医王山 国見ヒュッテ

富山県立医王山自然公園 モニュメント医王山(いおうぜん)は金沢市と南砺市の境界上にまたがる山稜になります。加賀では白山と並ぶ霊峰とされていますが、これは越中側からも言えることで砺波平野からも霊峰とされています。ナナカマドの紅葉と実開山は養老3年(719年)白山開山で知られる泰澄(法澄)に依ります。泰澄は前々年に白山を開山し越前の豊原寺を基盤に白山妙理権現の信仰拡大に白山周辺路を広めていました。養老3年に白山平泉寺を創建して後は全国の山岳開山と布教活動を本格化させています。その足慣らしの地として修行地としたのが医王山系だとされています。泰澄は医王山を開山すると、山系に生える薬草の多さから唐の育王寺(阿育王寺)にちなんで医王仙と名付けたのが始まりと云われています。ちなみに阿育王寺は中国晋代(280~289年頃)インドのアショーカ王(阿育王)の舎利をもって建立した古塔の発見から創建された寺院で、宋代には禅宗五山に数えられていました。中国で唯一のアショーカ王の名を冠した寺院です。 養老6年(722年)元正天皇の病気平癒に対して泰澄が祈祷と薬剤を献上したのですが、この薬剤が医王山で採集された薬草類だったとされています。天皇の平癒によって、元正天皇から泰澄は神融禅師の称号を受け、山名を医王山と受けています。この故事から薬師如来(医王権現)が祀られたと伝わっています。 ちなみにこの伝承にも面白いお話が伝わっています。7世紀末山城・丹波に跨る愛宕山を開山したのは山岳修験道の祖とされる役小角70歳と法澄(泰澄)…

続きを読む

最近のコメント

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by つとつと (12/08)

「金谷出丸 南面」- by 藍上雄 (12/08)

「金谷出丸 南面」- by tor (12/08)