余談 荘園・刀伊(とい)の入寇

実は次回作・能美市寺井町の奥野八幡神社をアップするつもりで書いていたのですが、いつもの悪い癖で荘園の話を書いていたら、やはり大嫌いな部分は辛らつに長くなる傾向が出てしまい、まとまらない文を羅列してしまいました。。。削除するのももったいないので、、、、そのまま荘園と刀伊の入寇だけ抜粋です。日本史でも一番人気のない時代ですから、覚悟してください。。。

平安期以降は、加賀は多くの有力寺社や皇室領の荘園になっていたのですが、この為に地区(荘園)ごとで分散していたというのが実情です。
荘園というのは有力寺社や皇室領、貴族の領地になります。初期はそもそも、これらが自身で開発した農地を指していました。
歴史の授業では三世一身・墾田永代私有令は律令を崩した原因の法律と教えられたと思います。そもそも目的は新田や畑地という農地開発促進が大きな目的でした。実際にこの法に依って、農地自体は飛躍的に伸びたのも確かです。そして大小の土地所有者が増えて行きました。ところがこの法を悪用したのが10世紀末の摂関家や高級貴族を独占していた藤原氏でした。

それまでは律令の班田収授法によって、土地はすべて国有地で、決められた耕地面積で定められた租税を国衙に納め、中央政府に集められていました。集められた租税を政府が政府運営の国費として地方に再配分するというのが、律令制度の根幹だったのです。前述の三世一身・墾田永代私有令はあくまで土地所有権を土地開発者に認めるもので、本来は租税免除まで認めるものではなかったのです。これは現在とあまり変わらない考え方です。

ところが藤原氏が捻じ曲げた法とは、荘園の不輸不入を認める法を作ったことです。つまり、有力寺社・皇室・貴族の領地に国家権力(国衙)の警察・裁判権の介入拒否、租税を免除とするというものです。当然、村単位や個人の土地開発者は除外されました。こんなことをすれば、大混乱が眼に見えていたんですが、私利私欲に走る摂関家の横暴行為といえるわけです。

大荘園領主の税収入が無くなっても、歳費が変わるわけでなく、不足分を一般土地所有者の税率を上げて対処するのが今も昔も変わらないというわけです。しかし、大きな収入の土地が国から消えるわけですら、一般からの回収税率は跳ね上がるわけです。更に平安期には国家軍隊は消滅していましたし、国衙・国府の警察・軍事権力といってもたかが知れています。しかも荘園主には介入できないというおまけ付きで、要は一般人や村では荘園とのトラブルからは自分のことは自分で守れということになります。これは各地方の荘園主にも言えることで、他の荘園とのトラブルには国家権力は介入できなくなってしまったのですから自前の武装自衛団を作ることになります。これが武士の発生の根源になりました。

初期段階には村単位、土豪単位で自警団を作ったりしていましたが、国庫が枯渇すると朝廷の権限は都のみに限定されてしまいます。10世紀初頭に倒壊した平安京の正門・羅城門は野ざらしのまま、放置され礎石は藤原道長が自分の法成寺建造に持ち去ったという無法状態。黒沢映画の羅生門の風景はこの正門の一帯が舞台ですが、都の玄関でさえその状態。王朝文化として平安文化の寺院や貴族の邸宅が描かれますが、それは荘園を独占する朝廷内や摂関家だけのものだと云えます。10世紀以降の平安時代、国家の建築物は限られており、王朝文化を彩った建造物・庭園は皇族・摂関家・有力寺院の国庫を食い散らした自前の物件ばかりです。

都でさえもこの状態ですから、地方の一般所有者は疲弊の一途を辿ります。歳入を義務付けられた国衙や国府に租税を納めれば、自前の土地や家も維持できなくなり、自分の土地も産物も守れなくなり、逃散や放棄が相次いでしまいます。そこで、考え出されたのが、土地の寄進というわけです。
一般所有者といってもその多くが、臣籍降下の末裔や、都から派遣された国司や役人出身者で、その地に根付いたものが多く存在しました。元は官位を持っていても、長い年月と代を重ねるごとに無位無官の土豪や地主になっていたわけで、それでもその地では名士であり大親分だったのです。

