長壽寺③ 八百屋お七の供養塔

長壽寺の見所も三作目、、、、境内には立派な供養塔がありますが、なんと八百屋お七の供養塔と伝わっています。


長壽寺の案内板・・・当山八百屋お七縁起

合掌 八百屋お七の父親は七尾出身で、加賀藩の足軽・山瀬三郎兵衛といい参勤交代の折に江戸に出る。元々、侍奉公を嫌っていた三郎兵衛は脱藩し、本郷駒込追分町に八百屋を開業、相当の財を成した。一六八二年二月二十八日、江戸市外駒込の大円寺から出た火事は、おりからの強風にあおられて南の市内に向かい、本郷・上田・神田日本橋を襲い、隅田川を越えて本所・深川まで延焼、夜になってようやく鎮火した。延焼家屋は大名屋敷七十五、旗本屋敷百六十六、寺社九十五、町屋五万二千余、焼死者三千五百人。世にいわれている八百屋お七の「お七火事」とは、この日起こった火事をさしている。
画像
だがこの火事はお七の仕業ではない。実は、この大火では、お七一家も収容者だったのだ。家を失ったお七一家は菩提寺である円乗寺に仮住まい、ここでお七は寺小姓の吉三郎と運命的な出会いをする。店が再建され、連れ戻されたお七の思いはつのるばかり 「また火事があれば・・・」 そこでお七は翌年三月二日、新築まもない我が家に火を放つ。江戸市中を火の海に埋めたお七はつかまり、火あぶりの極刑にあった。この話は、やがて浄瑠璃や歌舞伎に脚色され、お七と吉三郎の恋物語は語り継がれてきた。

だが、娘を非業の死で失ったお七の母親の子を思う心はいかばかりか計りしれない。お七の母と称する者が娘の菩提を弔いたいと、供養塔を建てるため奔走したらしい。罪人の供養塔を建てることの許されない時代に、火あぶり極刑にされた罪人の供養塔を建てることなどもってのほかだった。もし、供養塔を建てたと知られれば、その寺も廃寺になったという。当山第七世・喰性院日邊に事情を明かし依頼建立したものと伝えいたる。。過去帳にも記さず代々の住職が口伝でその由来を伝え、隠密にしてきた。取調べがあれば、歴代の住職の墓と偽ってきた。
画像
その供養塔は、高さ二メートル一八センチ、幅六十センチと大きく、御影石でできた大変立派なもので、わざわざ大阪方面から運ばせたものらしく、供養塔の左横には母親の法名願主「法春比丘尼」と銘が刻まれている。 再拝

命日 天和三年三月二十九日(一六八三)


八百屋お七は、恋人逢いたさに放火事件を起こし、火刑に処されたと云われる少女になります。
井原西鶴の「好色五人女」に書かれ一躍知られる存在となって、その後、文学や歌舞伎、浄瑠璃、文楽、芝居、落語などの芸能、現代でも時代劇の映画やドラマ、歌謡に登場する少女です。ところが、時代が下るごとに脚色や創作が加えられて実像がぼやけ、名前は知られますが実像や実際の事件自体は謎の少女でもあるんです。実際、実在したかも疑われている存在です。

しかし、最初にお七事件のすぐ後に書かれた作者不明「天和笑委集」と井原西鶴の描いた「好色五人女」ですが、共に当時の実録話を題材にしています。実話の為にあまり脚色を加えすぎると、事件を知る大衆には解ってしまうので、ある程度忠実に事件を扱ったと云われています。
両作品は同時期(事件から1~3年)に書かれたもので、特に井原西鶴の作品は江戸期文学史上初の町娘が主人公ということで大流行、お七に同情と人気が集まり、後に続く各種の作品や芸能に大きな影響を残しています。

