内灘海岸② 米軍試射場 射撃指揮所跡

DSC_5988.JPG
米軍試射場 射撃指揮所
一九五三年(昭和二八年)内灘砂丘は、米軍が日本の工場に発注した砲弾の試射場として接収され、この「射撃指揮所」を含め、周辺には兵舎、砲座、弾薬庫等が建てられた。
当時、村民の生活を支えてきた地引網の漁場が奪われたこと、日本の各地で起きていた基地問題が心配されることなどから村民たちは、反対運動に立ちあがった。全国的な支援のもとで「金は一年、土地は万年」のムシロ旗を掲げて、デモや試射場入口と場内の権現森での座り込みを続けるなど、わが国での初の軍事基地反対闘争を展開した。こうして日本海沿岸の一漁村は「世界のウチナダ」として脚光を浴びた。
一九五七年(昭和三ニ年)米軍の使用が打ち切られ、美しい砂丘は、再び静けさを取り戻した。 内灘町

昭和25年(1950年)6月25日に北朝鮮軍の電撃作戦で勃発した朝鮮戦争。
GHQ統治下だった日本では、翌月にはマッカーサーは独断で在日米軍一個師団を投入、更なる米軍の朝鮮投入を予測して、翌月には国家警察予備隊(後の自衛隊)創設と海上保安庁拡充を指令し備えていました。しかし、日本の防衛・安全保障体制は不安定なままで、マッカーサーが望む在日米軍の追加投入の許可は大統領トルーマンからは下りていませんでした。
昭和26年9月8日、サンフランシスコ講和条約が締結、この際に対日平和条約と共に(旧)日米安全保障条約が結ばれています。
この安保条約には、日本の主権回復後に、全ての占領軍は講和成立により速やかに撤退する、二国間協定により引き続き駐留を容認される国も存在出来るという但書き条項が刻まれました。この条項によって、米国は日本国内に望む数の兵力を望む場所に望む期間だけ駐留させる権利を確保したわけです。後々これが米軍基地問題として、内灘闘争・妙義山接収問題、砂川闘争など住民との軋轢頻発に繋がるわけです。

激化する朝鮮戦争への米軍・国連軍にとって日本は発進基地・兵站基地と言える状態になります。皮肉な話ですが、復興にあえぐ日本にとっては経済特需がもたらされます。
しかし米軍にとっては大事な武器となる弾薬類を復興途上である日本の製造に頼るのは多少の不安がありました。砲弾の性能や良否を知るためには、試射場が必要となったわけです。前回の猿ヶ森砂丘全体が防衛庁の試射場になっているように、長い砂浜と砂丘帯は試射場としては打ってつけの場になります。このため米軍は日本国内を調査し、静岡御前崎と内灘海岸を候補地とし、日本海側ということ、砲弾製造を行う小松製作所が近いということで、
昭和27年9月6日、内灘海岸に決定し4か月間として接収を内灘村に通告したわけです。
DSC_5928.JPG
内灘闘争で村民が使用したムシロ旗
当時の内灘村は日本海沿岸と河北潟に挟まれた砂丘地の寒村でした。男は遠洋漁業の出稼ぎ、女は沿岸や潟で獲れた魚介を金沢に売り歩くという静かな寒村でした。突然の沿岸接収と試射場の設置、しかもそれがアメリカ軍という外国軍隊、戦中は鬼畜米英、進駐軍としての圧政・乱暴行為が叫ばれ続けたために拒否感は高いものがありました。

内灘村議会では米軍進駐による風紀問題、試射による轟音と振動による土地環境・漁業への影響、接収期間の半永久化への危惧から接収反対を決議します。轟音と振動に関しては、試し打ちの段階で着弾音の激しさに学校や周辺地域から非難が出ていたそうです。更に内灘村民ムシロ旗を立てて県庁に押しかけシュプレヒコール、北陸鉄道の労組はストライキで浅野川線での資材搬入を阻止支援、新聞マスコミも住民の反対を大きく報道しています。これらの運動に押され石川県議会も反対決議を議決します。
政府(第三次吉田内閣、自由党)は地元選出の参議院議員・林屋亀次郎接収担当国務大臣として地元説得に当たらせるのみで、総選挙を控えたためにこの時点では静観しています。