皇室・摂関家・有力寺社に土地の所有権を献上して、自分はその土地の代理管理者になるというものです。荘園は免税ですから、国衙や国府に租税を納めるのでなく、有力荘園主にそれなりの年貢を納めるということです。その方が、実質の税負担が少なくなるし、あわよくば位階や職位を獲得する可能性も高いのです。地方の土地代理管理者は箔をつけるために、子弟を都にいる荘園主に使役・修行に出し官位を受けさせることも顕著になりました。そうやって、単なる土地の自警団(法的にも地位的にも違法組織、悪い言い方なら、〇力団の親分)だった武士層は官位の箔を得て、地方での地盤を固められるのです。
ちなみにこの官位獲得に失敗して、反乱を起こし、武力で土地の保有と拡張を狙った実力行使に出たのが平将門などになります。

荘園主にしても、自分の土地が増え確実な収入が入る上に、都での護衛団も手に入ったわけです。遠隔の土地に自身や家臣を派遣しなくても良いわけですから、この傾向はどんどん広がって行き、農地の国有地(公領・一般土地所有など)と荘園の比率は4:6になったとも云われます。国家が疲弊状態になってしまった最悪の時代でした。

**********************************************

しかも、平安期は今でいう非武装中立で、海外への渡航も朝廷の許可者以外禁止、渡来者は全面禁止の鎖国状態。検非違使という令外の警察兼お掃除組織があっただけです。戦争放棄・死刑停止、国家に軍隊は無かったのです。どこかの野党の主張する理想国家みたいです。
例外といえる東北侵略の蝦夷征討にしても、蝦夷の名の通り相手は人間ではないのでOKというのが国の言い分。軍隊がないのですから都から出立する将軍は単独で出陣、道中で徴募して人員を揃えながら、当然武具・武器は将軍の自前か寡兵の自前、そうして任地に向かっていたのです。

つまり国外からの侵略があっても軍隊がないから国民の安全も守れず、上層部は自分の収入だけに固執して、政治(政事)は祭りごとというように、詩歌や芸術のみ、関白・摂政を目指す派閥抗争に終始するだけ、国民を顧みることは無かったのです。国家自体、国民の生活の安定と安全を守るという国としての大前提のない史上最悪時代だったのです。

日本には異民族から侵略を受けたという話が元寇以外は知られていませんが、9~11世紀にかけて対馬・壱岐・九州沿岸は新羅、後の高麗・女真(後の金)の海賊にやられ放題でした。これに対して日本には軍隊は無かったのですが、大宰府に少々の防人を置いた程度の警察・保安軍程度で地元住民が協力撃退していましたが。。特に大規模だったのが「刀伊(とい)の入寇」、刀伊は東夷を和名にしたものと云われていますが、、、寛仁3年(1019年)3月27日、女真族主体の賊船50隻・3000人の海賊が対馬、翌日、壱岐を襲い、対馬では住民のほとんどが虐殺(36名)・拉致(346名)対馬守は大宰府に少数で脱出、直後、家族が拉致された対馬判官代・長嶺諸近が単独で高麗に潜入を果たしています。戦後、刀伊を撃退した高麗政府の配慮で拉致者300名(対馬270名・壱岐他30名)と共に送還されています。長嶺諸近の家族は拉致後に伯母一人を除いて殺害されていました。壱岐では島民約1600名でしたが、147名の壱岐守と共に戦った義勇兵は全員玉砕。住民200名以上が殺害、1289名が拉致されています。生き残ったのは35名、脱出者1名の悲惨な状態でした。

4月初旬、この凶悪な刀伊は博多の町を狙って筑前にまで侵攻したのです。怡土(いと)郡(現・糸島市)に上陸した賊軍は志麻・早良と態勢の整わない大宰府を尻目に侵攻します。
大宰府が対馬・壱岐が襲われたのを知ったのは7日、報告が遅れたのは対馬・壱岐の脱出者からの連絡が遅れたためといわれます(脱出で余裕がなく到着が遅れた?)。しかしここからの対処が早かった。大宰府権師(ごんのそち、副官)・藤原隆家40歳は超法規的に即時に大宰府の兵で防衛に出立、近在の土豪・豪族にも協力を要請しています。
後の鎌倉時代、元寇の際には神風と呼ばれる台風に救われましたが、この時にも季節外れの風雨が吹き荒れ、その間に近在の土豪・豪族の兵が駆け付け、態勢を整えた藤原隆家率いる大宰府軍は賊軍を海上に撃退(捕虜3名)。海上に逃れた刀伊は、肥前・松浦に再上陸を狙いますが、源知(みなもとのとも、しる、松浦党始祖)、救援に駆け付けた藤原隆家によって再び阻まれ国境海上まで撃退されています。大宰府・松浦党は刀伊に200余りの戦死者を与え追い続けたと伝わります。しかし追撃を国境までで留めたのは、高麗との外交問題を恐れたためとも云われています。そこまで配慮したのは文官としての有能さ・慎重さもあったともいえます。

