大日川ダム

DSC_6643.JPG
大日川ダム周辺略図 道路は略図ではどれも同じ幅ですが、実は起伏はあるは車一台がやっとの道も多くあるのでご注意を
ダムにある地図看板ですがけっこう古いものです。鳥越高原大日スキー場は平成19年(2007年)に名称変更で鳥越大日スポーツランドになったんですが、平成24年にスキー場が閉鎖・廃業しています。現在は広い駐車場を利用したジムカーナや自動車練習・競技会場、阿手町の催物会場になっています。他はいずれも健在ですが白山スーパー林道は平成27年(2015年)に名称が「白山白川郷ホワイトロード」に変更されています。今年は崩落もあって、岐阜側は無料区間と有料区間の三方岩駐車場まで開通していますが、その先の有料区間および石川側の無料区間は通行止めになっています。来年は開通できるそうです。

赤瀬ダム・赤瀬湖を右に観ながら大杉谷川に沿った道(県道43号)を15~20キロほど進み、牛ヶ首峠(地図では丸山)を左折して大日川に沿って10キロほど進むと大日川ダムになります。野性の証明での車の引き上げシーンは赤瀬ダムと云われていますが、僕には車の走行シーンは大日湖東岸道路、引き上げは日川ダムの西側角地に思えました。
DSC_6633.JPG
大日川ダム湖 東側道路から、この道は車幅が狭いので、映画のように転落注意
大日川は総延長34.9キロ、石川・福井の県境付近の大日山(1368m)を源にしています。ちなみに大日山は河南三山(江沼三山、鞍掛山・富士写ヶ岳・大日山)に数えられ修験道のメッカでした。古くから大日如来を祀る山として信奉されてきました。また山稜が兜に似ているために「兜(かぶと)」とも呼ばれてきました。石川側はブナの原生林が広がり山頂は加賀大日、同山稜で南側山頂に旧三角点(1319m)が越前大日と呼ばれています。ちなみに石川県側は富士写ヶ岳と合わせて山中・大日山県立自然公園、福井側は江戸期以降の林業地帯でほとんどが植林地帯ですが勝山の恐竜発掘地・北谷が含まれ恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークに指定されています。

大日如来を祀る大日山を源にするため神仏の川として古くから信奉されていました。水源から旧能美郡新丸町、鳥越村を経由して白山市河内町江津(旧河内村江津)で手取川に合流しています。水量が手取川本流に及ばぬものの豊富で、流れも急流で古くから能美郡(小松・能美)・石川郡(白山・野々市・金沢南部)を潤す手取川の源流の一つとなっています。

上流部の多くが旧能美郡であったために江戸期から明治にかけては石川郡村との間で水争いが頻発したと云われています。明治初頭に七ヶ用水が石川郡を張り巡らすように整備されたように、対岸の能美郡では天狗壁から取水を行い宮竹用水として能美郡全域に用水路を配備していました。天狗壁では流水変動が激しく、流入量の変動で少ないことが多く、七ヶ用水から分水を行っていました。この分水量の問題でやはり水争いが続いていました。
DSC_6635.JPG
ところが昭和9年(1934年)の手取川の大洪水によって石川郡・能美郡・小松市に大損害を受けたために、洪水対策として大日川上流のダム計画が持ち上がり、昭和27年(1952年)に着工、昭和43年(1968年)に大日川ダムとして竣工しています。
DSC_6644.JPG
大日川ダム湖 西岸(左岸)から 右の湖面に見える浮き輪の列は、流木やごみを止めるフェンスで網場といいます。
大日川ダム上流部は着工時に能美郡新丸村でしたが、工事中に大部分が小松市に編入合併してしています。旧新丸村のうち、小原町の集落全体がダム湖に水没、杖(津江)町が一部水没・全戸移転、大日川最上流の須納谷(現花立町)・丸山町・新保町は冬季無人化町ですが、民家や畑地が現存します。ダム・ダム湖北部は現在は白山市阿手町となっています。
DSC_6642.JPG
大日川ダム・白山頭首工の完成によって、手取川の水位は大幅に減少したのですが、この為に七ヶ用水・宮竹用水の取水口が水位下降で不通になるため白山頭首工に取水口を増加変更し、七ヶ用水から宮竹用水に分水増加するように整備変更されています。

