金沢南総合運動公園バラ園 雨の残り花

今年はどうも花の盛りに、花の名所を訪れるというのが、なかなかできずに盛りが過ぎてから通るという、どうもタイミング自体にも恵まれていませんでした。しかも、残った花を見ようとすると天候に恵まれないというのが続いています。
金沢南総合運動公園 緑地広場
DSC_6528.JPG
DSC_6498.JPG
バラ園への道
金沢のバラの名所と云われるのが、今回の金沢南総合運動公園にあるバラ園になります。
今年は残念ながら見頃の4.5月は入園禁止の閉園状態で入れず、解禁となった6/1には、新聞に画像が載って最後の見頃にどっと人が集まっていたようです。
どうも人が多いのを避ける僕としては今年は諦めていたのですが、たまたまこの日真ん前を通ったら、雨降りということもあって駐車場もがら空きで、ちょっと寄り道をしてみる気になったんです。駐車場に着いたときには雨が強く降ってきてあちゃ~~~っと思っていたんですが、バラ園に向かう頃には小雨に。。
DSC_6530.JPG
噴水園地
ちなみに金沢南総合運動公園は、皇太子(昭和天皇)成婚記念事業として、大正14年(1925年)に完成した400mトラックを持つ多目的(野球・テニス・バスケット)運動場として造られた金沢市公設運動場が創始になります。昭和22年(1947年)第2回国民体育大会(国体)の為に、主会場・陸上競技場に改修。

昭和33年(1958年)サブグラウンド(球技場)・屋内外プール施設(金沢市総合プール)更にバラ園を含めた緑地公園を整備、面積も2倍となって完成させて都市計画金沢総合運動公園となっています。
DSC_6529.JPG

平成2年(1990年)に金沢北部に城北市民運動公園が出来たために現在の金沢南総合運動公園に名を改めています。翌年には第46回石川国体の為にサブグラウンドを改修してサッカー競技場に全面改修。そして昨年、金沢市総合プールの老朽化で閉鎖撤去で大駐車場となって現在に至っています。
DSC_6502.JPG
バラ園
DSC_6508.JPG
しかしついてみて、あ~~~やっぱり バラの盛りをとうに過ぎて、多くが散ったり、しぼんだり、花の色が枯れた色に
というわけで、その中で花が残っていたもののアップということで。。
それと植物や花の名前が覚えられない僕としては、当然解説なんて無理なんで、今回は画像メインで。。こそっと撮った名札からのカンニングのバラの名前ということでよろしく。。。秋の見頃は今度こそ
ディズニーランドローズ
DSC_6499.JPGDSC_6501.JPG
レディビューティ
DSC_6504.JPG





パパメイアン
DSC_6506.JPG

プリンセスミチコ
DSC_6509.JPG
賛歌                     ラブ
DSC_6511.JPGDSC_6513.JPGDSC_6515.JPG









希望                    ジッフェ
DSC_6516.JPGDSC_6518.JPG
ホワイトマドンナ
DSC_6526.JPGDSC_6525.JPGシュネ―プリンセス
和名・白雪姫 ピンボケでごめん
DSC_6521.JPGフリージア
DSC_6523.JPG




おまけ画像

帰り道に国道157号線で自宅に向かったのですが、もう土砂降りでまいったまいった。。横宮交差点の信号で停まると目に付くのがこれ^^;何とも言えない色と形ですが、野々市市の市花・椿の大型モニュメントです。うろ覚えですが、僕の記憶では野々市町時代の25.6年前に設置されたと思います。どうせなら色をつければもっといいのに。。といつも通るたびに思っちゃいます。
DSC_6534.JPG
野々市市役所が本町から現在の三納に移転したために、野々市の商業集積地は三納と御経塚に移りましたが、野々市町時代の商業集積地は少しの面影を残しますが、この横宮が中心地でした。そのメイン交差点に野々市町時代に設置されたものです。野々市町の町花、正確には町花木が制定されたのは昭和49年(1974年)になります。
DSC_6533.JPGDSC_6532.JPG
野々市市HPより・・・
野々市市は、昭和49年6月19日に市花木を「椿」に制定しました。(当時は野々市町)また、「椿」を通じて新しい共同社会づくりを目指す「愛と和の都市宣言」を併せて制定しました。「花と緑 ののいち 椿まつり」は愛と和の市民憲章に謳われている「郷土を愛し緑豊かな住みよいまちづくり」を推進するため、市花木に指定されている「椿」を介して各種行事を開催し、文化的な潤いのある地域環境の創出に寄与することを目的として、平成2年3月開催を第1回として現在も開催されています。
1036.jpg
椿「野々市」 野々市市HPより拝借

