内灘海岸① 内灘海水浴場

内灘のお客さんの自宅で待ち合わせをしたのですが、お客さんも仕事から家に向かうということで、約束時間より少し遅らせることに。。。40分以上早く近くまで来てしまったので、どこかで時間つぶしをしようというので海岸に行くことに。。。内灘町は金沢港を構成する大野川と河北潟に囲まれた海辺の町になりますが、金沢港から、かほく市までの内灘砂丘上にある町でもあります。内灘海水浴場入口 画像中央のゲートが砂浜への出入り口になります。ゲートの上部はのと里山海道(旧能登有料道路)。鉄板道路内灘海岸への入口となる海浜千鳥台交差点からここまでの道路は、昭和27年(1952年)から31年まで米軍試射場となっていた際には、鉄板道路が北陸鉄道・内灘駅まで敷設され、試射発射地への輸送路となっていました。ゲートをくぐって右の方に行くと、砂に埋もれた浜茶屋の向こう側に旧試射場指揮所の建築物があります。内灘海岸内灘砂丘は青森の猿ヶ森砂丘・鳥取砂丘に次ぐ国内三位の規模の砂丘になります。ところがこの砂丘の定義がはっきりしないためにこの順位も実は正式ではないのです、、、同じように見える砂漠の方は定義が決まっていて「降雨が極度に少なく砂や岩石の多い土地。 年間降雨量が250mm以下の地域または降雨量よりも蒸発量の方が多い地域」とされています。つまり、砂の漠となっていますが、岩や小石(礫)、砂、涸れ湖や川、塩湖など様々な地形がありますが、降水量の多い日本では砂漠はあり得ないことになります。内灘海岸  奥に見えるのは浜茶屋群、夏場は掘り起こして使用さ…

続きを読む

最近のコメント