内灘海岸② 米軍試射場 射撃指揮所跡

米軍試射場 射撃指揮所一九五三年(昭和二八年)内灘砂丘は、米軍が日本の工場に発注した砲弾の試射場として接収され、この「射撃指揮所」を含め、周辺には兵舎、砲座、弾薬庫等が建てられた。当時、村民の生活を支えてきた地引網の漁場が奪われたこと、日本の各地で起きていた基地問題が心配されることなどから村民たちは、反対運動に立ちあがった。全国的な支援のもとで「金は一年、土地は万年」のムシロ旗を掲げて、デモや試射場入口と場内の権現森での座り込みを続けるなど、わが国での初の軍事基地反対闘争を展開した。こうして日本海沿岸の一漁村は「世界のウチナダ」として脚光を浴びた。一九五七年(昭和三ニ年)米軍の使用が打ち切られ、美しい砂丘は、再び静けさを取り戻した。 内灘町 昭和25年(1950年)6月25日に北朝鮮軍の電撃作戦で勃発した朝鮮戦争。GHQ統治下だった日本では、翌月にはマッカーサーは独断で在日米軍一個師団を投入、更なる米軍の朝鮮投入を予測して、翌月には国家警察予備隊(後の自衛隊)創設と海上保安庁拡充を指令し備えていました。しかし、日本の防衛・安全保障体制は不安定なままで、マッカーサーが望む在日米軍の追加投入の許可は大統領トルーマンからは下りていませんでした。昭和26年9月8日、サンフランシスコ講和条約が締結、この際に対日平和条約と共に(旧)日米安全保障条約が結ばれています。この安保条約には、日本の主権回復後に、全ての占領軍は講和成立により速やかに撤退する、二国間協定により引き続き駐留を容認される国も存在出来るという…

続きを読む

内灘海岸① 内灘海水浴場

内灘のお客さんの自宅で待ち合わせをしたのですが、お客さんも仕事から家に向かうということで、約束時間より少し遅らせることに。。。40分以上早く近くまで来てしまったので、どこかで時間つぶしをしようというので海岸に行くことに。。。内灘町は金沢港を構成する大野川と河北潟に囲まれた海辺の町になりますが、金沢港から、かほく市までの内灘砂丘上にある町でもあります。内灘海水浴場入口 画像中央のゲートが砂浜への出入り口になります。ゲートの上部はのと里山海道(旧能登有料道路)。鉄板道路内灘海岸への入口となる海浜千鳥台交差点からここまでの道路は、昭和27年(1952年)から31年まで米軍試射場となっていた際には、鉄板道路が北陸鉄道・内灘駅まで敷設され、試射発射地への輸送路となっていました。ゲートをくぐって右の方に行くと、砂に埋もれた浜茶屋の向こう側に旧試射場指揮所の建築物があります。内灘海岸内灘砂丘は青森の猿ヶ森砂丘・鳥取砂丘に次ぐ国内三位の規模の砂丘になります。ところがこの砂丘の定義がはっきりしないためにこの順位も実は正式ではないのです、、、同じように見える砂漠の方は定義が決まっていて「降雨が極度に少なく砂や岩石の多い土地。 年間降雨量が250mm以下の地域または降雨量よりも蒸発量の方が多い地域」とされています。つまり、砂の漠となっていますが、岩や小石(礫)、砂、涸れ湖や川、塩湖など様々な地形がありますが、降水量の多い日本では砂漠はあり得ないことになります。内灘海岸  奥に見えるのは浜茶屋群、夏場は掘り起こして使用さ…

続きを読む

若宮八幡宮②

文中の補足・・・森林研究家が縄文期の面影を残すと比較に上げている森林        気多(けた)大社「入(い)らずの森)」・・・能登一宮・気多大社の奥宮がある1万坪に及ぶ原生林。住民の立入りが禁じられていて、通常12月の例祭で神主一人だけが奥宮に赴く人跡未踏の森でした。昨年12月、天皇の即位記念として、歴代天皇(昭和、平成)が入った場所までの参拝が公開されて話題になりました。国指定天然記念物。志雄路(しおじ)から 直(ただ)越え来れば 羽咋の海 朝なぎしたり 船楫(ふなかじ)もがも 大伴家持・赴参氣太神宮行海邊之時作歌一首        吉崎御坊「鹿島の森」・・・石川と福井の県境の福井側にある浄土真宗8代法主・蓮如が開創した北陸の拠点・吉崎御坊(越前御坊)の近くに、大聖寺川と北潟湖に囲まれた陸続きの小島の名です。ちなみに鹿島の森は石川県になります。加賀唯一の暖地性の原生林。滋賀近江八幡から金沢までに分布する絶滅危惧種の大型のカタツムリのツルガマイマイが生息し、アカテガニの産卵地となっています。国指定天然記念物。よもすがら たたく船ばた 吉崎の 鹿島つづきの 山ぞ恋しき 蓮如上人 吉崎退去時の作 横浜国立大学名誉教授・宮脇昭(1928年生)氏は、地球環境戦略研究機関国際生態学センター長。土地本来の植生の自然林が自然災害に耐える。土地の植生は鎮守の森にあると主張しています。植生の確認から「混植・密植型植樹」を提唱・実施しています。横浜国立大学キャンパスの森の設計実施、マレーシアの熱帯雨林再生の成功、…

続きを読む

松任 若宮八幡宮①

遅れましたが、明けましておめでとうございます。小難しいブログに毎度ご訪問頂いて恐縮ですが、本年もよろしくお願いいたします。松任 若宮八幡宮 表参道日頃、神社仏閣をちょこちょこ見て歩いているというのに、ここ2.3年初詣に出かけていなかった僕なのです。昨年は大晦日寸前に眼鏡を壊して、修理に2週間、、新品を購入しようとしたら、カラーや乱視を入れるとやっぱり2週間かかると云われ、度の合わない眼鏡とサングラスしかなかった僕は遠出が出来ずに、年末年始は家に籠っていました。昨昨年、昨昨昨年は年末年始に風邪ひいて完全な寝正月で、嫁さんも仕事というわけで一人布団の中から駅伝を見ながら寝ておりました。若宮八幡宮 表参道 一の鳥居(明治33年建立)そして今年こそはどこかへ行こうと思っていたのですが、今冬は雪も降らずに肌寒いけど天気の良い日が続いています。年中花粉症の嫁さんにとっては唯一の元気な時期のはずなのに、こう穏やかな日が続くと早くも何かが飛んでいるとグズグズ言っています。当然、出掛けたがらないのですが、休みのあった1/4、近くに初詣に行こうというわけで、近くの神社で済ますことに。。。表参道 門柱20数年前、滋賀に引っ越す前に3年程、旧松任の布市町にいたんですが、娘も幼い頃で近くにあった若宮八幡宮に初詣に行っていました。滋賀から戻った場所は東一番町で少し離れましたが、祭礼などでは役をやらされて何度か行っていました。。ところが、氏子地区ではない現在地に引っ越してからは、近くて遠い神社になってしまい、すっかりご無沙汰し…

続きを読む

最近のコメント

「雑話 日本の仏教①」- by ゆらり人 (02/17)

「松任 若宮八幡宮①」- by つとつと (02/16)

「松任 若宮八幡宮①」- by 家ニスタ (02/15)

「雑話 日本の仏教①」- by つとつと (02/09)

「雑話 日本の仏教①」- by ミクミティ (02/08)