大日川と合流した手取川は白山・野々市・金沢南部の用水のみならず、金沢を除く県全域の飲料水や工業用水を配給していますが、水量豊富で貯水された大日川からは前ブログでも触れましたが、大日川ダムの第一・第二水力発電所からの導水路が施され能美市全域、小松市の今江潟干拓地に配水されています。
DSC_6634.JPG
DSC_6641.JPG
大日川ダムの概要・・・重力式コンクリートダム・堤高59.9m・堤頂延長238m・堪水面積132㏊・総貯水容量27,200,000㎥(有効貯水容量23,900,000㎥)
農業用水関連ということで事業主体は北陸農政局(発電は石川県で共同事業)、委託維持管理・石川県、水力発電は北陸電力(石川県企業局から移管)となっています。

石川県にとっては水源として貴重な多目的ダムなのですが、建造からすでに50年以上経過。平成27年(2015年)に取水ゲートの操作不能事故が多発。調査によってゲート扉に厳しい機能低下箇所が発見され、その後の調査でも耐震基準を満たせないことが発覚しています。
このため、関連する六市一町(白山市・野々市市・金沢市・能美市・小松市・加賀市・(能美郡)川北町)による協議会が本年度に立ち上げられました。来年度からの6カ年の工事予定計画、総額40億円の予算が見込まれ、事業化を目指しているそうです。大事なダムですが造成から維持管理、そして修繕・補強費用は大変な額になりますね。。。
DSC_6638.JPG
ダム湖清掃艇DSC_6639.JPG
一般ダムの多くが立ち入り禁止区で遠目にしか見られないものが多いのですが、鉄格子越しですが東側堰堤で見られるのがダム湖清掃艇。他のダムでは遠目で小さなボートに見えますが、近くで見ると大きいことが解ります。高い位置からダム湖にダム湖清掃艇を挙げ下ろすジャングルジムのような上降装置が間近で見られます。その脇には流木処理場に流木が積み上げられています。以前まではその場で焼却していましたが、大気汚染対策で市内のゴミ処理場に搬送しているそうです。そういえば、白山市・野々市・川北のごみ処理場(松任石川環境クリーンセンター)は引っ越しのごみ処理で環境衛生車を頼んだことが有りますが、構内に入ったことがないなあ。。
ダム湖清掃艇昇降機
DSC_6640.JPG
DSC_6637.JPG
大日川ダム 天頂道路 総延長238m 建物が遠く見えますが手前の階段付き建物の取水塔は、道路中央より東寄りにあります。左下部に表面取水ゲートがあります。塔の右奥に観えますが中央西寄りでダム内点検用のエレベーター塔。左対岸の建物はダム管理事務所。
DSC_6645.JPG 
大日川ダム 東岸(左岸)から
ちなみに、ダムの見方ですが、上流側(ダム湖側)から観たものが基準になります。ですからダム湖(上流側)から見て左岸・右岸、そしてダム正面になります。ですからダム湖側が正面で配水面が背面になります。
ダムの画像には、壁面を重視して下流側から撮影されていることが多いですが、要は背中から撮影していることになります。
DSC_6646.JPG
大日川ダム管理事務所
1F中央が空洞で左右に格納庫や倉庫になっています。建物のトンネルを抜けると大日川ダム湖を巡る周回道路になっています。
ダムカードもここで受け取れますが、現在は中止中。。
旅行日 2020.6.21


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 48

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tor

    ダムシリーズですね。
    私は工場見学とか好きなのですが
    水力発電の設備を見学したことがあります。
    ダム湖をボートで見て
    ダムの内部の通路を歩く。
    夏でしたがヒンヤリとしていました。
    発電機が思ったより小さいなと思った記憶があります。
    原子力は放射能、火力は温室効果ガスと厳しくなりましたね。
    じゃあ水力かというと・・・

    近くでダムカレーを食べることができたりしませんか?
    2020年07月24日 17:04
  • がにちゃん

    ダム湖清掃艇  こんな機械があったんだ
    どうして ダムの掃除をするのかと思っていました
    そして ダムの下には、村が水没しているのですね
    感謝しなければとおもいますね
    2020年07月24日 17:33
  • がにちゃん

