金名橋(旧手取川橋梁・御影大橋) 手取自転車道橋

現在、キャニオンロードと呼ばれるサイクリングロードはそのほとんどが金名鉄道と呼ばれた白山麓を走る鉄道路線跡になります。金名鉄道(旧北陸鉄道金名線)については始終着駅だった加賀一の宮駅でご紹介しています。 ⇒ 2019.09.01 加賀一の宮駅舎 以前のブログから抜粋・・・金名鉄道は、鶴来の運送業者・小堀定信(こぼりていしん)が出資して、大正14年(1925年)に設立された鉄道会社でした。白山麓に鉄道をの情熱で白山下駅(旧鳥越村・河原山)を起点に創業したものの、白山下駅着工前には資金切れだったものの協力者・出資者を求めながら見切り発車で着工したといういわくつきの鉄道でした。 協力者・出資者募集にぶち上げた構想は、金沢から名古屋までを鉄道で繋ごうという壮大なものでした。もちろん単独路線ではなく、岐阜の越美南線・白鳥駅への鉄道接続、北陸線の金沢までの敷設という構想でした。とはいえ、計画は現在の中宮・白川郷のホワイトロードといった2000m越えの難関が待ち受け、前述の様に着工段階で資金ショートする個人レベルでは難しい路線構想で机上の構想、あくまで出資者・協力者集めだったとも云われています。とはいえ、その構想から金名鉄道と名付けられたわけです。 とはいえ、破産寸前まで追い込まれながら小堀定信の情熱によって、昭和2年(1927年)には神社前駅(加賀一の宮駅)・中鶴来駅に延伸、石川電気軌道の鶴来駅に到達しています。しかし、累積赤字に苦しんだ金名鉄道は、わずか2年で神社前駅・鶴来駅間(約2キロ)を石川電気軌…

続きを読む

霊寶山 善性寺

山側環状道路を能登方向から加賀方向に向かって、四十万町東の交差点を左折してすぐの場所にある寺院が善性寺になります。浄土真宗の真宗大谷派(東本願寺)の寺院になります。善性寺のある場所は金沢市四十万町にあります。 四十万(しじま)の町名の由来は解らないのですが、中世には富樫の庄・額(ぬか)七か村(大額・額谷・額乙丸・額新保・額三十苅(現・三十苅町)・額助九(現・四十万?)・額栗林(現・馬替?)、明治22年(1889年)に合併・額村、昭和29年(1954年)に金沢市編入村の一つだったと云われています。善性寺のある場所は加賀一向一揆に滅ぼされた富樫政親が最後の牙城とした高尾城から同じ峰筋の南2キロほどになります。 平安期から戦国末期まで、加賀に古く根付いていた富樫氏ですが、その基盤となっていたのが富樫の庄と呼ばれる地盤でした。本拠の富樫館のあった野々市を中心に、白山市の一部(郷村など)、明治以降昭和にかけて編入された金沢の前述の額村・富樫村・押野村・三馬村辺りが中心的な主要基盤の地だったと云われています。富樫の名を引き継ぐ富樫村、12代・泰家(加賀守護初代)の弟・家忠・景家からの額田・額氏を引き継ぐ額村などは、以前にご紹介した芋堀等五郎伝承などが残るように発祥地的な存在と見られ、高尾城が示すように最終防衛地でもあった富樫家の重要地だったと思われます。善性寺 本堂大屋根善性寺は明応8年(1499年)に前述の富樫政親を滅ぼした富樫泰高によって寺地と寺院寄進により法慶(ほうきょう)によって開基されたものです…

続きを読む

最近のコメント