天和笑委集はともかく、井原西鶴は関西在住で、江戸の事件を伝聞で聴いて脚色したのは確かです。
同時代人で江戸本郷・浅草にいた国学の先駆者で歌学者・戸田茂睡(もすい)の実記(日記)「御当代記」では「駒込のお七付火之事、此三月之事にて二十日時分より晒されし也」とあるそうですが、後で付け加えた形跡があり、前述の両作を見てから茂睡自身が記憶で付記したのではないかとみられているそうです。とはいえ、お七に関する実記(実録・記録)としての記述と云えるのはこれだけです。

お七の物語で一番最初に書かれた天和笑委集11巻から抜粋すると。。。

天和笑委集のあらすじ(Wikから抜粋)

江戸は本郷森川宿の八百屋市左衛門の子は男子2人女子1人。娘お七は小さい頃から勉強ができ、色白の美人である。両親は身分の高い男と結婚させる事を望んでいた。天和2年師走28日の火事で八百屋市左衛門は家を失い正仙院に避難する。

正仙院には生田庄之介という17歳の美少年がいた。庄之介はお七をみて心ひかれ、お七の家の下女のゆきに文を託してそれからふたりは手紙のやり取りをする。やがてゆきの仲人によって、正月10日人々が寝静まった頃に、お七が待つ部屋にゆきが庄之介を案内する。ゆきは2人を引き合わせて同衾させると引き下がった。翌朝、ゆきはまだ早い時間に眠る両親の部屋にお七をこっそり帰したので、この密会は誰にも知られる事はなかった。その後も2人は密会を重ねるが、やがて正月中旬新宅ができると、お七一家は森川宿に帰ることになった。お七は庄之介との別れを惜しむが、25日ついに森川宿に帰る。

帰ったあともゆきを介して手紙のやり取りをし、あるとき庄之介が忍んでくることもあったが、日がたつにつれお七の思いは強くなるばかり。思い悩んでお七は病の床に就く。3月2日夜風が吹く日にお七は古綿や反故をわらで包んで持ち出し、家の近くの商家の軒の板間の空いたところに炭火とともに入れて放火に及ぶが、近所の人が気が付きすぐに火を消す。お七は放火に使った綿・反故を手に持ったままだったのでその場で捕まった。

奉行所の調べで、若く美しい、悪事などしそうにないこの娘がなぜ放火などしようとしたのか奉行は不思議がり、やさしい言葉使いで「女の身で誰をうらんで、どのようなわけでこのような恐ろしいことをしたのか?正直に白状すれば場合によっては命を助けてもよいぞ」と言うがお七は庄之介に迷惑かけまいと庄之介の名前は一切出さず、「恐ろしい男達が来て、得物[注 12]を持って取り囲み、火をつけるように脅迫し、断れば害すると言って打ちつけるので」と答える。奉行が男達の様子を細かく尋ねると要領の得ない話ばかりする。これでは助けることは出来ないとお七は火あぶりとなることになった。

お七は3月18日から他の悪人達と共に晒し者にされるが、その衣装は豪華な振袖で鮮やかな化粧と島田に結い上げ蒔絵のついた玳瑁(たいまい、べっ甲)の櫛で押えた髪で、これは多くの人目に恥ずかしくないようにせめてもと下女と乳母が牢屋に通って整えたのだと言う。お七および一緒に死罪になる6人は3月28日やせ馬に乗せられて前後左右を役人達に取り囲まれて鈴が森に引き立てられ、大勢の見物人が見守る中で処刑される。大人の4人の最後は見苦しかったが、お七と少年喜三郎はおとなしく処刑されている。お七の家族は縁者を頼って甲州に行きそこで農民となり、2人の仲が知れ渡る事になった生田庄之介は4月13日夜にまぎれて旅に出て、終いには高野山の僧になっている。


文中最後に一緒に処刑された喜三郎も放火犯で当年13歳だったと云われています。お七との係わりは無く別事件犯として処刑された喜三郎も、後にはお七に結び付けられて恋人や詐欺犯として扱われています。