    う~ん なかなかうまく付けられないなぁ
    2020年07月24日 17:40
  • つとつと

    torさん
    水力発電所の設備は大掛かりで、その規模はダム・発電所とその規模の大きさには驚かされます。
    なんといっても夏場の避暑地としては最高の場所が多いですねえ。。
    確かに発電に関しては送電まで考えると、水力発電は原子力や火力に比べれば費用対効果は低いとしか言えませんねえ。
    太陽光・風力・海波動そして地熱発電も、開発遅れで発電量はまだまだ未知数ですから。。それでも、危険性と未来を考えれば自然力発電は大きな課題で必須だと思います。
    ダムカレーは僕の記憶では10年ちょっと前に黒部ダムのレストランから始まって全国各地の観光ダムの周辺に流行って今が全盛のようですね。
    ところが、そんなダムカレーブームの中で、ダムカレーが唯一存在しないのが石川県なんです。
    そもそも金沢カレーがあるように元々カレー王国、県内の街中や幹線道路沿いにはちょっと行けばカレー店があって生活に馴染みこんでいるんです。今更ダムでカレーと云われてもというのもありますが、北陸のダムはほとんどが人跡未踏、行くだけでもタイヘンな無人の場所にあるんです。そこで飲食店と云われてもまず難しいと云わざる負えない事情があります。富山の黒部ダム、福井の九頭竜のように観光地化しているところくらい。。
    ただ、今回の大日川ダムから下りた所の鳥越の最奥地・左礫町に2.3年前に蕎麦の名店が出来たんですよ^^Vこの日は閉店でしたが、近いうちに行こうと思っています。
    2020年07月24日 20:49
  • つとつと

    がにちゃんさん
    ダム湖の水は、飲料水や農工業用水に使用されますから、それと大型のダムになると導水管や放水は噴霧式ですし、水力発電ではタービンに水を当てますから、流木などは大敵になるのでゴミ防止は必須なんです。おかげでダム湖には清掃艇や監視艇が必ず置かれています。ここのダムみたいに間近で見られるのは珍しい存在です。
    ダムの最大の功罪がこの民間地を沈めてしまうことにあるんです。様々な用途に使われ、僕たちの生活には欠かせないダムなんですが、大日川では2000人程が生活を奪われ移転移住したとされています。本当に感謝をせねばなりません。

    (笑)慣れちゃえば簡単です。ちょっと待ち時間がありますが。。それさえ我慢できれば。。
    2020年07月24日 21:04
  • ゆらり人

    ダムの出来るまでは色々な問題が在りながら出来るのですが、地元の人と国の治水防災のための意義を両天秤に掛け最後は国の方針にされるのですが多くの自然と地元の人の思い入れを打ち消されて自然も消え去る。
    何方も意義があり争いを見ると考えさせられます。
    ダムは多くの維持費がかかるのでしょうね、大雨が降れば土砂が
    流れ底をさらわないといけなし大変な作業だとおもいます。
    つとつとサンが見られたダムで一番のおすすめは何処ですか、自然美とマッチしたダム。
    そして見て楽しいい、珍しいダムを教えてください。
    でもくれぐれも気を付けて行ってくださいね。
    楽しみにしています。
    2020年07月25日 09:46
  • つとつと

    ゆらり人さん
    ここ何年か梅雨時期に立て続けに河川の氾濫で、被害が起こっていますが、治水対策は日本の宿命として今後も続くんでしょうね。
    日本の河川は海外と違って勾配があるので、その勾配によって治水のやり方は変わってしまいます。北陸や長野、岐阜を除くと河川上流が生活圏の多い地区が多く安易にダムを造るのは即生活に係わるという事情があります。
    北陸4県の河川の勾配率は全国トップレベルで、ダムや砂防堰が多い事情があります。ところが多いと云いながら、山深い山岳地で行くだけでも大変な箇所に造られ、意外にダムを知らない人が平野部に多いようです。
    僕が今まで見たダムでは福井の九頭竜(くずりゅう)ダムが景色としては一番好きですねえ。ダムと云えばみんなが連想するコンクリートアーチではなく、岩石を積み上げたロックフィルダムで真下から観る姿が荒積みの石垣のようで美しいです。同じく石積み越しのダム湖からの取水口の景色がたまらなく好きですねえ^^紅葉の名所でもあるんで時期は最高です。白山周辺には仲間の手取川・御母衣ダムもありますが、形態は勝っていると思います。
    見て楽しいのは、ポピュラーですが、やはり黒部ダムです。今年はコロナで中止続きですが、黒部渓谷鉄道(トロッコ列車)終点の欅平からトンネルで構内・発電施設などを体験してダムまで見学できる黒部ルート見学会は人気があります。https://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/hokuriku/koubo/
    珍しいダムというか、ダムと云えるか解りませんが、行くだけでも大変な場所で、特別見学会でもないと見られないんですが、、白山の甚之助谷砂防堰堤群。特に下から見上げる土石流を防ぎ和らげる階段式堰堤は圧巻です。https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/cms/comment/reply/input?article_id=&id=41408168
    2020年07月25日 12:30
  • 藍上雄