町花木「椿」(当時)
古い歴史と文化を育んでいる野々市町には、身近にあって、生活に融けこんでいる椿が多くみられます。
椿は先人が「椿十徳」※1で讃えているように、無駄なところが少しもない木です。町ではこの木の徳こそ、花と緑と和の町づくりに最もふさわしい木として、町花木に指定しました。
この椿の中には、淡い朱鷺(とき)色の「野々市」※2と名付けられた古木があり、秋から花を開く極早咲きの上品な椿で、昔から生け花として親しまれています。
※1「椿十徳」 不老•公徳•相互一致•謙遜•清浄•矜持(きょうじ)•常緑不変•操節•奉仕•厚生
※2椿「野々市」 •花 ごく淡い朱鷺色 一重咲き、筒咲き(ややラッパ咲き) 筒しべ(小輪)•花期 9月から4月•葉 楕円形中型•樹 立性で強健。1950年頃に石川つばき同好会が命名。
補足:市花木「椿」は椿「野々市」を指定したものではありません。
補足にもありますが、野々市では野々市という椿を指定しておらず、椿全般を指定したとしています。

旅行日 2020.06.12

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 41

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 藍上雄

     金沢南総合運動公園バラ園、ピークが過ぎたと言っても結構綺麗に咲いていますね。雨に濡れて憂いを持ったバラも魅力的だと思います。
     それにしてもも、ツバキのモニュメントの写真凄い雨に成っていますね。土砂降りですね。
     野々市市の市花木に椿が指定されてた所以は「野々市」と言う品種名に成っている古木が有るからでしょうかね。淡いピンクで品格が有ると思います。
    2020年06月21日 15:00
  • tor

    盛りを過ぎたとはいえ
    まだまだ美しいバラが鑑賞できて良かったですね。
    こちらはバラの名所は外出自粛で閉園。
    それでも園の外から見る方が集まると
    美しく咲いていたバラは切られてしまいました。
    今年は私も近所のお宅の庭のバラ鑑賞でした。
    雨は残念でしたね。
    雨といえばアジサイが似合いそうですが
    雨滴のついたバラもなかなかのものですね。

    熊本市の花も椿ですよ。
    こちらは「肥後椿」です。
    熊本藩士のたしなみとして育てられた
    「肥後六花」の一つで門外不出だったそうですよ。
    2020年06月21日 18:10
  • がにちゃん

    本当に 今年は花の一番きれいな時にほとんど見られませんでしたね
    でも 船岡山のつつじやサツキは本当に見事!!!に咲いていました
    何か人や車が少なくてちょっぴりきれいな空気 花も喜んで咲いているようだと思いました
    椿のモニュメント・・・かなり大きいのですか しかしこれが真っ赤に色づいていたら・・・ビックリするかもなんて思ってしまいました(笑)
    2020年06月21日 23:04
  • yasuhiko

    バラの花の季節に間に合ってよかったですね。
    バラ園のある総合運動公園ですが、まず緑地広場の
    大木に目が留りました。「日立の樹」みたいな
    きれいな形をした木はクスでしょうか?
    存在感があって、シンボルツリー的な雰囲気が
    いいなと思いました。盛りを過ぎても、バラはバラです。
    オマケ画像の「野々市」という名の椿は素晴らしいですね。
    淡い朱鷺色の花、ぜひ目にしたいものだと思いました。
    2020年06月22日 10:53
  • つとつと