実録物と云われながら人気の高まりとともに、後発の作品に脚色が加わるように、、お七の素性や伝承が数多く語られることになります。お七が恋をした相手の名も天和笑委集では生田庄之介好色五人女では吉三郎になっています。また落語では吉三など、浄瑠璃では山田佐兵衛。また、お七一家の避難先も天和笑委集では火元の大円寺裏の正仙院、他には円乗寺前の仮宅、好色五人女は吉祥寺など。。

文中の天和の大火は昔から「お七火事」と呼ばれ、さもお七の放火によって江戸市中を総なめにした大火と云われていました。実際にはこの火事はお七も被害者で、家を焼かれたお七一家は一時疎開して、事件の要因となった出逢いがあったわけです。お七の放火はすぐに発見されてぼやで鎮火されていますが、放火は重罪で処刑になっています。ちなみに異説になりますが、天和の大火の同年一月にも大きな火事があったのですが、その犯人がお七で捕縛され、天和の大火の時は牢の中だったという説もあります。三月のぼやは創作というものです。とにかく、お七についても謎や不明が多いんですね。罪状は書かれていませんが、これが一緒に処刑された喜三郎の放火事件ではないかとも思われます。

江戸での小説・歌舞伎・浄瑠璃・文楽・落語、更には近代のドラマ・映画・歌謡など様々な脚色が施されて、お七の人気は不動のものと言えます。相手の出家した庄之助・吉三郎の墓も全国に点在しています。なんと言ってもお七の場合は殺人より重い火付盗賊に次ぐ厳しい処分の火付けの重犯罪人、江戸は死罪の場合は俵詰めで回向院に埋められていましたし、重犯罪人の場合、墓石や供養塔などはもってのほかでした。
画像
とはいえ、そこは人気者・お七、各地に墓や供養塔があります。特に墓所として有名なのが、お七一家の菩提寺と云われた円乗寺の八百屋お七の墓。三基並んでいますが現在も訪れる人が絶えず、花が絶えないようです。
天和笑委集では命日は天和3年(1683年)3月28日ですが、29日に亡くなった左の法名妙栄禅尼という墓が、後年お七の墓としてなぞられたもののようです。更に美貌で愛嬌と色気にあふれ「眼千両」と呼ばれ、江戸三座を長男・次男と立女形を独占した5代・岩井半四郎がお七112回忌(寛政5年?)に右横に建てた物です。中央は円乗寺の住職が建てたもの。。お七の命日を3月29日にするのは円乗寺の墓からと云われています。

この他にも、お七の舞台になった大円寺・吉祥寺、更にはお七の持仏や成仏とするお七地蔵、吉三郎からみの比翼塚やお七井戸、ただその多くは浄瑠璃や歌舞伎からの脚色から発生したと思われるものが多くあります。

地方における供養塔・観音像など 僕が知っているものでは浄土宗開祖・法然の生誕地の岡山県の誕生寺。開山は敦盛で有名な熊谷直実こと蓮生法師。こちらの寺伝ではお七死後の16年後、元禄12年(1699年)江戸では公に供養するわけにいかず、誕生寺の本尊の回向院・増上寺での御開帳の際に誕生寺住職(15世・通誉)にお七の振袖を預けて供養を願い出たというものです。本堂内に花月妙艶信女という法名で位牌を作り安置供養しています。恋や道に迷って悩む若い女性のためにお七観音が境内に祀られています。
また岡山にはお七の墓もあると聞いていますが詳細は不明。機会があったら調べてみます。

長壽寺の寺伝ではお七の両親の出身地を七尾としていて、江戸で墓や供養塔を建てることが出来ず、母親が故郷である七尾の長壽寺の住職に頼み込んで建てた供養塔としています。しかし加賀藩にしても重罪人の供養塔は許されるものではなく詮議の際には歴代住職の供養塔としていたと云います。
大阪近辺の御影石を使い、その大きさは高さ2.18m・幅60㎝と他の墓を圧する大きさです。前面に法華経のヒゲ題目と呼ばれる「南無妙法蓮華経」、左側面には願主として母親の法名・「法春比丘尼」の名が彫られています。
若くして不名誉な死を遂げた娘に、激しい悔恨と思いが籠っていると云われます。