    大日川ダム、竣工から、50年位ですか、普通、鉄筋コンクリートの耐用年数65年位ですから、補修等必要になる時期ですね。ダムの場合、どうなんでしょうね。
    下流域の方達にとって、必要な、多目的ダム大切にしたいものですね。
    2020年07月25日 16:28
  • つとつと

    藍上雄さん
    ダムは一旦作ってしまうと、造り替えは非常に難しいと思います。加賀だけでなく飲料水も考えるとこの大日川ダムは生命線の一つになります。
    開閉ゲートの疲労、耐震性の減退など、ここにきて支障を来しているようです。大規模補修が急がれています。
    2020年07月25日 16:59
  • y&m

    山道って突然極細になって、対向車が来たらどうしようと
    思う事が屡々有りますね。テレビのぽつんと一軒家じゃないですが
    心細いを通り越して、恐怖を感じる時が有ります(笑)。
    ダム湖清掃艇って知りませんでしたよ。当然昇降機が必要ですね。
    山中の湖にデカイ遊覧船が走ったり、スワンボートが浮かんで
    いたりしますが、どうして?なんて考えなかったですよ。(^^♪
    2020年07月27日 09:32
  • つとつと

    y&mさん
    山道を車で走っていると、対向車に出くわした時には本当に困りますねえ^^このときも、一度20m程下がったんですよ^^最初は相手が動いたんですが、あまりにアブナイ寄せ方で下がりました。譲り合いは大事ですね^^
    ダムの流木やごみは大敵、清掃艇は必需のようです。いつも遠くから見るので可愛い小さなものに見えるんですが間近で見ると結構大きいものなんですねえ@@
    ただ、今はその場で償却できなくて、ダンプで海近くまで運んでいるようですが、たいへんですねえ^^;
    2020年07月28日 12:59
  • yasuhiko

    大日川というダムの名前、仏教に
    由来するのかなと思ったら、水源の山が
    修験道の聖地でしたか。それを知ると、
    なるほど貴重な水源、「水の恵」という言葉にも、
    重みが感じられるようです。それにしても、
    一つのダムを維持管理するのは大変な事ですね。
    それも理解した上での建設で無いといけない気がしました。
    2020年07月30日 15:27
  • つとつと

    yasuhikoさん
    PCが戻ってきて、バックアップしようとしたら、肝心のUSBが不能で、変更部分を修正するのに時間を要していて、まだまだ四苦八苦しています。それでも、みなさんの所でコメントや気持ち玉が入れられるようになってホッとしています。

    大日川と手取川は加賀平野にとっては貴重な水源と、両ダムは重要な治水に貢献しているのは確かです。共に白山と大日山と福井と共に新法視された山が水源で、地元では神の水とされています。
    ダムの中でもコンクリート式の重量ダムは、きゅこなものですが、一旦崩壊すれば、とんでもないことになります。維持管理費は高くつくし、永久に持つというものでもありません。費用対効果や将来の展望も考慮しないといけないんだと思います。
    2020年07月31日 11:49
  • 家ニスタ

    この春も雪不足とコロナの影響で、山陰のスキー場がいくつか廃業したようですが、スキー場受難の時代ですね。
    鳥越高原大日スキー場については存じ上げないのですが、名前からして鳥越城の近くなのでしょうか?
    北陸のスキー場ではいつか滑ってみたいと思いつつ、なかなかハードルが高いです。
    しかしダム脇の細い道を通ったりするようだと、積雪がある時なんかは走るの大変そうですね。
    2020年08月02日 01:23
  • つとつと

    家ニスタさん 今年の異常な雪不足はあちこちに影響してしまっています。白山麓などはホワイトロードが崖崩れで開通できなくて、もはや三重苦で観光の旅館やホテルは悲鳴を上げています。
    そうですそうですす。鳥越村の最奥にあるスキー場でした。鳥越城から東に向かう県道44号なら道は思ったより広くなっていますが、廃業して今はラリーやジムカーナの自動車場になっています。近くに小松の大倉岳スキー場があるんですが、そちらは営業していますが自動車でないと難しいですが、道は広いですよ^^たしかナイタースキーで夜9時半まで滑れたと思います。
    北陸の雪質は水っぽいですから、やはり上越のほうが良いみたいです。
    2020年08月02日 10:10

最近のコメント