宮島神社 岩抱きのけやき

画像宮島峡の一の滝から少し下流に向かって公民館の手前を右折すると宮島神社があります。
宮島神社子撫川(こなでがわ)を中心に山間に点在する宮島二十五村の惣社とされています。総社と惣社は現在は同義語扱いで、よくゴッチャになってしまいますが、基本的には前者は主に奈良時代以降の国府の側に建てられ、国司が祭祀を行うために国内の神を合祀した国社ともいえます。惣社は近在の地方・村・部落・集落の点在する神様を合祀したり、代表として奏者としての役割を果たした神社になります。

宮島神社が惣社のどれに当てはまるかは別にして、大岩に巻きつくように立つケヤキが注目の社です。
画像
小矢部市指定天然記念物 岩抱きのけやき

この神社は、宮島郷宮島谷二十五ヶ村の惣社と伝えられている。神社の社殿に向かって右手の巨岩は、周囲一七メートル高さ三メートルを測り、その上に幹まわり三・六メートル樹高三五メートルの大木が太い根で岩を抱きかかえるようにして生えている。「岩抱きのけやき」と呼ばれ、小矢部市指定天然記念物に指定されている。
境内には、自然石の露頭が多くあり、かつては神霊を招き祭祀を行った聖地で古代、神社が発生する以前の磐境(神霊祭祀の霊域)と考えられている。後に社殿がつくられるようになり、この磐境をそのままにして、後方に拝殿を建て、その奥に本殿を築いた。このように古い時代の磐境のすがたを今に残している埜は、県内でも数少ない。(昭和六十年九月には由緒を伝える石碑が建立されている。)

平成十年七月十五日 小矢部市教育委員会

画像
宮島郷には式内社として小矢部比賣神社がありました。越中国司だった大伴家持の時代に斎木貞信を従六位に叙して比賣神社および長岡神社の神官に任じ、宮島郷四十八ヶ村氏神惣社としていたと伝わっています。この四十八ヶ村という数字は、宮島と福岡郷を合わせた数だと思われます。
画像
長岡神社は同じ小矢部の福岡地区の最南地と言える場所で砺波市との境界近くになります。つまり小矢部川の対岸地区の氏神になると思われます。
比賣神社は、その後、小矢部川と雄神川(庄川)の氾濫で流されています。流されたご神体が藤に絡まって留まった地点が、子撫川が小矢部川に合流する手前、大きく蛇行する地域・宮中にあります。本来の位置は川の流れから考えても北西が考えられ、宮島神社を本宮と推す声もあり論社扱として留まっています。ですが個人的には、宮中が比賣神社式内社と思っていますが、宮島神社はその形態から奥宮・奥の院といった発祥地的存在だったと思われます。
画像
なぜ、奥宮だと思うかと言えば、その形態と場所にあります。
以前ご紹介しましたが、子撫川の下流域、国道8号のバイパス工事で発見され、前述の宮中比賣神社の対岸から出土したのが桜町遺跡でした。この桜町遺跡は縄文草創期から晩年までの長きに渡って続いた縄文遺跡で、チカマツ遺跡と同型のウッドサークルを始め、弥生期以降と言われた高床式建物が発掘されて、歴史を覆した遺跡です。

古代神道成立以前、巨大なモノや異形の自然石磐座(いわくら)として礼拝の対象にしていたことが知られています。そこから、幾つかの変形や変化を重ねて神社へと進化して行ったと言われます。その縄文時代が最初期と思われる磐座からの進化が解り易く観られるのが宮島神社になります。世界遺産になった沖ノ島にはその形跡が見られると云いますが原則入島禁止、古代から続く大型神社や富士山・大仙・白山のような山岳信仰にも、この形跡がありますが、形状が大きすぎたり、範囲が広すぎたりで逆に解りづらいのですが、宮島神社は一目で理解できる解り易さ、、、神社が好きな人にはぜひ見ておいて欲しい神社です。


画像
画像
宮島神社は中央に拝殿への石段が造られていますがこれは近年になって加工敷設されたようです。、元は石段部がどうなっていたかは定かではありませんが大きな自然石が左右に観られます。見た目には大岩の集合体だったことが想像されます。特に右の石は1個の大岩で、文中のように露頂部分で周囲17m・高さ3mにもなりますし、左は幾つかの露頂部に分かれますが、地盤部も岩石帯になっており、土泥部を除けばやはり単独もしくは2・3の大岩の集合体と思われます。
画像
縄文時代は桜町遺跡から北の山間に入った程ない位置にあることからも、縄文人にはこの岩は認識されていたと思われます。つまり縄文・弥生期には大岩は露出していたと思われ、磐座信仰がいつから始まったか不明ですが、礼拝対象としての磐座として岩丘があったと考えられます。