    藍上雄さん
    バラのピークの4.5月は入園禁止だったので、多くは散っていたみたいです。そして6月の第一週も逃がして雨ですから、多くの花が枯れたり散っていて残った花を撮って見ました。確かに雨に濡れたバラも良いですねえ^^
    帰り道は土砂降りで、たまたま先頭で交差点に止まったので椿のモニュメントを撮ってみました^^;野々市の椿があったというのがきっかけですが、対外的には赤に黄色の椿をイラストには使っています。野々市は一種の新興都市で小さな市ですが、大学が二つ(工専も入れると3)あるので、若い町で平均年齢が40歳前になるんですよ。毎年の住みよさランキングで上位に入る常連です。
    2020年06月22日 12:17
  • つとつと

    torさん
    盛りどころか終末期になっていました。
    今年は入園禁止がピークで、バラ園の公園の一番奥にあるためにチラ見もできませんでした。
    僕は晴れた日の花も好きですが、水滴のついた花も好きで、ついつい選んで写真を撮ってしまいました。次回は梅雨時のものをアップしますね。
    石川県も椿の愛好家や著名な椿愛育家は多いようですが、町花にしているのは野々市だけのようです。
    2020年06月22日 12:37
  • つとつと

    がにちゃんさん
    今年は本当に花を見て回るというのが出来ませんでした。バラ園も公園の一番奥なので、誰にも見られずに花たちも静かに咲いていたようです。
    野々市のモニュメントは高さ3m程はあるんじゃないでしょうか。でも黒っぽいグレーでは案外目立たないんです。たしかに真っ赤に塗られていたら、交通量の多い交差点ですからわき見運転で事故が増えそうですけど^^;だけどやっぱり赤色の椿だったらいいなあと個人的には思ってるんですけど^^;
    2020年06月22日 12:43
  • つとつと

    yasuhikoさん
    本当にぎりぎりといった感じで、僕がいる間にも何人かは見に来ていましたが、残念そうに見てる人がほとんどでした。次回の秋か来春はゆっくりと咲き誇るバラたちが見られるといいなと思っています。
    たしかに日立の木に見えますよね。僕もこの木が好きで必ず芝生公園を横切ってこの木を見て戻るようにしています。さすがですねえ楠です。日差しの強い日にはこの木の下は家族連れが多く座っています。
    野々市は昔は静かでこの花のように落ち着いた町でしたが、今は石川でも一番活気のある若い町です。それでも伝統的に毎年椿まつりが開催されています。毎年3月に椿祭りがあるんですが、今年は中止で、来年は久しぶりに野々市を見たいなあと思っています。
    2020年06月22日 12:55
  • ミクミティ

    今年の春から初夏へかけて、花の盛りを見ることが本当に困難な時期でしたね。私もその反動で、花の記事ばかりを書いているような気がします。
    しっとりした雰囲気で雨雫をつけたバラの花、いいじゃないですか。運動公園の一部が花の名所になっているところって多いですよね。
    野々市市の大型モニュメント、遠目で見るとプロペラ?、と思ってしまいましたが、よく見ると葉も茎もあるのですね。この渋さが色あせない存在感を維持しているのでないですかね。
    2020年06月22日 21:30
  • つとつと

    ミクミティさん
    運動公園には確かに花の名所が多いですねえ。野々市の椿の方も運動公園に資料館があります。
    ただ金沢南にはこれまで大型駐車場が無くて、バラ園には10台もとめられなくて、いつも最盛期には苦労していましたが、総合プールが撤去されて駐車場になって今年は行けると思ってたんですが、盛りを見れずに終わりかけになってしまいました。でも僕の好きな花びらに雨滴が見られて、個人的には慰めになりました^^
    プロペラ@@たしかに嫁さんも初めて見た頃言ってたなあ^^交通量の激しい交差点なので、あまり目立つよりは渋い方が良いのかもと思いますが、やっぱり椿というと赤の印象があるんで、色が欲しいというのは僕の個人的意見^^;
    2020年06月23日 11:51
  • イータン

