未詳ですが南北朝になるのではないかと云われています。
位置的には松波城から旧街道と云える国道249号線を4キロ程西に位置します。街道を見下ろす位置にあり出城の役目を十分に果たす存在です。また街道は末次城を巻くように続いており、街道と山城の間には木郎川と大杉谷川があり、天然の外堀になっていました。
画像
画像
画像
典型的な山城の形態ですが標高50mと高さはありませんが、山肌を削って攻城兵の登りをきつくしています。東口の竪堀は特に急角度となっており、山頂までの登りのきつさを感じさせます。
画像
画像
画像
本丸や六つの曲輪の一つ一つは大きくなく砦の規模のようですが、城域は大きく取っており標高30~50mの丘陵の三つの尾根を利用しており、その広さは東西360m・南北400mと広範囲に渡ります。尾根と云っても頂上部は高低差20メートルほどで尾根上の移動はけっこう楽にできています。搦め手道は尾根を迂回するように東口・狼煙台・曲輪を迂回するように山並の尾根を利用して各曲輪を結んでおり、南に出られるようにしています。
山頂は守備兵の俊敏な移動を重視し、山肌を堅固にして攻城兵を各個撃破することを狙ったようです。
画像
画像
画像
上杉軍侵攻の際には松浪畠山家の配下武将・末次甚右衛門が主将となり、地元土豪を集めて抵抗していますが、松波城に先立って落城しています。ちなみに末次城の登山口にある家が末次家で、山頂にあった天神社を家の側において守り伝えているそうです。
画像
画像
画像
落城後は廃城となって長く放置されていましたが、山頂付近は地元の墓地になっていることもあり、近年地元有志によって整備が進められて、登城の起伏は激しい道のりですが、切岸や曲輪・犬走りなどが復元され町指定文化財になるまでになっています。歩いてみると山城としての形態がそこかしこに残り、山城ファンには十分堪能できる山城機能が確認できると思います。個人的にですが、松浪城よりもこちらの方が山城の雰囲気を満喫できると思います。

画像
画像画像
帰り道に穴水町の中居ポケットパークにあるボラ待ち櫓を観ました。以前は、七尾寄りの根木地区しか観てなかったので、この中居地区のも観られてやっと両方見たことになれます。
櫓の上に人形が乗っていますが、日がな櫓の上に居て、お魚さんが櫓の下に来たら網を引き揚げて捕まえるという、至ってのんびりした原始漁法です。日本最古の漁法とも云われていますが、古くは何基もあったそうですが、10数年前を最後に伝統漁法は絶えています。
そうそう、この中居の地は以前にUPした釣鐘や茶釜作りの名人・宮崎彦九郎家(寒雉彦九郎)の生まれ故郷になります。ポケットパークの近くに「能登中居鋳物館」があります。

時間はちょうど5時、ついでにお腹が減った夫婦は遅いお昼兼夕飯を。。鹿島町のアルプラザ前の駐車場にある「吉兵衛
いろんな定食がある中で僕の選んだのは、カツ丼+越前そば分厚いカツに薄味仕立ての懐かしい味でした。。ボリュームありました 越前そばとの組み合わせならソースかつ丼が本筋なんでしょうが、ここは石川県、かつ丼と云えば玉子かつ丼が当たり前になります。
画像
画像


旅行日 2015.08.22

末次城


                              中居ポケットパーク


                                                              吉兵衛

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • がにちゃん

    結構な山道になっていますね  山城
    ボラ待ち櫓
    どちらのボラ待ち櫓か判りませんが以前TVで観ました
    1日この上に居る・・・昔の人の根の良さには感心しますね
    2015年09月07日 17:11
  • つとつと

    たまにこんな道を登ると、息が切れちゃって汗だくTT 歳ですかね~~

    たぶん、根木の方だと思います。根木の方が岸辺から直接見れるんで、撮影にはこちらがよく使われているようです。
    内海で波が穏やかなので、このようなのんびりした漁法が長く続いたんでしょうね。穴水の海にはこのボラ待ち櫓と牡蠣の筏組みは、すっかり風物詩になっています。冬に牡蠣が食べたいと思いつつ、いつも機会を逃がしています^^;
    2015年09月07日 18:18
  • イータン

    こんばんは~

    標高50㍍ 確かに高さはないですが、イータンはフーフーかも知れないです。
    山道は大変かもですね。
    落城後の墓地 人の訪れで道は歩きやすくなりそうですね。

    今晩の夕食 軽めだったので今頃になって、つとつとさんの「カツ丼」見てたらョ ヨダレが +「越前そば」がっつりですね(0_0)
    2015年09月11日 23:10
  • つとつと

    イータンさん
    僕の里もそうなんですが、河北から能登にかけては山頂に墓地が多くあります。
    盆に墓参りをするとけっこうフウフウ言いながら登ることに。。つくづく運動不足を感じます。

    ここのかつ丼、肉厚でボリューム満点でした。なにせめにゅーには単品よりセットの方が多いんですよ。しかもこれで1000円以内のリーズナブルさ^^
    現在ダイエット中の嫁さんも、今日は勘弁ねでモグモグと完食^O^以来遠のく減量対策になってます^^;
    2015年09月13日 09:52
  • 家ニスタ

    末次城、面白いですねえ。
    松波城より堅固そうに見えますが、上杉侵攻時には松波城に先立って落城しているんですね。
    こういうあまり手が加えられていない城跡、僕は好きです。
    山城の趣がぞんぶんに味わえそうですね。
    石川は玉子かつ丼なんですね。
    おなじ北陸でもいろいろありますね。
    2015年09月15日 23:22
  • つとつと

    家ニスタさん
    僕も手つかずの方が好きですねえ。雑草や薮の除去の整備があれば最高ですけど。
    防御面では松浪城より堅固なんですが、守備兵は在地の土豪中心であり、先の七尾城の籠城戦に多くが出兵していて、数に問題があったようです。松浪城も同じく兵数が足りなかったのが落城の要因だと推察できます。
    元々、北陸は玉子かつ丼が主流だったんですが、、、東京の早稲田で営業していたヨーロッパ軒が関東大震災で福井に疎開して営業して流行、のれん分け、福井はソースかつ丼になったんだそうです。僕がソースかつ丼を初めて食べたのは就職して福井に住んだ時ですから、24.5才でしたから^O^ 県が違うと全く変わります^^;
    2015年09月16日 02:23
  • まだこもよ

    「ソースカツ丼」も 美味しいのでしょうけど…個人的には「玉子カツ丼」の方が美味しく見えますが…。
    2015年10月10日 14:23
  • つとつと

    まだこもよさん
    毎年、10月はINが滞ってご無沙汰して申し訳ありません

    そうですねえ^^お隣だけど、僕の実家は富山寄りで福井には縁が薄かったんですが、就職した前職の会社の本社が福井で、福井に配属になった時にソースかつ丼を食べました。一種カルチャーショックでした。
    ただ、かつ丼のソースでまるっきり違うんで、好き嫌いは出ると思いますが、相性の良い店に当たると良いみたい。僕のお奨めは福井の竪町のヨーロッパ軒本店、十千萬の芦原店ですかねえ。ソースかつ丼は地方でも4.5県ほどしか見られないようですが、県の8割がソースの福井は機会があったら試してみてください
    2015年10月16日 09:19

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (06/02)

「延喜式神名帳」- by y&m (06/01)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)