磐座の前面に現れたのが、案内文の磐境(いわさか、磐堺)になります。沖ノ島で発見されているのが代表例で磐座の前や岩陰などに小規模な石囲いの区画が確認されているそうですが、一種の祭壇と言えますが磐座を拝んだり、祭祀を行う祭主や巫女の席とも考えられます。宮島神社では石段前もしくは石段、登った場所のいずれかになると思われます。
画像
次に登場するのが、神籬(かむろぎ、神奈備)としての大木になります。神社では御神木ですね。神棚では榊に当たります。

磐座のみの時代は岩そのものが御神体として考えられていたようですが、磐境の時代には岩は神界(神界あるいは幽界、あの世)人間界(現世)境界線と考えられていきました。この為、祭祀で呼ばれた神様は、岩の向こう側に現れることになります。
画像

画像
この為に磐境にいる祭主の巫女や祭祀者に憑依あるいは通訳・伝言してもらうことになります。これでは、一般人が単独で個人的なお願いをすることが出来なくなります。岩の前後に立つ御神木は神様が降り立つ依代(よりしろ、憑代)として立てられたものになります。

宮島神社のケヤキは、劣悪な岩盤帯にあるため樹齢は不明ですが、樹勢に強さがあり、右の最大のケヤキは幹囲3.6メートル、樹高約10メートル。少なくとも300~500年前の中世に植えられたのではないかと思われます。大岩を抱き込むような姿は圧巻です。
画像
拝殿左のケヤキは対称的に直立型ですが、前に掲載した画像のように岩盤上に根を縦横に張っています。中央に大きなコブがありますが見上げれば、緑の枝ぶりも豊かで拝殿の屋根を覆っています。
画像
磐座・磐境・神籬の三点セットが、神社や神棚の原点になっていると云われています。磐座本殿(神殿)磐境幣拝殿神籬拝殿といった具合です。大きな見方をすれば富士山や白山のように山全体をご神体(神奈備(かむなび))として離れた場所に鎮守社や遥拝所を置く形態もこれに準じるとも考えられます。宮島神社では小振りながら古代に観られた形態がそのまま残っている貴重な存在になるんです。中央の建物や石段を除いて見てもらえると、神社の原点がよく解ります。
画像
ついでながら、神社における鳥居ははっきりした由来や事由は不明ですが、先の拝殿などと同じ頃に出現したと云われています。大きくは二つの意味合いが論じられていますが、一つは文字のまま鳥(鶏)の止まり木、アマテラスの岩戸隠れの際に、岩戸前に止まり木に鶏を置いて鳴かせたという故事によるもの。もう一つは神社の入り口に通路の両脇に平行に植林した木に綱や縄を張って、神域への境界線の目印や玄関門にしたというもの。
画像

宮島神社も近代に入ってから、拝殿・本殿が岩の向こう側に建てられており、当然と云っては何ですが、鳥居もあれば、立派過ぎる参道もあります。

了輪地区の産土神・氏神として崇敬されており、近代の神社に対する信仰心が示す境内の鳥居や参道も注目に値します。立派な注連縄が下がる鳥居から参道に入ると広い境内地の真ん中に参道が神社に向かって伸びています。この参道には苔が敷き詰められていてフカフカ状態。本来参道は神様の通る道で端っこを参拝者は歩くものとされていますが、あまりに苔が立派過ぎて、踏むことが躊躇われ、参道の木や石を避けながら歩いてしまいました^^;まあ、礼儀にはかなってるんでしょうが、これだけ見事な苔の参道は久しぶりに観ました。。