    こんにちは〜
    この季節 雨に打たれながらもバラの花 頑張って咲いていますね。
    「プリンセスミチコ」は上皇后さまの名のバラですか。
    情熱的な色とりどりのバラの花に見とれてしまいました。
    椿の花 大好きです もしや弁が5弁ですか?
    山本周五郎の「五弁の椿」を読んでから気になりだした椿です。
    2020年06月25日 14:09
  • y&m

    今年はやっと冬が明けて、草花が咲き誇る時にコロナ騒ぎ
    でしたからねぇ。桜とは見事にすれ違いでした。薔薇は
    まだ品種が多いので、少しは見る事が出来ましたが、やはり
    貧弱でした。このまま終息に向かってくれれば良いのですが、
    関東方面ではまだ油断が出来ないようです。マスク無しで
    話が出来るのはいつなんでしょうね。
    2020年06月27日 10:00
  • つとつと

    イータンさん
    青空に咲く薔薇も良いですが、雨に濡れた薔薇は僕はもっと好きです。ただ、盛りが過ぎて多くが散っていたのが少し心残りでした。
    そうですそうです。昭和41年に北アイルランドから皇太子妃の美智子さんに献呈されたそうです。実家の正田邸の庭園に植えられたそうで、今も公園の庭園として薔薇が観られるそうですよ。オレンジの清楚な柔らかい花なんですが、開ききると赤みが増すようです。秋にも咲くので機会があったら観に行ってみて下さい。
    こちらの公園でも一番人気のある花で、皆立ち止まる薔薇です。
    そういえば五弁ですねえ@@、山本周五郎作品はよく読んでるんですが、五弁の椿は未読で詳しくないんですが、ドラマや映画に何度も作品化されていますねえ。。女優さんの演技力が問われる作品ですねえ^^
    2020年06月28日 15:36
  • つとつと

    y&mさん
    今年は見事なほど、花とはすれ違いになってしまいました。それでも散り際のバラを濡れた姿で観られましたから良かったです。
    ここのところPCが不調で修理に出したので、古い機会を引っ張り出して使っているんですが、かってが悪くて苦労しています。
    県外移動が解除されて、まだまだ恐る恐ると云った感じ。どこをみてもマスク姿で、相手の表情も解らないし、やはり気兼ねなく相手とお話をしたいものですねえ^^;
    2020年06月28日 15:45
  • 家ニスタ

    花の盛りに花の名所をおとずれるというのは、なかなか風雅なご趣味ですね。
    僕はそうした趣味があるわけではないのですが、なぜか旅に出ると意図せず花の盛りに行き当たることが多いですね。
    春の青春18きっぷの季節の終わりごろに旅行に行くと、たいていどこでも桜が咲いていますし・・・(笑)。
    バラは以前、国府台城の跡地にある里見公園で見ました。
    例の国府台合戦のあった、歴史ある場所なんですけどね。
    城跡が花の名所になっている例は多いですよね。
    2020年07月10日 22:44
  • 家ニスタ

    2020年07月10日 22:45
  • 家ニスタ

    すいません、なぜかコメントが途中で切れちゃいました。
    「僕はそうした趣味があるわけではないですが、なぜか旅先で花の盛りに行き会うことが多いですね」
    と書こうとしたんです。
    2020年07月10日 22:47

最近のコメント

「金沢城 鼠多門・鼠多門橋」- by 家ニスタ (08/13)

「金沢城 鼠多門・鼠多門橋」- by つとつと (08/13)

「金沢城 鼠多門・鼠多門橋」- by つとつと (08/13)

「金沢城 鼠多門・鼠多門橋」- by つとつと (08/13)

「金沢城 鼠多門・鼠多門橋」- by 家ニスタ (08/12)