式内論社 神田神社

式内論社 神田神社 表参道東向きに神社の本殿が建っています。古くは拝殿・本殿裏に参道があり、南向きになっていたようです。右の道は安吉に向かう道路。前回も少し触れましたが神田神社は白山市吉田町にある神社になります。旧松任市の中でも最大の田園地帯の山島郷(林郷)にある集落の神社になります。 山島郷は手取川の北岸に位置して能美市と並ぶ手取川によって出来た扇状地の広い平原地帯で、古くから屈指の広さを誇る加賀平野の穀倉地帯として加賀を支えてきた地になります。手取川の氾濫によるために高台になる島の名を持つ町名が多い場所で、七ヶ用水路によって区域が分けられ、島ごとに独自の村落が発展していました。吉田町も昭和32年(1957年)までは東南の隣の漆島と合わせて「吉田漆島」と呼ばれていました。吉田漆島は七ヶ用水の大慶寺用水の南岸に沿って、白山麓から山島郷の中心地・安吉に向かう手前にある集落になります。前回ご紹介した加賀国石川郡式内社の神田神社の比定地の最有力の論社になります。まずは、吉田町の神田神社の由緒書から。。神田神社社記御祭神 饒速日(にぎはやひ)命天児屋根(あまのこやね)命武甕槌(たけみかづち)命経準主(ふつぬし)命 八幡大神末社  高良社の御祭神 武内宿祢命 当社は、第十二代景行天皇の御代、武内宿祢が北陸及び東方諸国の風土観察の為、下向のおり、北陸守護の為、吉ヶ中と称する地に饒速日命を勧請し、其の際、地名を神田村と命名しました。延喜式(九〇五~九二七)に加賀国石川郡神田神社とあるのは、当神社であり、延喜…

続きを読む

最近のコメント