旅行日 2018.08.12






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 52

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • tor

    立派なケヤキの自然木ですね。そして岩をしっかりと抱え込んでいて生命力の強さを感じますね。苔の生えた参道も良いですね。狛犬の顔もあまり見かけない表情ですね。ところで磐座。私のジョギングコースに神楽社があります。神社に神楽は分かるのですが神社の名前?と疑問に思っていました。地震で倒壊し無事に再建されたのでお詣りしたら、「加久羅(かくら)社だったものが神楽社になった」と由緒にありました。加久羅とは神坐の訛りともありました。そして「影向石」が祀られていました。思い出しました。
    2018年09月04日 20:41
  • つとつと

    torさん
    宮島神社は神社の発祥から現在までの進化が順を追って、その場で観てわかる貴重な存在の一つです。磐座に土が覆った後に植林されたと思われるケヤキも少ない土部を求めるためにこのような形態に育ったようです。狛犬もちょっとニンマリした顔で、獰猛なものが多い北陸では面白い存在です。
    神楽社はtorさんのブログで拝見したような。。と、思いつつ改めて拝見させていただきました。神坐は神殿のご神体を納めるところですが、それが名前に由来するのは珍しいですねえ^^できればもっと大事な影向石も早くまわりが整備されるといいですねえ^^影向石こそは磐座や依り代として御神体より大事と思っている僕です。
    ただ北陸では影向石を祀るのが見かけないのですが、滋賀にいた頃、三井寺で参道の真ん中にあったり、安土城の信長の墓の上にあったり、興味深く観られました^^
    2018年09月05日 11:07
  • 家ニスタ

    えっ、総社と惣社って別なんですか・・・。
    すいません、知りませんでした。
    人面犬みたいな、素朴な表情の狛犬がいいですね。
    神道の起源が、縄文時代までさかのぼるとすると、ロマンがありますね。
    なかなか、実証するのはたいへんかもしれませんが・・・。
    2018年09月06日 22:53
  • つとつと

    家ニスタさん
    今はごっちゃになっていて、神社の案内板にも両方見受けられます。でも本来は国と地域の違いと思えば早いかも。。ここの狛犬ニンマリした笑い顔が面白いでしょ・
    沖ノ島が世界遺産になる前の紹介映像をTV放送していましたが、複数の祭祀場が発見されていて、宝物の年代が違うために年代ごとの特定が出来るようです。立ち入り制限が厳しいですから発掘もなかなか進まないでしょうが、どこまで遡れるか期待しています。
    神道の起源はやはり自然崇拝からというのは動かない事実と思います。磐座はともかく、磐境は縄文末期・弥生初期、神籬は中世が多いようですが、均一に並べた木の並びがある所では縄文晩期とみても良いかも。。証明は自然物ですから難しいでしょうが磐境の存在が鍵になるかも。。
    2018年09月07日 09:03
  • yasuhiko

    自然石を磐座として祀る
    古い信仰の形態が見られる点で、
    魅力的な神社ですね。
    その大岩の一つを抱き込むような
    姿のケヤキの木にも驚きます。
    樹齢300~500年と推定される
    古木が、今もこうして元気なのは、
    やはり、ここが聖域だから(?)でしょうか。
    2018年09月07日 17:12
  • がにちゃん

    がっつりと抱え込んでいますね 立派なケヤキ  樹 生きているって感じがしますね

    観ようによっては、親しみやすいお顔の狛犬さんですね  わらっているようにも見あますね
    2018年09月07日 17:16
  • つとつと

    yasuhikoさん
    各地の山岳に近い神社はこの形態が観られるんですが、小振りなおかげで逆に見やすく、一目でわかる姿は貴重な存在です。
    大岩の下に水源があるのか、直立のケヤキの下も頑張んで、体積した土を縫うように音が張りめぐされていました。ケヤキの強さと神域の力ですかねえ。。神様の宿る木ですから^^
    2018年09月07日 20:53
  • つとつと

    がにちゃんさん
    ケヤキの力強さは見るたびに驚かされます。北陸にあるケヤキや、杉の異形の姿は関西ではなかなか見られませんから、機会があったら、山の方の大樹を観るのも北陸の魅力です。
    わらう狛犬にニンマリ顔の狛犬さん ほんとに憎めない顔ですねえ^^
    こういう狛犬、石川ではなかなかいないんですけどねえ^^小矢部も獅子舞が盛んな土地柄なんでほかの狛犬は獰猛な感じが多いんですが、ここの狛犬は可愛い感じで珍しい存在^^;
    2018年09月07日 20:59
  • イータン

    こんにちは~

    300~500年の中世の前に植えられた立派な樹齢なのですね。
    根っこが外にはみ出ても元気で凄い。
    歴史のある神社ほど過去をさぐるに謎多しという事になるのでしょうか。
    近代に入ってから建てられた鳥居参道 
    ここに訪れて新しいもの古きもののミックス、ダイナミックさを感じられるのですね。
    狛犬 ニコッと笑っていますね。
    2018年09月10日 12:56
  • 藍上雄