母親の思いが籠ったと伝わる供養塔について水を差すわけではありませんが、この供養塔には疑問が多く残ります。供養のためとはいえ、あまりに立派過ぎるということ、火付けという当時では重犯罪者の供養碑としては大きすぎるのです。
画像

願主の記銘の「法春比丘尼」という名前の考察

江戸の三大処刑場は鈴ヶ森・小塚原・大和田になりますが、この内大和田には面影はありませんが、鈴ヶ森や小塚原は僅かに名残りが残り、幕末から明治初期にかけての資料も多く残っています。処刑場には本来は慰霊碑や地蔵・供養碑が許されていなかったので多くが廃棄か回向院・延命寺他の寺院に移されたと云われます。現在ある小さな石仏などは幕末の禁制が緩んだ時に持ち込まれたものと言われています。
そのなかで長く容認されて置かれていたのが、地蔵尊と題目供養塔でした。また鈴ヶ森にはこの他に戦馬や動物に対する馬頭観音もありました。

この題目供養塔の願主の銘が「谷口氏」と「法春比丘尼」なのです。
江戸の伝承・・・元禄時代(元禄11年(1698年))法春は本郷の商人だった谷口与右衛門の母。生類憐れみの令の敷かれていた頃、与右衛門が酒を飲んでの帰り道、犬数頭に襲われやむなく犬を斬った。正当防衛とはいえ、法は法、小塚原の刑場で磔刑で処刑された。これを悲しんだ法春は小塚原と鈴ヶ森の刑場に供養塔を建てたという。

ところが、この谷口名法春名題目供養塔は大阪豊中から江戸にかけて、大小の刑場に百基以上建てられていたというのです。現在も半数が確認されているそうです。一番古いものとしては、大阪府堺市の月蔵寺にある大野道犬斎(治胤)の供養塔と云われています。

大野道犬斎(治胤)は、淀殿の乳母・大蔵卿局の息子四兄弟(治長、治房、治胤、治純) の三男。大阪夏の陣では、前哨戦で東軍の先端基地にされるのを恐れて堺を焼討ちして、戦端を開いた一人です。この戦火は堺の2万戸を焼いたと云われます。
大阪城落城後、城を脱出しますが京都で捕縛され、堺衆に引き渡され刑場の並松で火炙りに処されたと云われています。葉隠の中に逸話が書かれていて、火炙り後の黒焦げになった道犬斎はむくっと起き上がると近くにいた東軍武士に斬りつけると、そのまま粉々に崩れ落ちて黒い灰になったと云われています。町を焼いた仇とはいえ、豊臣家に準じた姿に打たれ町民は五輪供養塔を刑場に建てたと云われています。
元々はこの並松に五輪供養塔と題目供養塔があったのですが、現在は共に月蔵寺に移されています。この題目碑にも「題名壹千部 為無縁法界 法春比丘尼」と刻まれています。

月蔵寺の寺伝によれば・・・京都の三木隨法師の資料によれば「今から三百年程前の江戸時代、貞享・元禄・安永・正徳の頃、京都には熱心な法華経信者である谷口一族がいた。その主たる人物は「京都町人八幡屋谷口長右衛門自栄」で、戒名が「妙信院法悦日随」であることまでは判明するが、それ以上の詳細は不明で宗門の歴史に一族の名前が一人として記録されていない。京都本山本圀寺の墓地にある無縁塔の最頂部に谷口法悦が寄進した石塔があり『若い頃から菩提心を起こして題目を唱え、法華経六万部を読んで心からの喜びを感じた。』という内容の碑文が残されている。この谷口一族は全国各地の法華寺院に題目碑を百余基、本尊の板曼荼羅を百十余り、涅槃図や釈迦誕生佛も数多く寄進しており、さらに京都から江戸に至る各地の刑場にも受刑者供養の為に題目碑を建立している。有名なものは東京品川区の鈴ヶ森刑場跡にある題目碑で、身延山の檀信徒研修道場前にも題目碑がある。」と云う。

