内灘海岸② 米軍試射場 射撃指揮所跡

米軍試射場 射撃指揮所一九五三年(昭和二八年)内灘砂丘は、米軍が日本の工場に発注した砲弾の試射場として接収され、この「射撃指揮所」を含め、周辺には兵舎、砲座、弾薬庫等が建てられた。当時、村民の生活を支えてきた地引網の漁場が奪われたこと、日本の各地で起きていた基地問題が心配されることなどから村民たちは、反対運動に立ちあがった。全国的な支援のもとで「金は一年、土地は万年」のムシロ旗を掲げて、デモや試射場入口と場内の権現森での座り込みを続けるなど、わが国での初の軍事基地反対闘争を展開した。こうして日本海沿岸の一漁村は「世界のウチナダ」として脚光を浴びた。一九五七年(昭和三ニ年)米軍の使用が打ち切られ、美しい砂丘は、再び静けさを取り戻した。 内灘町 昭和25年(1950年)6月25日に北朝鮮軍の電撃作戦で勃発した朝鮮戦争。GHQ統治下だった日本では、翌月にはマッカーサーは独断で在日米軍一個師団を投入、更なる米軍の朝鮮投入を予測して、翌月には国家警察予備隊(後の自衛隊)創設と海上保安庁拡充を指令し備えていました。しかし、日本の防衛・安全保障体制は不安定なままで、マッカーサーが望む在日米軍の追加投入の許可は大統領トルーマンからは下りていませんでした。昭和26年9月8日、サンフランシスコ講和条約が締結、この際に対日平和条約と共に(旧)日米安全保障条約が結ばれています。この安保条約には、日本の主権回復後に、全ての占領軍は講和成立により速やかに撤退する、二国間協定により引き続き駐留を容認される国も存在出来るという…

続きを読む

最近のコメント

「日用(ひよ)・苔の里①」- by tor (07/02)

「日用(ひよ)・苔の里①」- by がにちゃん (07/02)

「日用(ひよ)・苔の里①」- by 藍上雄 (07/02)

「おしらせ」- by イータン (07/01)

「おしらせ」- by ミクミティ (06/30)