近年では沖縄の辺野古基地移転の決定が行われましたが、地元沖縄では選挙は与党が負けたものの、全国では大勝して政府はその勢いで基地移転を強行で決議しています。その時と似たような状態が内灘村でも起こったのです。米軍試射場の様子 ドーム型格納庫もコンクリート製
右は鉄板道路
DSC_5930.JPG翌月行われた総選挙では自由党が過半数を獲得、米軍の要請を受けた第四次吉田内閣はその勢いで接収決議案を強行成立、4カ月の期限付接収を決定して、鉄板道路・コンクリート施設・発射場が建てられ、敷地は立ち入り禁止となったのです。昭和28年3月、試射が開始されてしまいました。しかし、反対運動は修まるどころか、ますます激しくなり、地元だけでなく県の産業界・経済界を真っ二つにした対立に発展していました。更に池田勇人の「多少の中小企業の倒産やむなし、平民は麦を食え」発言もあいまって、政府不信が高まり、全国から反対運動支援や学生が集結して内灘闘争は過熱していきます。

政界も大混乱時代で試射が開始された同月、有名なバカヤロー解散によってまたまた総選挙。更に5日違いで参院選挙も行われたのです。
この時の選挙は内灘試射場の取扱いが大きな争点となりました。
この時の第三回参院選では、前述の接収担当国務大臣・林屋亀次郎(自由党)内灘試射場反対派の井村徳二(改進党)が立ち、白熱の選挙戦が行われました。ちなみに二人は金沢の二大百貨店の経営者でした。林家は武蔵が辻の丸越百貨店(現めいてつエムザ)、井村は片町の大和百貨店(現香林坊、大和(だいわ)アトリオ)になります。このため、武蔵・大和の艦隊決戦・内灘沖海戦とも揶揄されていました。
結果は19万対21万票(16000余差)で反対派の井村が勝ち、現職大臣が落選という結果で、試射場反対の民意が鮮明になった結果でした。また全国的にも自由党は鳩山分党の離脱もあって40議席以上を落とす過半数割れの大敗を喫します。ちなみに参院で勝利した井村の属した改進党(後の日本民主党)は76議席(衆院)で第二党となります。
DSC_5929.JPG
鉄板道路の部材
この選挙結果によって、自由党は改進党との連携に踏み切ります。これがまたとんでもない事態を呼んでしまいます。改進党は地元利益誘導へと舵を変えてしまったのです。ここで連携政府は改めて、内灘地区の漁業補償措置と試射場用地無期限使用を閣議決定します。
DSC_6006.JPG
現在の鉄板道路
それでも内灘村民試射中止と土地返還を求めて反対運動を激化していきました。6月には鉄板道路、権現森着弾地での座り込みが行われています。更に学生デモ、北鉄労組の物資輸送ストライキが繰り返されています。
134896182384313106945_35742_3.jpg
しかし長引く闘争の激化と疲労、全国的な朝鮮特需により経済界や産業界からの説得などにより、反対闘争内からも条件闘争へと分裂が進んでしまいます。
徐々に体制は妥協論が浸透し村内でも意見の相違が戦わされました。勢いを伸ばした愛村同志会の地域利益優先の条件闘争へと移行、内灘村は3年間の試射場使用を認めることで妥結、基地反対闘争は終息しました。その結果の見返りとして漁業及び公共事業(農地利用の河北潟の干拓、学校・医療病院などの諸施設、上下水道の整備、道路の改修、防風林など)の保障要求が認めら、国からの保証金・見舞金22億4000万円、当時の内灘村予算が2000万円ですから、莫大な費用と事業がこの試射場の為に投下され、その後の内灘町を発展させたのです。しかし、特筆すべきは条件闘争に変化したものは職業優先の男衆、試射中止運動を一貫したのが女性陣という家庭内の溝。地域や隣家で意見が別れ争ったために、住民には大きな禍根が長く続いてしまいました。
DSC_5995.JPG