なお、月蔵寺の寺伝には、法悦(八幡屋・谷口自栄)の父母の戒名は、それぞれ「実相院法入日中」・「貞林院法春日陽」で、本尊である板曼荼羅には法春の銘があり、元禄九年に奉納された「釈迦涅槃図」には法悦が父母の追善の為に施主となったことが記されているそうです。
熱心な法華信者とはいえ宗門誌に載らないということは、法華宗が宗門として題目供養塔(碑)を推進したのではなく、個人の慈善活動だったことが窺われます。しかし個人で関東から関西にかけての広範囲に供養塔や板題目を合わせて二百近くも寄進するというのは財力や苦労は並大抵のことではなかったと思われます。この寄進に触発されて、元禄以降に消えた谷口一族の名を使って、以降に本来は設置を禁じられた刑場や重犯罪人の供養として近親者や僧籍が、願主や施主を法悦・日中・法春の名を使って寄進建立していたのではないかと考えられます。

長壽寺の題目供養塔お七が処刑された鈴ヶ森の題目供養塔を真似て、法春比丘尼の名を借りてお七の母親が建てたのか、七尾の刑場地から移されてきたものかは不明です。僕の知る限りでは題目供養塔(碑)としては、鈴ヶ原・小塚原には及ばないもののこの大きさは他でも見当たらないので、個人のものとは思えず、やはり刑場地から移されて来たのではないかと思われます。さすがに一代謹慎として22人が押し込まれた流罪謹慎地・本行寺のお隣とはいえ血生臭い処刑地とは、この寺院群はそぐわないですから。。。

旅行日 2018.08.18



中原淳一 A4ポスター・八百屋お七
中原淳一ショップそれいゆ
商品詳細 素材 紙 サイズ A4サイズ 縦29.7cm×横21.0cm 特徴 中原淳一の複製ポスター


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 53

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tor

    八百屋お七の供養塔、七尾にあるのですね。驚きました。罪人の供養塔がこんなに大きくて立派なのは母親の娘を不憫に思う気持ちなのでしょうか。それとも単なる伝承で実はみたいな真相が…
    2018年10月05日 21:07
  • つとつと

    torさん
    八百屋お七の供養塔と寺では伝えてきていますが、やはり、実は。。の部類だと僕は考えています。お七の家が八百屋というのも、たまたま本郷にあったから河岸邸にも入れていただろうから、脱藩者と話が作り物っぽいですから、決めつける気はありませんが命日を29日にしている時点で、怪しいと思わざる負えません。それに、脱藩者が自国に帰れるとは、しかも犯罪人の親ですからね。。難しいでしょうねえ。。しかも、願主名が。。
    2018年10月05日 22:28
  • 家ニスタ

    八百屋お七、悲しい話ですね。
    しかしいくら恋人会いたさとはいえ、放火はまずいかと・・・。
    真相が言われている通りだとすればの話ですが。
    僕は見ていないんですが、比較的最近では前田敦子さん主演でドラマ化されていたと思いました。
    供養塔は眉つばなんですか・・・。
    関係ない供養塔や墓を有名人と結びつけてしまうこと、よくありますよね。
    各地にある義経の墓とか・・・。
    2018年10月06日 11:24
  • yasuhiko

    八百屋お七の供養塔が、
    なぜ江戸を遠く離れた能登の地に?
    …と思ったら、何とお七の父親は
    七尾の出身だったんですね。
    合点がいきました。それにしても、
    まるで隠れキリシタンのようにして、
    供養塔の由来を隠していたとは、
    切ないながら興味深い話だと思います。
    2018年10月06日 16:40
  • つとつと