撤退させられた刀伊は腹いせもあったのか、帰路のついでと高麗沿岸にも侵略行為を企図します。
実は高麗では、前年に鬱陵島が女真族に襲われ壊滅されており敏感になっているところに、対馬・壱岐侵略前に高麗の海岸の村落を刀伊に幾つか襲われ、日本に向かったことが解っていました。直後に現れた前述の長嶺諸近が高麗政府(沿岸府?)に現れ、家族の状況・救助を訴えると共に、海賊の詳細を説明して、女真族と判明します。高麗軍は再来を予測、海岸で待ち伏せ、刀伊を壊滅しています。その際に300名の日本人捕虜を救助、白衣と宿舎・食料を提供して、7月、長嶺諸近を先駆けに9月に大宰府に送還しています。これに対して、藤原隆家は金300両を礼金として高麗使節に自前で支払っています。礼状には高麗を新羅として国名を間違えるというおまけ付きでしたが。。
長嶺諸近の帰国報告を聞くまで、大宰府・朝廷では敵の正体が解らず、捕虜3人は高麗人だったためもありますが、もちろん3人は「刀伊に拉致され、捕虜兵にされていたんだ」と弁明しましたが、大宰府・朝廷では信用していませんでしたが、半面、観たこともない装備に半信半疑だったのです。

さて、この時の朝廷は藤原道長全盛時から息子・頼通に家督を譲って隠居して2年目でしたが、どう対処したと思います?危機管理能力が欠如しているといって良い対応が解ります。

大宰府が刀伊襲来を知ったのは4月7日、即日、緊急事態を朝廷に使者をたてています。朝廷首脳部がこの報を受けたのが17日。10日間も要しています。九州と京都という距離はありますが、使者の書式が緊急報告とはいえ、天皇宛にすべきが太政官への書式で停滞したというのです。これだけでも問題ですが、上層部に届いて討議、それも書式問題で日を潰し、翌日、追討令が発せられ内容には「全力で撃退しろ。撃退した者、功績を挙げた者には莫大な恩賞を贈る」としていました。救援増援はなし、兵がないからともいえますが、せめて検非違使もしくは武器武具の発送はすべきだったのですが、すべてなし、、、
前述したように刀伊が撃退されたのは13日。戦後処理も済んだ所で藤原隆家にもたらされています。隆家は状況・現場報告と合わせて、戦功のあった12名の報告も朝廷に行っています。つまり遅きに失した追討令でしたが、詳しい報告がその後も何度も届き、朝廷では16日間の戦闘状況・戦功ともに詳しく報告を受けて認識していたわけです。

藤原隆家は前線指揮官としては理想的な働きで、後の元寇の北条時宗と共に救国の英雄とも云えるわけですが朝議は紛糾します。そもそも、何を揉めたかといえば、褒賞を与えてはならないという意見が続出したのです。理由はといえば討伐令が出されたのが18日であるから、17日以前の褒賞は認められない、戦闘は単なる私闘だというわけです。なんと、2か月間これだけのことで紛糾したのです。藤原隆家の兄は藤原伊周といって、道長との摂関争いの確執は有名でした。引退したとはいえ隠然たる権力を持った道長を忖度した。台頭する武士団に力を与えたくなかったと深読みもできますが、それにしても対応がひどすぎました。反対意見の中心となったのは、藤原公任(きんとう)・藤原行成が中心でした。.公任は三十六歌仙の選定や和漢朗詠集の編纂で知られ当時最高の知識人と呼ばれた大納言、藤原行成は小野道風・藤原佐理と並んで三蹟の一人と呼ばれた人物、現代でも彼の真蹟は三点国宝になっています。当時中納言。当時最高の知識人と呼ばれた二人がこんなバカな意見を述べたのです。

最終的には会議を主宰した藤原実資(大納言)が「日付などは関係なく、今回のような未曽有の国難に大宰府が果断な行動で力戦して撃退したのだから賞すべきで、もしここで放って置いたら以降は奮闘する者が居なくなる。。」更に引退していた藤原道長の要請もあって、衆議一決となります。ただ、多少の品と感状だけに終わったようで、隆家以下12名に土地や官位が与えられた記録はありません。また事件から2カ月以上、朝廷はこれ以外になんの対処もしていません。高麗が防備を増強させたのとは反対に、朝廷から太宰府への兵や武器の補充・増強の事後処理は一切行われていないのです。

