押野高皇産霊(たかみむすひ)神社

高皇産霊(たかみむすび)神社神社沿革 霊峰白山を源とする手取川の支流・木呂川の清流に恵まれ、周辺の何処よりも早く居住した。そのことは、手取川扇状地では最も古い、今から四千年前の縄文式土器群が大塚遺跡で発見されたことからうかがえる。大塚の地名は、明治初期まで古墳が残っていたことに由来し、古墳時代の押野は、豪族が居住した地でもあった。中世には、押野荘地頭・富樫家善の館が建ち、大野荘湊と白山本宮を結ぶ白山大道が通るなど、押野は、古くから人々の往来が盛んであった。 押野の旧社として中世の押野山王社が知られている。江戸中期には神明社・春日社・観音社の三社が存在し、後期に多聞天社・国常立社・比咩社と改められている。明治期には旧高皇産霊神社と清水神社の二社となり、現在の高皇産霊神社は、神社合祀令によってこれらを合祀して明治四十四年に建立したものである。 旧高皇産霊神社 祭神 高皇産霊尊 押野山王社は当社と伝えられ、押野西部の「宮様跡」と呼ばれる地に鎮座した。江戸期の神明社・多聞天社にあたり、押野南西部鎮座(押野霊園辺り)の国常立社を合祀したとみられる。 清水神社 祭神 天照大神 比咩社とも呼ばれ、前身は江戸中期の観音社とみられる。押野東部に鎮座し、門前の村長が「宮前」姓を名乗る由来になった。 押野居住の十村役後藤太兵衛(一六一四~一六七三)は、野田山麓に泉野村などの新しい村々を開き、長坂用水を開発した。同用水開発には、石川郡内の徒歩通勤圏内から延べ三十六万人が動員された。江戸初期の…

続きを読む

富樫家俊 館跡~押野後藤家 屋敷跡

平安中後期から戦国後期まで加賀国武士団の有力者の筆頭とされたのが、富樫氏でした。 野々市町小史の略系図によれば、藤原北家・藤原房前の五男・魚名の流れで鎮守府将軍・藤原利仁を祖にすると称しています。藤原利仁の諸流には、各地域で諸説ありますが、北信越の各国の武士団創始の祖とされています。 利仁は長男を越前済藤(斎藤)氏、三男を越中井口氏を起こさせ、次男・叙用が加賀国守となり富樫姓を、それ以降は加賀介を世襲土着、小松国府に四代を住しています。利仁から七代目・富樫家国の代に野々市に富樫館を構え本拠を移し、石川郡・河北郡南部を領有したとされ加賀介から富樫介を名乗ったと云われています。この時に兄が林氏を起こして能美・小松郷を領しています。林・富樫両家は平安中後期から鎌倉初期に至って加賀を主導し両家から後の加賀武士団の各豪族が分家派生したとされています。承久の乱で林氏を含め加賀の多くの豪族が衰弱・没落する中、富樫氏は波乱の中を生き残り、戦国期を生き続け加賀の代表として600年以上に続いた名家でした。 ちなみに富樫氏当主が名乗った富樫「介」について・・・ 古代から中世にかけて、朝廷が派遣した国司(地方行政官)は、国の規模や格によって違いはありますが、守(かみ)・介(すけ)・掾(じょう、丞)、目(さかん)の四等官になります。職務が重なることもありますが原則的には守=地方国行政長官、介=副長官、掾=軍事・警察長官、目=記録・奏上などの書記官と思って頂ければ。。。 これとは別に重要地と見なされた西…

続きを読む

砂子谷富士社 砂子谷の大杉

金沢の森本ICから富山県・福光に向かう国道304号線で、県境を越えて1キロほどを右折すると砂子谷の集落になります。坂道の途中に土地の産土神と思われる神社があります。 日頃、神社や旧跡を見るのが好きな僕は、標柱や歴史看板などを見るとつい急ブレーキを踏んじゃいますねえ^^;今回も石柱の「巨木」の文字に反応してしまいました。 自分の知らない神社に出会うと、後で神社庁を検索することが多いのですが。。石川の神社庁のHPでは小さな神社でも、それなりの由緒や由来が載せられているんですが、富山の神社庁では名前・住所くらいしか載っていないことが多いんです。いつも四苦八苦^^;今回の砂子谷富士社も例にもれず、境内にも案内板もなく、今のところ不明状態です。 とはいえ、鳥居横の標柱「富士社」の揮毫は衆議院議員・綿貫民輔氏。南砺市出身の代議士で、すでに政界は引退していますが、自民党で入閣、国民新党でも活躍していました。 綿貫民輔氏は28歳で倒産寸前の砺波運輸の社長となって、4年間で立て直して上場、現在のトナミ運輸へとつなげたことで知られています。その後、政界入り、自民党幹事長・建設大臣・衆院議長などを歴任、郵政民営化で小泉首相に反旗を翻して、自民党離党の末に国民新党初代代表など。。。南砺市では名誉市民第一号。。 ちなみに綿貫家は歴代・井波八幡宮の宮司の家柄になります。現在の井波瑞泉寺のお隣りで、大きな境内地を誇っています。境内は元々は瑞泉寺・井波城の跡地でもあって、けっこう…

続きを読む

最近のコメント