昭和28年9月から改めて米軍の試射が開始され、3年余りの使用後に米軍が撤退、昭和32年1月に政府から試射場土地が内灘村に総返還されました。
DSC_5986.JPG
米軍試射場 射撃指揮所
この3年余りの内灘闘争とその後の余韻は、様々な題材として発表されています。
有名なものでは、日活映画「歩行少女」(昭和38年公開)、五木寛之作「内灘夫人」(昭和43年)、内田康夫「砂冥宮」(平成23年)、芝豪「朝鮮戦争  慟哭の曠野」(平成26年)などがあります。
内灘闘争の資料や実物が内灘民俗資料館・風と砂の資料館が詳しく展示しています。展示数はそれ程でもないですが、館内ガイドも行ってくれますから合わせて見学すると、なかなかの良質な資料館です。2月には河北潟・大野川などの往時の再現地図が完成したそうです。以前紹介した木谷藤右衛門宅や港も出ているということなので、僕も再訪しようと思っています。
134896136541013106426_35742_0.jpg
2011.05.26撮影 着弾地観測塔
内灘試射場の名残の残るものが、今回の米軍試射場指揮所跡になります。
また着弾地となった権現浜には着弾地観測棟があります。ちょっと古いですが、以前にアップしています。 ⇒ 2011.5.26着弾地観測棟遺跡
他には粟ヶ崎のブッシュ内にトーチカがありましたが、長く見ていないので残存は不明です。はっきりしているのはこの二つで内灘町文化財に指定されています。
DSC_5985.JPG
DSC_5989.JPGDSC_5991.JPG
DSC_5992.JPG
米軍試射場 射撃指揮所
射撃指揮所は2階建コンクリート造で頑丈な造りで、60年以上の歳月を海風や砂丘の中で過ごしながら、形状を保ち続けてきました。さすが防弾としての機能を兼ね備えた建物です。


DSC_5996.JPG
逆に近年までは戦争とはまるっきり正反対ともいえる内灘海水浴場の遊泳監視所として使用されていました。
静かな内灘の浜を内灘闘争という大混乱に陥れた元凶ともいえる遺物ですが、今はそんなことを感じさせないように砂丘の中で佇んでいます。
DSC_5998.JPGDSC_5997.JPG
旅行日 2020.01.21

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tor

    海水浴場にもなっている海岸に
    このような施設が残っているのですね。
    建設機械の小松製作所は砲弾を作っていたのですね。
    創業地も石川県でしたね。
    ブルドーザーなどのイメージが強いのですが
    自衛隊の装甲車などにもコマツのプレートがあり
    三菱だけでなくコマツも製造しているのだと驚きました。
    キャタピラーなどはブルも戦車も同じでしょうが。

    長崎には旧日本軍の魚雷試射場跡があるのですが
    家族は付き合ってくれそうにありません。
    2020年01月27日 19:48
  • つとつと

    torさん
    コマツは意外に知られていないのですが、装甲車や砲弾を米軍撤退後も自衛隊に納入していたんですが、昨年車両製造や開発からは撤退を発表しています。日本は国外への輸出が許されないので、大量生産が出来ずコストの面できついんだそうです。いずれ砲弾製造も撤退しそうです。
    建機に関しては世界二位の規模ですから、建機に重点を置くようです。コマツは名前の通り小松市が発祥なんです。小松駅のそばの「こまつの杜」という工場跡地に世界最大のダンプ930Eが展示されているんで、子供たちに人気があります。
    コンクリート造りの武骨な建物ですが、内灘闘争の歴史を伝える貴重な存在です。
    2020年01月27日 20:37
  • 藍上雄

     砲弾の試射場に対する住民運動「金は一年土地は万年」筵の旗を掲げての運動なかなかの物ですね。一昔前の一揆を連想した人は多いかもしれません。北海道にも演習場成る物が沢山ありますが、騒ぎに成るのは、砲弾が紛失した時ぐらいなもんです。結局試射場としての使用は期限付きで、保証金と見舞金貰えたわけですから、政治的にもまぁまぁと言ったところでしょうか・・・。
     流石に使用されていた建物本当に頑丈そうですね。砲弾などが間違えて当たっても中にいる人は無事に成るように造られているのでしょうね。
    2020年01月28日 14:32
  • つとつと