7月に前述の長嶺諸近が帰国、詳細な報告と高麗からの救援者返還が伝えられましたが、それでも増強策はなしで、高麗への対応も大宰府に一任しています。藤原隆家の献言もあったようですが、新羅は旧来の仮想敵国で、朝廷では高麗は新羅と同一視していたようです。9月に救援車が帰国した際も、高麗政府が女真対策で協調外交を求めても日本側は無視、結局、大宰府の藤原隆家個人名義で高麗王家ではなく下部機関・安東府宛にして礼状・金300両を送っています。ただ、高麗・遼(契丹)・女真の周辺事情が解っていれば、対処は変わっていたでしょうが、南宋以外は鎖国状態の日本では、、、外交能力も当時は無いに等しい状態でした。
しかも、単身高麗に渡り、救援者返還に努力し、事件の詳細を報告した長嶺諸近は、無断渡海の罪で禁固刑に処されています。それ以降、長嶺諸近の記録はなく行方不明不詳。。

肝心な国家が動かないならば、自分たちで守るという意識が在地に強い影響を与え、、藤原純友の乱に続く刀伊の入寇、これ以降、九州にも豪族による武士団が急速に構成されていきます。
文官でありながら、刀伊を撃退した藤原隆家、共に戦った庶子・大宰少弐・政則(基定)、二人の武名は九州では伝説化し、肥後の菊池氏は、この二人の後裔を名乗っています。
政則は肥後に土着したと伝わりますが、隆家は翌年京都に戻り、4年後に引退しています。大宰府の後任は、褒賞に反対した藤原行成というのはちょっと皮肉。引退の身ながら18年後に朝廷からの依頼で大宰府に再復帰、5年務めて都に戻り、3年後に66歳で亡くなっています。

藤原隆家の父・道隆は摂関・太政大臣を歴任した兼家の長子で、道長は五男になります。つまり叔父・甥の関係になります。当時隆盛を誇った藤原北家内でも激しい官位・当主争いがあり、道隆の後の後継を激しく争ったのが、長子・伊周(隆家の兄、内大臣)と藤原道長(権大納言)でした。結局、伊周兄弟の犯した長徳の変を利用した道長が勝利、藤原北家・摂関政治の頂点に立ったわけです。すったもんだがありましたが伊周兄弟は流罪となり、伊周は大宰府権師、隆家は出雲権守として左遷流罪。2年後に大赦で京に戻りますが、復権を狙いながら不遇のまま10年余りで伊周は37歳の若さで亡くなっています。

隆家は復帰後は位階は徐々に上がったものの官職は終生中納言のままでした。しかし、豪胆者という性格のまま、裏表のない姿を通していました。その姿には、三条天皇・藤原道長・藤原実資など立場的には敵対勢力の重鎮からも、立場から官職の引き上げはできませんが個人的には好感を持たれていたようです。また、一般民衆の人気もあったようです。

表には虚勢とも云えるほどでしたが、やはり朝廷内で孤立したことは否めませんでした。豪胆者とはいえ、兄を失い、眼病に見舞われ、更に孤立を深めた立場を憂いた隆家が相談を何度も持ち掛けた相手が藤原実資でした。前述の会議を主宰した藤原実資は実直で筋を曲げない性格で、絶対権力者・藤原道長にも一家言を通した硬骨漢で、交流は少ないですが道長が唯一の好敵手・自分の鏡と認めていた人物です。
実資のアドバイスは、これ以上の昇進を望めぬ朝廷にいるより、地方で療養がてら自分の能力を発揮した方が良いと大宰府を奨めたのです。。隆家ならば朝廷からの影響が少ない大宰府ならば能力が発揮できるとアドバイスをしたわけです。

大宰府の役職は平安期には左遷や流罪的意味合いが強く、菅原道真などは嘆くだけで職務放棄状態のまま亡くなっています。しかし、やる気満々で赴いた隆家が未曽有の大惨事に大宰府にいた事実は歴史のいたずらとも云えるわけです。

隆家については、花山法皇でやんちゃ時代を少し触れています。⇒花山神社 菩提町

現在の政府の米軍頼り一辺倒、危険地帯に自衛隊を送って暴動はあっても戦闘はなかったという政府、そもそも緊急の防衛出動もも国会の承認が必要という勢力、国民の財産とも云える国有地の安易な払い下げ、宗教法人の免税、挙句に官僚の改竄行為は愚の骨頂、更には議員数の増加、官僚・政治家の収入を増やそうなどとは平安時代に近づく末期症状に近づいて見えます。今の国会・内閣が平安期の馬鹿貴族並みと云われても仕方ないでしょうね。。おっと長い脱線。。失礼しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • がにちゃん