    家ニスタさん
    あさきゆめみしですね。。1.2話だけ見ましたが、前田さんの演技がいまいちという感じで、もったいない作品でした。
    放火・殺人は江戸期特に元禄以降は重犯罪、取り返しのゆかない重罪ですからねえ。。たぶん、七尾の供養塔は処刑地もしくは処刑者の供養塔になると思いますが、法春比丘尼の名前は各地で観られます。能登の他の地でも処刑地の碑として名が見られます。一概にお七ではないと言い切れませんが、これだけの供養碑はなかなかない大きさですから興味が引かれます。
    2018年10月06日 17:20
  • つとつと

    yasuhikoさん
    天和の大火で燃えた加賀邸に野菜を入れていたということで、加賀絡みのということで。。江戸時代、火付け・盗賊で処刑された人は墓や供養碑などはもってのほかで、こういう処置がなされたと云われています。その為に謎が謎を呼ぶことになったようです。
    実は次回に紹介しようと思っていたお隣の本行寺は、キリシタン関連の寺院で隠れキリシタンの聖地とされていたそうです。戦国期以降、七尾市街は能登の中心地だったということもあって、いろいろな伝承や由来が伝わっていて興味深いものがあります。
    2018年10月06日 17:29
  • まだこもよ

    そんな 話だったんですね!(知らなかったから・・・ありがとうございました!)
    2018年10月07日 21:45
  • つとつと

    まだこもよさん
    八百屋お七の名前はみんな知ってるんですが、意外に事件の子とは知られていないんですよ^^このお七火事の20数年前に明暦の大火(振袖火事)とよく混同されちゃうんですね。江戸がいかに火災が多かったか、その原因が失火や放火でよく題材にされていますから
    2018年10月08日 12:57
  • がにちゃん

    櫓お七  日舞習っていた最後の舞台で舞う予定でお稽古していたのですが、舞台の場所が変わって、やぐらを組む装置が無くて踊れなかったのを思い出しました
    でも 色気0の私 恥かかなくて良かったかもぉ~~~~です
    激しいですね  かえって押し殺したような恋は激しいのかもですね
    前田敦子さんのお七見てました 確かにもう少し演技力が・・・と思いましたね
    供養塔が・・・知らなかったのですが、真否別にしてなんかええじゃないですか
    2018年10月09日 22:45
  • つとつと

    がにちゃんさん
    櫓お七 櫓の場面はなかなかハードで大変そうと思いましたが、、練習されて踊れなかったというのは心残りですねえ。純なだけに思い込むとそういった方が激しい行動になってしまうのかも^^;
    たぶん、刑場の慰霊塔だとは思いますが、お七のと思ってみれば又良しです。そうそう文中に書いた岡山の誕生寺は紅葉の時期、景色の良い所でした。熊谷直実は埼玉が地元ですが、お坊さん時代は大原や岡山に事蹟があるんですねえ^^
    2018年10月10日 09:42
  • まだこもよ

    へぇ~ そんな話だったんですね!
    勉強になりました! ありがとうございます!!
    2018年10月15日 06:36
  • つとつと

    まだこもよさん
    江戸は男性が3/4を占める出稼ぎ都市だったんですが、少ない女性の方がいろいろな事件に係わってきます。面白い現象ですねえ。。
    2018年10月15日 21:08
  • ミクミティ

    過去の悲劇のヒロインが人々に同情され愛されて、伝説になっていくというケースは歴史的に幾つかあるのかなと思います。八百屋お七はその典型的な例だったのでしょう。
    日本人はそういう話が好きですよね。ただ供養塔が各地にあるというのは本当に凄いです。本当はどんな事情だったのか気になったりしますが。お七が可哀そうだったこと、その母の執念の強さは本物だったと思いますね。
    2018年10月16日 22:08
  • つとつと

    ミクミティさん
    日本には悲劇の主人公や敗残者が伝説化して美化、崇拝される歴史がありますね。八百屋お七もその一人だと思います。
    供養塔に関しては慰霊碑的なモノだと思いますが、母親の思いは十分に伝わってきますね。
    2018年10月17日 15:48

この記事へのトラックバック

最近のコメント