    藍上雄さん
    なんといっても、一揆の血を引くお国柄ですから^^; 戦後の混乱期ですから接収されれば、期間が解らない。。信用できないから始まっていますから。。それに米軍は4カ月と云いながら、政府は無期限延長を打ち出しますから、やっぱりということで火に油になってしまいました。
    徹底抗戦から条件闘争、、3年余りに渡る闘争は県内はもちろんですが、内灘での住民同士の軋轢は昭和いっぱいに渡って溝が出来ていて、話題にするのも禁句でした。。政治に振り回されるのは堪りませんね。
    砲弾試射ですから、何が起こるか解りませんから、頑丈その物、、、
    2020年01月28日 19:58
  • ミクミティ

    内灘海岸の砂丘、かなり大規模なのですね。雄大な自然に惹かれます。哀愁を感じる風景ですね。それに目を付けた米軍。当時、彼らも対共産圏の防衛にやっきになって時代だったのしょう。
    ここに米軍の試射場があったなんて初めて知りました。
    最終的には地元住民による反対運動の勝利だったのですね。3年余りで撤退をよく勝ち取ったと思います。ひょっとすると、沖縄に軍事拠点を更に集中させていったのでしょうかね。
    射撃指揮所跡は、そんな重い歴史の痕跡として残しておかなくてはと思いますね。
    2020年01月28日 20:50
  • つとつと

    ミクミティさん
    内灘の砂丘帯はかほく市や羽咋市の砂丘帯を含めると、非常に長いエリアになります。能登里山街道(海浜道路)で能登に向かって走ると、入り口から約20キロ以上に渡る長い砂丘や砂浜が見られます。さすがに今の時期は海も荒れて強風が吹くので、遠浅の砂が海中で巻き上げられるので海の色が土色に変色して哀愁を感じさせます。この海の色が僕らには昔からの海の印象になっています。
    試射場が作られた時代は、朝鮮では共産圏と米英の代理戦争的な朝鮮戦争が戦われていた時代で、今も北朝鮮と韓国の話題が出るたびに複雑な気持ちになってしまいます。
    沖縄は米領にされて好き放題になってしまいましたが、本土はサンフランシスコ条約で曲がりなりにも独立。しかし付帯条約で数々の基地や接収問題が頻発しています。内灘闘争はその接収問題の先駆けになってしまった場所です。現在も米軍基地問題は大きな問題ですが、この広大な自然が戻されたことには、先人の闘争も無駄ではなかったと思いたいですね。
    2020年01月29日 10:58
  • yasuhiko

    恥ずかしながら、内灘砂丘のことは
    今まで全く知りませんでした。
    米軍試射場反対闘争の経緯も含めて、
    初めて知ることが多く、勉強になりました。
    男性は仕事を失うことを恐れ、現実に対して
    妥協的になるのに比べ、女性はあくまで
    生活者としての基本的考えを貫こうとする。
    いつの時代も見られる両者の差がとても印象的です。
    2020年01月31日 14:39
  • つとつと

    yasuhikoさん
    僕にしても米軍が撤退してから生まれたので、同じ郡内ということで、後で学校や関係者からさんざん聞かされて育った口です。ただ、石川県内では年配者には忘れられない思いがあるようです。内灘の町、家庭だけでなく県内すべてを二分した争いになってしてしまいましたから
    子どもの頃は、反対派の祖父や母親からさんざん話を聞かされて、、、河北潟の干拓も試射場の保証条件で激変しましたから、、やはり県人には複雑なものがあります。
    男性陣が多くが条件闘争に移っても、お母さんたちは基地立ち退きの一点張り、今も残る写真などは当時も今も女性パワーが強いことを印象付けられます^^;
    2020年01月31日 19:01
  • がにちゃん

    折角のきれいな砂浜ぁ~  戦後の負の遺産ですね
    いつか記憶と一緒に、砂に向漏れていくのでしょうか
    2020年02月03日 11:18
  • つとつと

    がにちゃんさん
    そう負の遺産ですねえ。。米軍が撤退し、施設の多くが取り除かれたのですが、二つ三つの越されたのが、指揮所・監視所になっています。どちらも砂や林に埋もれています。
    町や道路が整備されて、、この海岸に入る所にはショッピングセンターが建っていますが、そういう歴史は意外にに知られていません。
    半世紀以上昔のことですが、忘れてしまった方が良い歴史かもしれませんね。
    2020年02月03日 14:02

最近のコメント