日御子(ひのみこ)神社

北陸鉄道石川線の現在の終点・鶴来駅の一つ手前に日御子(ひのみこ)駅があります。鶴来駅との中間に鶴来高校があるので通学、ガステーブルの点火装置では全国シェアの7割を誇り、現在では浴室テレビ・浴室照明を製造するRBC鶴来工場、陶器のニッコー鶴来工場などがあり貴重な地域の足場になっています。駅名の日御子は、西に少し行ったところにある日御子神社に由来する村名からになります。元は火御子社と呼ばれ、古代には太陽信仰も行われたと伝わりますが、詳しくは解らなかったのでいつもの加能郷土辞彙から抜粋すると・・・日ノ御子・・・石川郡林郷に属する部落。邑名は白山の御子神なる火ノ御子神が鎮座するから起ったのである。大永神書に日御子宮とあるから、火御子を日御子と書いたことも古いことであらう。郷村名義抄に、日御子村の宮神体日天子の由と書いたのは誤である。加越能当跡緒に、『日御子領の内、六郎畠と申所有。林六郎館跡之内。塚も有。』と記する。補足:石川郡林郷は江戸期以降の呼称でお隣の旧松任市の林中地区を指しますが、ここでは後文にある、この一帯を領した林氏の領地を指しています。鎌倉中期以前の林郷を指し、野々市南部(現在の上林・中林・下林など)を中心に旧松任市・旧鶴来町・能美市・金沢港・金沢西南部と広範囲に及ぶと云われています。 六郎畠は現在の六郎塚のことになります。林六郎の正名は林氏全盛時の林六郎光明を指しています。この林氏は能美・石川郡の名家として通っていて富樫氏とは同族になり鎌倉期に没落しています。家系を辿ると富樫氏の本家的存在…

続きを読む

加茂遺跡 国内最古のお触書高札

加賀平野の北部に河北潟と呼ばれる大きな湖がありました。この湖は昭和の大干拓以前は白山麓や医王山山系からの河川からの水と、海岸の砂丘帯に阻まれて海が堰き止められて造られた湖といわれています。 古代には北金沢から河北郡の津幡・宇ノ気地区まで、現在の国道8号線・国道159号線・県道59号近辺まで湖だったと云われ、幾本もの大河によって運ばれた土砂により長い歳月で体積され扇状地の平野を広げて河北潟を自然に狭めたと云われています。 このために河北潟に近い場所は扇状地の構成がまだ新しく、泥濘地や水分の多い軟弱地帯が多くなっています。このような土壌によって宅地・商業施設・工場更には大規模道路が進出・転用ができず、湿地を利用する水田・蓮根畑が多く、広い湿原となっていました。縄文中期までは湖が山際に迫り山上から山裾にかけて遺跡があり、縄文末期・弥生期・古代期さらに中世へとなって扇状地による平野部が構成されるごとに山裾から平野部へと人や村が進出して行ったことが窺われます。しかし縄文末期、それ以降も湿地帯ということで前述の国道・県道の西側には古代の重要遺跡がないと思われていました。 大規模な道路の敷設も、平野部土壌の安定化と建設技術の向上で近年になってからになります。当然ながら大規模道路の整備に対しては事前の発掘調査が行われます。それまでにも工場や商業地となった遺跡調査によって金沢南の犀川下流部のチカモリ・御経塚といった縄文遺跡が現れ、更に北側の上安原や中屋サワのような場所から運河を利用していた遺跡が発見されて行きま…

続きを読む

最近のコメント