    いつの時代にも権力を振りかざして・・・持ってないものの僻み???     羨ましい限りですね???  
    親にこんな力があれば・・・息子は苦労しなくても良かったかもぉ~
    と思いつつ

    私は、清く正しく真っ正直に生きていきますわぁ(笑)

    時は過ぎていても、さほど権力者のするころは変わってないのかもですね
    中身は、回りまわってさほど変わってないのかもぉ~
    2018年07月17日 11:39
  • つとつと

    がにちゃんさん
    法律は捻じ曲げたり曲解したりすれば、とんでもない悪法になる典型ですね。
    更に国家を運営する人は権力を得るかわりに、国民の安全と安定を図るのが宿命です。それが自分のことばかり見ると、平安時代の二の舞になると思います。官僚・政治家は是非外を向いて、自分の地盤ばかり見ているとそのうちどこからか石が飛んでくるでしょうねーー;
    僕も清く正しく真っ正直にいきます^^/
    2018年07月17日 16:27
  • tor

    藤原隆家。菊池氏初代藤原則隆の祖父ですね。貴族でありながら豪胆な方だったようですね。上ばかり見ている人だったらどうなったのでしょう。刀伊入寇分かりやすく解説していただきありがとうございました。グッドタイミングで菊池則隆の長男西郷政隆は「西郷どん」の祖先だったと…。その居城増永城跡見てきましたよ。
    2018年07月17日 21:09
  • つとつと

    torさん
    藤原隆家は則隆の祖父とも曽祖父とも云われていますが、豪胆すぎて長徳の変の原因を作ってしまいました。変の時が19.20歳で、出雲に流罪でしたが但馬に置かれたときに出来たのが政則と云われています。刀伊入寇時には20歳と血気盛んだったと思います。長徳の変については文中の花山神社 菩提町に書かれていますが中納言が自らやるかという行状です。軍事の指揮が執れた証明にはなると思います。
    えっ@@西郷さんに繋がるんですか@@ それは知らなかったです^^;
    ぜひ、読ませていただきます。
    2018年07月18日 10:24
  • 家ニスタ

    日本史の中でもこのへんの時代は僕も苦手分野でして、意識的に避けてきたところがあります。
    くわしく説明していただき、ありがとうございます。
    それにしても藤原摂関家、自らの利権のために法をねじまげるとは、とんでもないことですね。
    しかしこうしたことは、現代でも起こりそうですね。
    2018年07月20日 07:53
  • つとつと

    家ニスタさん
    誰でも経験があると思いますが、奈良、平安時代というのが、一番人気がないし、中学で初めて習う日本史では早く終わって、源平の時代にしてヨとだれもが思う部分ですねえ^^;とにかく、奈良は天武系で皇族間の暗闘、平安は天智系で婚姻関係での摂関、両朝に係わる藤原氏。天皇の上に天皇を置く院政。とにかくドロドロで、どう見ても国民を顧みない政治形態で。政治がらみの悪い言葉はこの時代の言葉が比喩に使われます。国家はくれぐれもこの時代の言葉が使われないようになって欲しいものです。
    2018年07月20日 17:42
  • ミクミティ

    平安時代は華やかな文化のイメージがありますが、ほんの一かけらの人達だけのものだったのでしょうね。庶民の生活とはあまりにギャップがあって。
    荘園はそんな格差を生み出す仕組みだったのだと思います。権力闘争の道具でもあったかも。
    それにしても、刀伊の入寇のことは全く知らなくて、大変勉強になりました。
    2018年07月20日 23:51
  • つとつと

    ミクミティさん
    平安絵巻は確かに華やかなイメージですが、一部だけの面で、実際にはおっしゃるように格差社会の最たるものでした。
    文学に関しては世界の最先端を行っていましたし。他の芸術関係にしてもここまで進んだ国はなかったと思います。まだ印刷がなかった時代に写経や写本によってここまで高まった国も少ないと思います。しかし、それは多くの犠牲と混乱の上に出来上がったものでした。
    海があるからなかなか侵略を受けにくいとはいえ、ここまで防備が甘いとは。。と思うんですが。。ただ歴史は繰り返すで、明や清の末期の中国、後高麗が同じ退廃の道を歩むんですが、、いったいこれはと思う部分です。
    2018年07月21日 14:10

この記事へのトラックバック

最近のコメント