     良く神社やお寺で、『石割り』とか『石抱き』の巨木を祀る事が有りますが、やはり生命の力強さに、神聖なパワーを感じての事なのでしょうね。石抱きのケヤキご神木だけの事は有りますね。かなり大きのでしょうね。
     狛犬、アルカイック的な表情でも阿吽になっていますね。(かなり古い物なのでしょうか…?)神社の形態も、現在の物とは少し違っているようにも思えます。 
    2018年09月10日 15:13
  • つとつと

    イータンさん
    先に裸のビーナスたちを見てから、神社に来ましたから、狛犬さんも笑っていたのかも^^;
    岩⇒岩前⇒ケヤキ⇒参道・鳥居⇒建物といった順に出来たんだろうと思われますが、それがなんとなく年代でわかる貴重な存在です。奈良時代には大伴家持がこの神社を通って能登に向かっています。その頃は岩と祠堂だけだっと思いますが。。
    神社の形態の変遷がよく解るので、小さい神社ですが、けっこう長居をしちゃいました。
    2018年09月10日 21:09
  • つとつと

    藍上雄さん
    コメントありがとうございます^^
    石割り・石抱き この力強さに人は畏怖や命の強さを感じるんでしょうね。年代で、神社での信仰の対象も岩から木に移って行ったようです。宮島神社のケヤキは見上げると高さよりも横への枝広がりが目立つ木でした。左のケヤキは対照的に上へ上へと伸びていました。
    この狛犬を観た時は古いと思ったのですが、、、記銘が摩耗して解らなかったんですが、明治以降のように思えました。加賀や越中西部は獅子舞の獅子頭の産地で、その影響で勇壮なものが多いんですが、このようににこやかなものは珍しいですねえ@@
    2018年09月10日 21:20
  • メミコ

    かなりご無沙汰いたしました  お元気で何よりです

    狛犬さんの写真も かわいいです

    暑さやら 何やらで あまり出かけられなくなりましたが また ブログでいろいろ楽しませていただきます

    神社のけやきは すごい形のものが結構ありますが こちらもすごいですね

    木々が恐ろしくも感じられます


    再来週の連休には お墓参りを兼ねて 20年ぶりくらいにお伊勢さんに行く予定です  赤福とか楽しみです
    2018年09月11日 09:22
  • つとつと

    メミコさん
    お久しぶりです。今年は暑過ぎましたねえ。。挙句に台風もあって、雨風・フェーン現象で大変な事態でした。
    こういう異形の木は画像で観ると怖く見えるかもしれませんが、間近で見ると森厳とした力や、力を感じられます。記念物指定や囲いを受けていないので直に触れることもできますから、木の力強さを感じられます。
    ユニークな狛犬さんでしょ^^宮島峡で滝とビーナスを見て、木陰の多い神社で涼むというのもなかなか良いですよ^^/
    お伊勢参りですか、いいですねえ 赤福食べながら、美しい神社が見られますねえ^^ゆっくりして来てください
    2018年09月11日 10:23
  • まだこもよ

    いつも見ると思うのですが
    年代物の 狛犬を見ると どんな人が いつ頃 彫ったんだろう?と
    2018年09月11日 20:24
  • つとつと

    まだこもよさん
    そうですねえ、、神社の奉納物になるので寄進者の名や年はあるんですが、古いものは摩耗していて読めないものが多いですね。しかも石工の名は滅多に観ないですねえ、名人級や多数を作った石工くらい。今はほとんどが石材店が造っていますが、古くは専門の石工がいたようです。
    どうしても風雨にさらされるので、僕たちが見られる大型の狛犬はほとんどが明治以降のものです。たまに江戸期のものがいて驚かされますが。。
    そうそう、狛犬と云えば金沢には逆立ちしている狛犬が多いんですよ。まとめて載せて観ようかな^^
    2018年09月12日 11:32

この記事へのトラックバック

最近のコメント

「日用(ひよ)・苔の里①」- by tor (07/02)

「日用(ひよ)・苔の里①」- by がにちゃん (07/02)

「日用(ひよ)・苔の里①」- by 藍上雄 (07/02)

「おしらせ」- by イータン (07/01)

「おしらせ」- by ミクミティ (06/30)